ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


パートナーシップクラブ そめタデ講座

2009.7.12(日)晴れ
退院して葯2カ月がたち、行動時間も長くなってきました。それでも疲れると目が潤み体は正直に反応します。タデ講座は計画実行できるものの一つで、2月あったおかげで、何とか準備が出来ました。バスの時間上1時間早く着くのに乗り。その時間を利用し観察園をゆっくり見て回りました。ハス田では花が満開で、とても奇麗でした。夏休みとあって、子どもたちや親子で昆虫やザリガニをとっている姿が見られ、都会に住むものにとっては貴重な場所です。

ハス田には、この時期ギャラリー達で賑わいます→
ジュズダマの花芽でしょうか、逆立ち姿で必死で食べているシロテンハナムグリ
e0090670_23271629.jpg

われら古代米のの田んぼも順調に育っていました。今年は我が家の小さなプランターに各種1本ずつ植えてみましたが。ほったらかし栽培でどこまで育つのでしょうか楽しみです。

古代米田んぼでは一番向こうの黒米が一番背を高くしていました→
ちえこさんのプランターは赤米が一番背が高い。
e0090670_2327581.jpg

田圃の中はウキクサで覆われ、その上を巻貝、カエルやお玉ジャクシ移動していました。観察園では唯一、古代米の田んぼでアキのタムラソウが見られます→
浮き草に混じってウキアゼナが広がっています
e0090670_23283637.jpg

さてさて肝心の講座。1回抜けて、何を準備するのか、とかテキストを綴じるのはどだったとか、すっかり前の事を忘れていてなかなか要を得ず、結局まっさんが来てやっとスムーズにことが運びました。

準備夕景→受付
e0090670_23292831.jpg

今回は1番刈り。開始と同じに畑へ行き暑い中での作業です。畑の中は45度もあったそうですが、参加された方達は皆せっせと良くやりました。狭い畑だと思っていましたが、意外とたくさんとれ、本番の藍染には十分だとも分かりました。

刈取りの様子:上は直射。中は蒸し風呂状態です→
刈取り後:下から15centi当たりを切ります→
刈った葉を大きな袋(実は一枚の布)に集めます
e0090670_2330137.jpg

この後、観察園や古代米を見て、研修室で藍の生葉が染まる仕組みを話しました。藍染は本来、葉を乾燥させて薬品やスクモを使い染めますが、生葉で染める場合、生きた還元菌を利用して染めます、そう言った事を化学的に説明するのですがいざ本番となると前回同様またもや頭真っ白。ここは化学お得意のまっさんに再度説明していただきました。人前で話すのは本当に難しいです。その説明のあと、実際の染めをしてもらうわけですが、時間の関係上一番お手軽でどなたにも簡単にできる、型による刷り染をしてもらいました。用意した型を使う人、自分で型を彫る人それぞれ。

理屈はともあれ、刷り染が始まると皆さん好きなように楽しまれました→
エコバッグを持ってきた人、時間内にちゃんと作品ができています
e0090670_23303937.jpg

刷り染の色々模様:生葉染はこのやり方が一番簡単で楽しい
e0090670_2331858.jpg

残った葉は、それぞれ持って帰ってもらい家で乾燥してもらいます。それでもまだ大量に余った葉は地球館で葉と茎に分け、スタッフが持ち帰りました。
3日もすれば乾燥します。その後茎と葉に分けます。葉はとても臭く、虫が嫌うのも良く分かります。

ドライフラワーのように 乾燥→餅帰った葉
e0090670_23313577.jpg

[PR]
by somemonya | 2009-07-25 23:31 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)
<< パートナーシップクラブ 真田山... 模様替え >>