ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みどりの会 平成浮世旅

2009.9.18(水)晴れ 高砂の町並み
先週の竜野より手前の高砂の町。ボランティアガイドさんが4人も来られ、町おこしの意気込みを感じましたが人数オーバーでミウラ屋さんのイチゴ大福を出すに出せず、結局お別れするお昼までずっと重い菓子箱を持ちまわる事になり(代わりを引き受けようとしましたが辞退され)申し訳ないことをしました。それと、ノリさんが車中酔いをして体調を崩した為、スローペースで回る人達と2手に別れて回ることになりました。しかし、勝手気ままな私達の悪い癖が出て、スロー組と合流したり別れたり、行方不明の人を探したりで(地図があるので独りでも帰れるから大丈夫と言ったのですが)、ガイドさんペースで時間が進まず、お昼は大幅に遅れることになりました。同じような年頃で、行儀の悪さにびっくりされたことでしょうね。遠慮なく浴びせる質問にも丁寧に答えられ、さぞお疲れになったことでしょう。それから、竜野で見た春日社のシカの像の話をしましたら、この辺りはシカの像を置いているところが多いそうですが何故かは知っておられませんでした。又、高砂染(ガイドやパンフレットには触られていなかったので)のことも聞きましたら、偶然にも、聞いた方が高砂染を習っておられ、その地域では細々と続いているのを知りました。

旧国鉄高砂線跡は遊歩道になっています。会の人達は出発間もなく、すでにばらついています→
レールの切替えレバーや信号機がモニュメントとして展示されています→
山陽電鉄すぐ手前に、加古川ー高砂を結ぶ高砂線があったそうです。左へ行くと高砂駅
e0090670_19214475.jpg

薪で湯を沸かす現役の風呂屋:通路左に薪置場があり、とてもいい香りがしていました→
梅の湯正面玄関:土地柄「松の湯」かと思いきや。両脇においてある植木も梅でないところが、今を語っています
e0090670_19221839.jpg

旧国鉄「高砂駅」跡地:十輪寺のの通りは13の寺が並ぶ寺内町で、元は十輪寺の塔頭であったようですが、その通りの前を高砂線が走り、貨物や工場で働く人を運んでいたそうです。
十輪寺山門:中央には立派な透かし彫りが施してあり、過去この町の繁栄をうかがえさせます
十輪寺内にあるキリシタン灯籠:この潘では取り締まりは緩く、極罰を受けた人はいないそうです
e0090670_19224432.jpg

高砂商工会議所:レトロな洋風建築はこの地名産の竜山石が使われています。阪神大震災でできたひび割れの跡も残り改めて震災のすごさを見ました→
米蔵:姫路潘のご用蔵の拠点であった頃の繁栄した様子がうかがえます。
e0090670_19235116.jpg

工楽松右衞門ゆかりの町家→古い町並みが残るところでも新旧の家が混在して、残していくのは難しいだろうと高砂に限らず思います。
e0090670_1924567.jpg

高砂神社:高砂のかなり広い範囲の家が氏子で、由緒ある古い神社です。ここは、謡曲「たかさごうや〜」で有名で私もそれしか知りません。また相生の松も有名で境内で見られるのは5代目なかよくでした。→
堀川:高砂は姫路潘が海運都市として整備し町中には碁盤のように堀が巡らされていました。現在は埋め立てられここ一部が残るのみです。
護岸:堀川の護岸には竜山石が組まれていましたが、新しい護岸にはコンクリが使われていて竜山石の残るところも少なくなっているようです。竜山石は赤、黄、青の3色があり赤は少ないそうです。
e0090670_19253259.jpg

ミウラ屋いちご大福:長い道中ですっかり片寄っていましたが大きなイチゴが入った特製品は絶品でした
お昼の定食:¥1050の安さ。男性陣にはちょっと少ないかも。バラの折り紙も可愛くてきれいだと思いましたがお箸の先の折り紙も心憎いです。1万歩以上あるいたお腹には、何を食べても美味しい。
e0090670_1929175.jpg

[PR]
by somemonya | 2009-03-19 19:28 | みてあるき | Comments(2)
Commented by KOMUAKI at 2009-03-21 15:28 x
ちえこさん、元気にご活躍の様子何よりです、みどりの会ご無沙汰してます、このブログで前回の世界の梅を含めすべて実際に参加したようによく分かりました。次に参加しようと思っていた京街道運悪く?S君と同窓会旅行と重なって行けません、当分お会い出来ませんが私は相変わらず元気に暮らしております。よろしく。
Commented by somemonya at 2009-03-22 09:30
コムさん、こんにちは。年末以来ですね。目はずっとぼやけていて、これで良くなったのか、まだこれからぼちぼち良くなるのか貞かではありません。でも、毎日が夢中で目の事は気になりません。身体は疲れやすいことは確かで、夜更けをすると、この日のように大寝坊をします。この日は頭真っ白で、お金だけ持って飛びだしたんですよ。まあ、こんなドタバタもありますが、楽しく過ごしています。同窓会ご無事で。
<< みどりの会 平成浮世旅 みどりの会 平成浮世旅 >>