ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


岡田雅彦氏 個展

2006.3.31 晴れ 岡田雅彦 日本画展 3月31日〜4月5日
昼前から北河内自然愛好会会員岡田雅彦氏の日本画個展に出かける。初日とあって沢山の人が来ていた。彼のことはあまり知らない。同好会で一緒に歩いた記憶もないが、愛好会の創設時からおられる、会報で時々繊細で美しい挿し絵を投稿しておられる(今年から挿し絵の専属係)、会議の席では面白いことを言われ憎めない人柄、と私の好感度は高い。作品は私の知っている範囲からは想像しにくいグレイ色調。日本人が普通に持っている日本画の感性で、いかにも教師らしい内容だと思った。日本画を知らないので色んな疑問があったがその中で、画面を近くで見るとキラキラ光るので理由を聞いた。安い絵の具を使っているので粗い粒子(ガラスの粉)がそのまま見えるのだそうだ。近くで見て初めて気がついたのかもしれないが私にはこれが逆に新鮮に見え、岡田氏のこれからの活動に期待を感じた。昼からのこともあり長居をしないで失礼したが、帰り道写真を撮るのを忘れていてあわててもう一度画廊に戻る。撮影許可を得て撮っていると、テーブルで絵画の原画スケッチを来られていた人達が見ていたので、いい機会なので一緒に見せていただいた。想像通り、スケッチの段階で完成していた。短時間でこれほど美しいスケッチができるのは、これまでの意欲と努力が実を結び岡田氏の自信そのものである。スケッチと両方見ることができ写真撮影を忘れたのが幸いした。帰りは、いつもは地下道を通って地下鉄に乗るが、今日は天気もいいし地上を歩く。何回も通っているこのコース地上は初めてで千日前線通の中央分離帯がケヤキ並木であったことも初めて知った。若葉と黒く見える木肌とのコントラストがきれいだった。
玄関→入り口→会場
e0090670_20282476.jpg

スケッチ→作品
e0090670_20285358.jpg

一番好きだった作品(冬のピラカンサ)
e0090670_20293742.jpg

帰り道の千日前線通り
e0090670_20301483.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-04-02 20:24 | みてあるき | Comments(1)
Commented at 2014-05-05 14:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ど根性木 060330 晴れ寒い >>