ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ぎゃらりー( 124 )

羽織のリフォームから

初仕事に以前からにらみつけていた羽織のリフォームをしました。柄が 派手なので染変えも考えましたが、やはり、きれいな模様をつぶしてしまうことに抵抗を感じました。袖が短いので元の袖を切って染めて足しました。少し余った布であめ袋を作ったのが現在の取り組みになりました
e0090670_19531365.jpg



[PR]
by somemonya | 2017-03-31 19:26 | ぎゃらりー | Comments(0)

山内さんちのペンケースとあめ袋

依頼されていたペンケースができました。おまけにあめ袋も染めました。あめ袋は今年に入って試行錯誤で取組んでいます。
e0090670_11045518.jpg


[PR]
by somemonya | 2017-03-30 10:51 | ぎゃらりー | Comments(0)

喫茶サロンきらっと「ミニギャラリー」

2016.10.31 曇り
「ちえこさんの楽しいそめもん10」が終了しました。毎回、干支関係や季節に関する作品を2回に分け展示しています。今回サルのタペストリーはまだ大阪クラフトパークに展示している為、20年ほど前に染めたのれんを展示しました。こののれんは以前夫が勤めていた会社ののれんですが、見ていると懐かしく、ふと家に眠る「カトウくんのおまけ」という本を思い出し、期間中、欲しい方にもらってもらうことにしました。この本は、グリコのおまけのおもちゃをデザインしていた故加藤祐三さんをしのんで知人達がエピソードを綴った本ですが、持っていった分は無くなり少しは祐三さんの役に立ったかなあと思いました。なにかと準備不足の作品展でしたが、芳名ノートには、遠い所からはるばる来ていただいた何人かの方のコメントが書かれてあり、感謝感激しました。また、この一週間風邪気味で調子が悪く、作品が全くはかどらず焦りを感じていましたが、慕ってくるきらっとさんの人達と接して心が和み心機一転しました。
※「カトウくんのおまけ」欲しい方に着払いでおゆずりします。

10月1日〜10月14日
e0090670_2328667.jpg

e0090670_23291675.jpg

10月17日〜10月31日
e0090670_23304121.jpg

e0090670_2331440.jpg
e0090670_23314989.jpg


「カトウくんのおまけ」(吉田光夫・ダンク出版)
グリコのおまけおもちゃをデザインしていた加藤裕三という人がいました。もう16年前、2000年に50歳で亡くなりましたが、その彼を偲んで知人たちがエピソードを綴った本です。本自体も10年以上前に作られた古本ですが、縁あって何冊か手元にありますので、興味がありましたら読んでみてください。
e0090670_2338989.jpg

[PR]
by somemonya | 2016-10-31 23:42 | ぎゃらりー | Comments(0)

ヒサエさんのぺンケース

2016.6.15(水)腫れ
友人のヒサエさんから、ペンケースの作成を依頼され、先日出来上がったのでお渡しました。形は見本があったのでそれを参考に、ヒサエさんのイメージを追いました。ペンケースは筆箱と言っていた時代以降使った事がありませんでしたが、試作で作っているとだんだん愛着を感じ、その一つは自分で使う事にしました。また別のバージョンも次々に頭に浮かび、クラフトパークの作品に加えようかと思います。頼まれなければまず作る事のなかったペンケースですが、すったもんだしながらも自分でこんなに乗るとは思っていませんでした。依頼していただいたヒサエさんに感謝です。

品名:ヒサエさん作のペンケース
ロングの方はボールペンが入る大きさです。
 サイズ:18cm(長さ)×3.5cm(幅)×3cm(後高さ)
方形は手帳についている小さな鉛筆が入る大きさです。
写真は模様がわかるよう大きくしています。
 サイズ:12.5cm(幅)×9.5cm(長さ)
e0090670_0521442.jpg

ヒサエさんのペンケースバージョン
19日〜21日(10:00〜20:00)に守口の京阪デパート8階で「てづくり作家展」を手伝います。そこで初披露します。19日はエコボランティアで帝塚山調査に行きますので20・21日に「吉田芙佐子」さんのブースで店番をします。お時間があれば遊びにきてください。

左から:トラ、ネコ、ネコ(シマ)、トイプードル、パグ、フクロウ
e0090670_056676.jpg

ペンギン、フクロウ
e0090670_058814.jpg

[PR]
by somemonya | 2016-06-16 01:03 | ぎゃらりー | Comments(0)

ちえこさんの楽しいそめもん9inきらっと

2015.6.8(月)曇り
場所:喫茶きらっと
前期:6月1日〜15日
hppt://www.geocities.jp/npokiratto 

ヒツジのれん
ヒツジののれんは初めての個展で発表しました。のれんやタペストリーなど立体的に仕上げ、染めと縫い物の今でいうコラボでした。それ以後の染めもんは、この延長上にあり新鮮さはありませんが進化はありました。おかげでずっと染めたいもんを見つけました。
e0090670_23333072.jpg

会社ののれん
オフィスの玄関に和風ののれんがかかっていたら面白いと思い、まずは夫が勤めていた会社の為に染めました。社長と社員です。残念ながら、5点くらい作ったところで、ご時世にならい倒産しました。今見れば、描いた人達が懐かしいです。
e0090670_23342584.jpg

今年の壁掛け
年賀状に使った原画です。今年一年、部屋を楽しませてくれます。
e0090670_23362477.jpg

ヒツジグッズ・笑いなさいふ
e0090670_23371269.jpg

コースター
e0090670_23442281.jpg

マスコットストラップ
e0090670_23524314.jpg

ハンカチ色々
イチゴ柄に女の子が入っている作品は、第1回作品展で初めて依頼された作品でした。女の子は依頼主の娘さんです。
e0090670_23461940.jpg
e0090670_23463817.jpg

e0090670_2348012.jpg

ポケットチーフ
e0090670_23482426.jpg

ネクタイ
猫のネクタイは、若い頃えがいた将来像で、縁側でお茶をすすりながら本を読んだり手仕事したり、のんびり過そうと考えていましたが、そんな近未来があるとは現時点では考えられません。
e0090670_2350771.jpg

野菜のランチョマット
カブラと猫とネズミ、ナンキンと芋虫、白菜とフクロウ、ブロッコリーとカバ、キュウリとアリ
e0090670_2351215.jpg

[PR]
by somemonya | 2015-06-08 23:57 | ぎゃらりー | Comments(0)

大阪クラフトパーク・ショップ2015

2015.5.29 (金)晴れ
毎年、前年に搬入していました2015年度の作品ですが、羊のタペストリーが遅れ今月にやっと搬入しました。年々スローペースになっていきます。

タペストリー:「チェンジ」 天王寺動物園の動物より
天王寺動物園にムフロンが来たことを知り、同じスペースにいて、いつの間にかいなくなったバーバリーシープとセットで染めようと思いました。バーバリーシープは沢山いましたのでずっといるものだと思っていたのが甘く、たった2枚の写真を虫眼鏡で見ながら参考にしました。
hituji1075:ムフロン
hituji1076:バーバリーシープ
価 格:各¥32.400
素 材:綿
サイズ:135cm×40cm (つり布5cm)
e0090670_2329947.jpg

ランチョンマット等、ヒツジの敷物シリーズでは羊の毛の質感を出す為一手間かけましたが、それはほとんど現れず徒労に終りました。おまけにコースターは羊のツノを入れ忘れているのをつい最近見つけました。ヒツジと思っていただければうれしいのですが。

ランチョンマット
hituji1665:ブルー・hituji1666:黄土
価 格:各¥5.400
素 材:綿
サイズ:40cm×21cm
e0090670_2330099.jpg

コースター中
hituji1667・hituji1680・hituji1668・hituji 1681
価 格:各¥4.320(2枚1組)
素 材:綿
サイズ:21cm×14cm
e0090670_23342339.jpg

コースター小
hituji1683・hituji1686・hituji1684・hituji1687
価 格:各¥3.240(2枚1組)
素 材:綿
サイズ:13cm×9.5cm
e0090670_23351081.jpg

フェイスコースター
hituji1689・hituji1690・hituji1691 ブルー
hituji1694・hituji1695・hituji1696 オレンジ
価 格:各¥3.240(3枚1組)

hituji 1692・hituji1693・hituji1697・hituji1698 ミックス
価 格:各¥3.780(4枚1組)
素 材:綿
サイズ:10cm×10cm
e0090670_23361230.jpg

笑いなさいふ
価 格:各¥3.240
hituji1699 黄・hituji1700 ブルー・hituji1701 赤
素 材:綿
サイズ:28cm×14cm(さいふ部分13.5cm×9cm)ひも20cm
e0090670_23423895.jpg

ポケッと笑うねこカバン
以前に紹介した袋カバンです。時間は非常にかかりましたが、作るのが楽しかったです。
kaban1663
価 格:¥15.750
素 材:表・綿 裏・手染めウール まち・革 口・レース糸
サイズ:40cm(横幅)×26cm (高さ)×5cm(まち) 口13cm 持ちひも45cm
e0090670_23432285.jpg

ローズマリング・ブローチ
ノルウェーの伝統ペンティングをちえこさん流に描きました。素材が木ですので軽くて使いやすいのがお薦めです。
rose1707(peaceと花)・rose1708(ヒツジとリーフ)
rose1709(ササキリとリーフ)・rose1710(テナガザル)
rose1711(ウサギとアーカントス)・rose1712(猫とローズ)
rose1713(ヒツジと花)・rose1715(ヒツジとスワイル)
価 格:各¥2.700
素 材:木
サイズ:6cm×6cm
e0090670_23443850.jpg

rose1716(ウサギと花)・rose1719(メガネザル)
価 格:各¥1.950
素 材:木
サイズ:4.8cm×4.8cm
e0090670_23454155.jpg

[PR]
by somemonya | 2015-05-29 23:54 | ぎゃらりー | Comments(0)

ポケッと笑うねこカバン

2014.11.10(月)晴れ
以前に作ったカバンのバージョンアップです。当時カブロンと言う合成皮革に染めていましたが、この素材は対応年数が短く、苦労の割には使用できる期間が短いので、作るのやめました。しかし数少ない人気のカバンでもあり、自分も欲しいと言う欲望がありずっと布で作ることを考えていました。近年笑いなサイフと言う小銭入れを作り、この延長上で動物の顔をポケットにすることを思いつき、このカバンが生まれました。長年色んなものを作ってきましたが、やっとずっと作りたい作品に出会いました。カバン作りは素人ですので、何もかもが試行錯誤で、一つ仕上がるのに約1月半。この作品を染めたのが、昨年だったのか今年だったのかも忘れました。何時終るのかも分からず、時には泣き言まで言いましたが、決してイヤではなく、仕上がりを本当に楽しみに作っていました。さすが素人、思うようには縫えませんでしたが、下手がかえって自分らしく楽しいものになったような気がします。そう思うと長い時間がかかりましたが、うち流に確信が持てました。とにかく今年中に仕上がりホットです。

(minneハンドメイ大賞小物部門応募作品)
ブログ発表前にminneよりフェイスブックに紹介されましたが、制作中にこの公募展をみつけ、色んな方に見ていただきたいと言う思いもあり挑戦しました。公募展にはいつも自信たっぷりで、大賞もらったらどうしようとか発表まで夢いっぱいで、ひとときヒーローにひたっています。

kaban1662
素 材:表・綿 裏・豚裏革
サイズ:48cm(横幅)×37cm (高さ)  口・ファスナー両開き60cm 
    手さげひも45cm
e0090670_23535450.jpg

e0090670_23301369.png

これまでの作品はカバン全体を動物に見立てていましたが、このカバンでは、使う動物が限られますので、色んな動物で挑戦したく、染色ももっと深見のある染めにしたいと思い動物は1枚の布で染めると言う形にしました。今まで考えなくて良かった、まちや持ち手の布、つけ方、口はどんな形が良いのかなど迷いながら行ったり来たりでしたが、それがとても楽しかったのです。今回、本体以外はほとんどリサイクルの布やもらい物を利用し、経費を含め省エネで制作しています。

kaban1663
素 材:表・綿 裏・手染めウール まち・革 口・レース糸
サイズ:40cm(横幅)×26cm (高さ)×5cm(まち) 口13cm
    手さげひも45cm 
e0090670_23445188.jpg

e0090670_23325424.jpg

kaban1664
素 材:表・綿 裏・綿パッチワーク まち・ウール(男物着物端切れ) 
    口・シルク(シャー)
サイズ:40cm(横幅)×28cm (高さ)×4,5cm(まち) 口24cm 
    手さげひも45cm
e0090670_23454094.jpg

e0090670_23363526.jpg

[PR]
by somemonya | 2014-11-11 00:12 | ぎゃらりー | Comments(0)

手拭い

2014.6.29(日)晴れ
この1月間没頭していた作品です。ユキさんがノルウェーで手芸を講習したり、カーリー先生にローズマリングを教えてもらった時に通訳をしてもらっていた友人が、近日里帰りに来日します。その友人の為にローズマリングで手拭いを染めて欲しいと依頼されていたのです。その友人はノルウェーの人と結婚し帰化し、高齢でこれが最後の来日になるだろうと言うことでした。

junkoさんへ
ユキさんの図案を基本に使い、ネームのところにユキさんの似顔絵を入れました。バックはノルウェーの森林とオーロラをイメージしました。
e0090670_123985.jpg


さくらと大阪
1枚、ちえこさんからのプレゼントです。いつも2枚作るのが常でバージョンを変えています。
日本人の誰もが好きで晴れやかな桜、生まれ育った長居、大阪のシンボル通天閣と大坂城を入れ、故郷を思い出して欲しいと思いました。
e0090670_143463.jpg

[PR]
by somemonya | 2014-06-30 01:06 | ぎゃらりー | Comments(0)

大阪クラフトパーク

2013.12.28
25日に恒例大阪クラフトパークへ来年の干支ウマグッズを搬入しました。忙しい日々が続きやっと年収めが出来ました。作品は大阪クラフトパークのショップコーナーで1年間展示即売します。
消費税は来年4月に8%になりますのでそれに合せました。

タペストリー「ウマが合う」
還暦の年からカラーは虹色を使い常に明るく生きる事を強調しています。マイペースで自分らしく生きていれば、周りには同じような人が集まりより楽しい人生が待っていると信じています。
uma1609
uma1610 
価 格:各¥43.200
素 材:綿
サイズ:100cm×40cm
e0090670_2328618.jpg

ランチョンマット「シマウマ」
uma1611
uma1612
価 格:各¥5.400
素 材:綿
サイズ:45cm×21cm
e0090670_23285027.jpg

コースター中「縞馬」
uma1613・uma1616
uma1614・uma1617
価 格:各¥4.320(2枚1組)
素 材:綿
サイズ:17cm×13cm
e0090670_23291762.jpg

コースター小「ウマ」
uma1619・uma1620
uma1621・uma1622
価 格:各¥3.240(2枚1組)
素 材:綿
サイズ:17cm×9cm
e0090670_23294426.jpg

フェイスコースター「馬、ロバ。縞馬」
uma1625・uma1635・uma1645
uma1626・uma1636・uma1646
uma1627・uma1637・uma1647
価 格:各¥3.240(3枚1組)
素 材:綿
サイズ:11cm×9cm
e0090670_2330165.jpg

笑いなさいふ「馬、ロバ、縞馬」
uma1655・ウマ
uma1657・ロバ
uma1655・シマウマ
価 格:各¥3.240
素 材:綿
サイズ:27cm×14cm(さいふ部分11cm×14cm)ひも20cm
e0090670_23305290.jpg

おじゃみ
今年4,5月に有馬で個展をした時の作品です。

おにぎり
ojyami140
ojyami141
価 格:各¥4.320
素 材:綿
e0090670_23315172.jpg

エンドウマメ
ojyami1560(グリーン)
ojyami1562(ピンク)
価 格:各¥6.480
素 材:綿
e0090670_23322853.jpg

バナナ
ojyami1571
価 格:各¥8.400
素 材:綿
e0090670_23325414.jpg

ドーナツ
ojyami1577
ojyami1578
価 格:各¥6.480
素 材:綿
e0090670_23333044.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-12-28 23:38 | ぎゃらりー | Comments(0)

シャツ

シャツ
2013.6.26
個展で体力を消耗していましたので、今年の染めもんは最低限と決めていました。そんな中シャツの依頼が入り、気分転換に良いし、活動費も心配しなくてすみますし、時間もいただきました。信頼して頂けるお客様がいる事は本当に幸せです。

syatu1603:都会
依頼者には自分の気に入った形のシャツがあまりなく、見つけたのは裾にフリルがついたものでした。一度は着たそうですが、やはり気に入らず、ちえこさんに何か描いて欲しいと依頼がありました。都会的センスが良い彼女にはフリルの可愛らしさは違和感がありました。フリルはソフトをイメージするモチーフとして使い、無味乾燥な大都会の風景に自然の音を感じて頂ければと思いました。

e0090670_22231117.jpg

e0090670_222277.jpg

statu1604:シマウマ
最近友人と始めました「手作りの会」に参加されている方からの依頼でした。シャツを手渡されたのは別の人で、来月から外国へ行くので何か動物を書いて欲しいとのことでした。知り合って間がありませんので、いきなり何でもいいではイメージが湧きませんから、電話で色々お話を聞きました。依頼される多くの方は、自分に似合うものを描いて欲しいけど具体的には何が良いか分からないと言われます。今度の方もそうで、黒シャツなのでシマウマを提案しました。来年の干支(ウマ)であること、シンプルに品良く表現しやすい、誰でも知っているなどの理由を挙げました。依頼者と話しているとだんだん人物像が分かり、これでいけると思いました。シマウマは得意ですし、しっぽを描いてみたかったので良いチャンスでした。

e0090670_22213289.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-06-26 22:31 | ぎゃらりー | Comments(0)