ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006.12.30(土)晴れ

昨日最後のソーピングを終え今年の仕事納めとしました。2年連続で個展をし、少々くたびれましたが、おかげで次の展開に結び付きました。来年からは小物中心の染めになりますが、毛嫌いしていたのがうそのように結構楽しんでいます。公募展にも挑戦はしたいのですが来年はその制作する時間があるか微妙です。もう若くはありませんのでその時一番やりたいことにエネルギーをそそぎ悔いのないようにしたいと思っています。今年最後となった作品は、来年も笑える年であるよう、ひたすら面白さだけを追求して作りました。ほんと楽しかったです。今年一年応援していただいた皆様どうも有り難うございました。

笑う財布たち
e0090670_18481055.jpg

クリスマスに買ったかわいいアップルパン。友人からいただいた匂い玉たちと。
e0090670_18505039.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-30 18:51 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

額装

200612.25(月)
7月の個展でアメリカフヨウの手ぬぐいを買っていただいた方が、そのサイズに合わせて額に入れられました。人の縁というのは不思議です。たったその時の縁ですが人間として近いものを感じ、同じ大阪ということで個展後に一度お茶をしました。額に入れたというのはその時に聞きました。アメリカフヨウは夏のものです。後、秋、冬、春のものを時間のあるときに染めて欲しいと依頼されました。秋物は個展後で忙しくとても染める時間はなく、冬物を温めていました。そして、温めていたものがやっと形になり先週仕上がりました。そして今日その作品を見ていただき、どちらか気に入った方をと思っていましたら、どちらも大変気に入ってもらい両方買っていただきました。当然どちらも気に入ってもらえないことを想定していましたので(それでも、その方と楽しくおしゃべりすることで満足するつもりでした)私なりに思わぬクリスマスプレゼントで、もうほくほくの一日でした。

作品:No470 オナガガモ 

冬に飛来する渡り鳥です。オスのしっぽ(尾羽)が長いとかろからオナガというそうです。遠くから見ると白黒のコントラストが大変きれいで大阪でも普通に見ます。元旦の朝の穏やかな朝をイメージしました。
e0090670_22374017.jpg


作品:No471 梅とメジロ 

梅にウグイスと言いますが、姿匂いがいい、姿声(さえずり)がきれいということのくみあわせでしょうが、梅にメジロがやって来るのは極普通の姿です。色のコントラストはこちらの方がずっと派手やかな気がします。めでたい花で冬をイメージし寒さを感じないようにしました。
e0090670_22381968.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-25 22:38 | ぎゃらりー | Comments(0)

パートナーシップクラブ 収穫祭 自産自消

2006.12.24(日)晴れ
鶴見緑地自然体験園で収穫した赤米、白米を使っての餅つき、しめ縄作り。もう恒例化したパートナーシップクラブの行事である。もう手慣れたもので普通に餅ができる。赤米はうるちなのでつぶれにくく粒々になるがその舌触りは悪くない。白米は玄米が少し残り真っ白ではないがそれが素朴でいいと、苦労してここまでこぎ着けた1年を思うとすべてがいとおしい。勿論私は全く手伝えなかったので頑張った人達を代弁しているだけであるが。縄作りは昨年やっと作れるようになり、今年はもう少し豪華なものをと張りきって参加したが、もうすっかり忘れていて又昨年のくり返しになった。それでもなんとか縄になり、お手製しめ縄ができた。しめ縄に飽き足らず草鞋を編む人もいた。器用なカズオさんは今年も立派な猪を作った。お茶グループが作った茶器の数々を見せてもらい皆さんの意気込みを感じた。特に博士が作ったセンダンのナツメは神業としか思えない。いっさいの電動工具を使わず手削り。ここの人達のバイタリティには恐れ入る。私は、久々に体験園の植物調査をしておいた。ヒガンバナばかりが目につき貧弱な野草相に寒々する。

自然体験園→縄作りの準備
e0090670_22311867.jpg

餅を丸める→試食の準備
e0090670_22314677.jpg

浪速津焼き(舞洲焼き物教室で)の茶器とナツメ ※浪速津焼き:舞洲でとれた土、釉薬→差し入れの和菓子
e0090670_22321550.jpg

個性ある草鞋
e0090670_22323971.jpg

生き生き地球館玄関を飾るであろう干支猪→それぞれの作品を持ち寄っての記念撮影前
e0090670_22332620.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-25 22:33 | ごきらくボランティア | Comments(0)

パートナーシップクラブ 大阪市庁屋上調査

2006.12.16(水)晴れ
調査に参加する人が少なくなったきた。皆それぞれの事情があり仕方がないことだが、ボランティア調査の継続が難しいところです。北園では、どういうわけか、一部のところにヒガンバナが植栽されていた。見せ場を演出したい人たちのやりそうなことで、そうであるならば悲しいし、そうしたいならば相談していただければもっと自然な方法はあったのに。南園ではランタナのあったところにジュウニヒトエが植栽されていた。こちらはとやかく言う立場ではないけど、年中花を咲かせているランタナの方が昆虫は沢山やって来る。

花壇のように植栽されていたヒガンバナ
e0090670_22291854.jpg

ジュニヒトエが植栽されていた→大輪のローズオブオオサカ
e0090670_22295166.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-25 22:29 | ごきらくボランティア | Comments(0)

同居の木々

2006.12.14
大江神社の境内にはえる樹木。クスノキのまわりをエノキ、ムクノキの何本かが囲むように立っていました。クスノキのそばに鳥達が運んだニレ科の木々が育ったのでしょうか。近寄ると実生がでていました。まだまだ増えるのか。違う種の幹がひっついている木を見ることがありますが、この木々はまだそのような様子はうかがえませんし、特定の距離を置いて成長していくのでしょうか。あるがままの姿で放っている神社の管理にも古代信仰の息遣いを感じます(と勝手に思ったのですが)。いつか来ることがあるなら神社の方にこの木々のお話を聞いてみたいものです。
e0090670_3122260.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-18 03:12 | ちえこの一写 | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅

2006.12.14(木)曇り、昼から雨 「夕陽ヶ丘」歴史散歩と昼食会
今年最後の街歩き。当初案内予定のショウさんが病気になり急きょたかまる氏にピンチヒッターをお願いした。久々の夕陽ヶ丘。谷町筋と松屋町筋の間の都会を感じさせない寺町を歩く。

谷町筋を渡り清水寺へ→清水の舞台:見晴らしがいい。古代大阪で夕日が沈むのを拝めるのがこのあたりだけで地名(夕陽ヶ丘)の由来ともなっている。現在は高層ビルでその姿を見ることはできない。むこうに通天閣が見える。→玉出の滝:清水音羽の滝を擬して造営。創建時は24文の拝観料がいったとのこと。→鶺鴒坂道標:舞台から下りてくる階段、もみじ坂ともいう。地名はその界隈の風景がよくわかる。
e0090670_2554041.jpg

清水寺:創建不詳。1661年〜1673に中興、有栖寺と命名されるが、1667年清水寺から千手観音を譲り受け清水寺と改名。現在改修中→清水坂:清水寺を登る坂。七坂の一つで何かの撮影が行なわれていた。→清水坂の説明。七坂にはこのような説明板が設置されている
e0090670_2561560.jpg

上町台地七坂は近年有名で多くの人が訪れる。道には歴史を道先案内する四角いマークが描かれている。→元々古い土地柄。丁寧に見ているとこのような道標を見つける。→民家の柿の木にはメジロが沢山やって来ていた。
e0090670_2564762.jpg

大江神社の百歳の階段:「この階段百一段あり 人生の区切り百歳よりもう一歩 心も身体も健康でありますようにと願いをこめて名付けました 一歩一歩踏みしめて神様にお参りしましょう」と上り口に看板がある。この階段がしんどい人たちは愛染坂を登って入った。→このあたりの好きなところの一つで、ここが仁徳天皇がかまどの煙を見たところとばかり思っていた。→四面に松尾芭蕉の句碑が彫ってあり珍しいそうです(四吟塚)。→旧毘沙門堂跡:手前の阿吽はユーモラス。向こうは珍しい狛トラ。トラキチのたかまるさん資料にはこのトラ狛アップと「来年は優勝や」のコメントが入っていた。
e0090670_2574892.jpg

大江神社隣にある勝鬘院(しょうまんいん):俗に愛染さんの名で有名。→腰痛封じの背もたれ:背もたれの石の突起を10回つぼに押し当てると書いてある。会の皆さんも順番待ち。→多宝塔:推古元年聖徳太子により創建。のち秀吉が再建し現在国宝。大阪三大祭り愛染祭りに開扉。内部十二天の壁画修理のための寄付を募集している。
e0090670_2582192.jpg

このあたり寺寺寺でお墓も多い。大阪でこんなに沢山のお墓があるとは知らなかったと京都育ちのタケさんが驚いていたが、お墓は以前より増えたように思う。最初に訪れた清水寺でも駐車場だったところが全て墓になっていた。お寺の経営も大変なのでしょう。又、お寺そのものもなくなりマンションや民家に変わっているところがあり、この界隈の風情が変わっていくのも時代の流れとはいえ残念。愛染さんから藤原家隆塚あたりも明らかに変わっていた。 

口縄坂は織田作之助さんゆかりの坂でたかまるさん一押しの坂です。急な階段でこのあたりの住人、昇り降りが大変でしょう。→松屋町筋に降りた所にあったなまこ塀の寺:瓦の文様をはめ込み、漆喰で塗りつぶしたこのようなきれいな塀のことをいうと教わる。
e0090670_2591941.jpg

学園坂をのぼり再び谷町筋へ。この学園坂は元は谷を埋めてできたそうで七坂の一つではない。→太平寺:十三参りで有名。境内には茶筅塚、針塚、着物塚?の供養塚があった。
e0090670_2594757.jpg

四十七士像:まだ新しそう。一人一人の顔が違い本当にこんな顔だったのかしら。人の死というのはとても苦手。まじまじ見るのは怖い。→偶然にも義士祭の日。吉祥寺は浅野家とゆかりが深く、義士切腹のさい足軽ゆえ切腹御免となった寺阪吉右衛門が遺髪等を持って供養ごいをし供養墓を建立。多くの人が焼香に訪れていた。→そば¥500で振舞われていたが以前は無料だったとか。寺内では¥1000とあったが意味がよくわからなかった。
e0090670_3020100.jpg

今回天気の加減が怪しかったので大きなポイントのみのコースに変更になったが、何年ぶりかで訪れた夕陽ヶ丘は、道が整備されちょっと観光ずれしているようにも思えた。多くの人に歴史認識をしてもらう為にはある程度仕方がないのかもしれない。という私も十数年前にこのあたりの調査に参加しなかったら知らないままだったのかも。オフデイなのに結構人出があった。やはり義士祭のついでだったのでしょうか。ここは初めての参加でやっぱりまだまだ知らないところがいっぱい。忙しいけど、これからもできるだけ参加したい。

昼は谷町4丁目以和貴荘で昼食会。いつの間にか恒例化したが、昼食後来年の前期(1から6月)の予定を決める。→松花弁当¥2000(これに、お吸い物と、天ぷら、コーヒーがつく)。
e0090670_305631.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-18 03:08 | みてあるき | Comments(0)

2006.12.16(土) 夕方 晴れ

普段は家に閉じこもりで外で何が起きているのか全く知りません。子供がいなくなるとクリスマスで家を飾ることもなく(ツリーののれん、どこになおしたのか行方不明)、街ではクリスマス気分だろうなあと四条通りを楽しみにしていました。バスを降りると飾り付けはそうなのですが音楽がない。最近はそうなのか、まだ早いから音楽がないと何か気分がのりません。ちょっと期待外れでうさぎ屋さん(うさぎのアトリエ)へ。新しいに荷物が届いたとかで忙しそうにされていました。新しい作品を納め、迷ったのですが料理上手(ブログを見て)なぴょん吉さんへ収穫したばかりのキノコをおすそ分けしてお別れしました。その足で、クラフトセンターへこの前仕上げたタペストリーをもっていきました。もう干支展は始まっていますので、その様子も気になっていました。入口のギャラリーではやはり干支物の作品展がびっしり。私のものはその奥のボックスギャラリーというところ。ちょうど担当者がおられ恐る恐る調子を聞きますと、まあぼちぼち売れているということで少し安心しました。せっかく来たので他のところも見たいし、最初にお世話になった課長さんにも挨拶がてら個展後の展開をお話ししました。ここには多くのスタッフがおられるので覚えられかったのですが、私を覚えておられる方もいて顔を合わせると挨拶していただき何かうれしくなります。私の作品はこのお店ではちょっと向いていないのではと思ったりするので、作品の意図をスタッフの方にも真剣に話すようにしています。ぼちぼち皆さんとも仲よくなりこのお店にも貢献できるような作品作りをしたいと思いました。この日は疲れがどっと出て、帰りの電車も帰ってからも取り立てのキノコを食べるのも忘れてあっという間に寝てしまいました。

四条通り 河原町→京都クラフトセンター
e0090670_2062933.jpg

クラフトセンター・ボックスギャラリー干支展
e0090670_2065298.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-17 20:06 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ビオトープ研究会 いのちの森調査、観察会

2006.12.16(土)晴れ いのちの森10℃(AM11:00)
京都駅を出ると先月とはうって変わり混雑がない。京都は観光の街だと実感。いのちの森ではまだ紅葉が残りなかなかの風情で、調査のおかげでこのような風景にも出会える。管理担当者と今期2回目の草刈りの様子を見る。この一年間意見を交わしたかいあって、又担当者の熱心さも加わり、ほぼ研究会が作成したマニュアルどおりになっていた。これまでは業者が作業をしていたが、今回は担当者自らしたそうだ。毎日森を見ている人がこのような作業をするのは理想的で、このような管理をするかぎりこの森はいい森(ビオトープ)になるような気がする。久々にキノコ班に出あった。調査中キノコは見なかったがキノコ班の人はいろいろなキノコを見つけていた。同じ下を見ていても見るところが違うのか。キノコを見つけては喜んでいる姿は、同じ調査をする者同士共感できる。

キノコ班調査風景→ヤマシギの死体:渡り中に餓死か?
e0090670_19585539.jpg

調査中、唯一花を咲かせていたノジギク。→観察会の帰り道に見つけたリュウノウギク:花も葉もそっくりのノジギク(左)とリュウノウギク(右)総苞片の形が少し違う。葉裏の毛の生え方も違う。
e0090670_200823.jpg

自然観察会はクリスマスや正月の植物が一応のテーマであったが、広場に蒔いた腐葉土にキノコが出ているというので少し方針転換になった。梅小路公園では、今年から草刈りや剪定で出たものを腐葉土にしてりサイクルしているということで、その腐葉土所を見学した。そのあと、花壇を造るのに掘り返した場所から様々な埋土種子が発芽(いわゆる雑草)していて、その中から食べられる植物の話があり、そして腐葉土を蒔いた場所でキノコ狩りをする。大発生しているキノコの第一発見者はカラスだそうで腐葉土の上を盛んに突っついているのでわかったそうです。カラスのおこぼれかと思いきや、新たに発生したキノコがあちこちにあり、より取り見取りのキノコ狩りで自然観察会であることをすっかり忘れてしまいそうになる。このキノコは紫シメジといってキノコのことを知らない私でさえ美味しいという噂は知っている。腐葉土にはよく出るそうで、私も大阪市の屋上調査で見つけている。嬉しいお土産を持ちつつ、クリスマスツリーに使う針葉樹の話などスタッフにも十分に勉強になる話を聞き終了する。

たい肥作り所と集められた草や枝→キノコを掘る→たい肥をめくると紫シメジがいっぱい
e0090670_201234.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-17 20:01 | ごきらくボランティア | Comments(0)

タペストリー

2006.12.6(水)
イノシシのタペストリーが完成しました。予定より2日遅れました。やはり縫製に時間がかかりました。この手の作品、常に新しい試みをしますので、いろんな部分で思ったようにできなくて、ほどいては縫うということをする為でした。ソーピングが終わった段階では色に品がないように感じ、布を間違ったかと気落ちしていました。しかし形になって見直すと全く雰囲気が変わっていました。まだ改良の余地はありますが一応満足しています。

●タペストリー・とっちでも亥亥
上下どちらでも使えるのが特徴です。柄合せをしたつもりが2cmずれてしまったのが残念ですが。のれんとして使うと組合せが楽しい。

サイズ:110cm×36cm
素 材:綿
洗 濯:ドライクリーニング、手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_163814.jpg
e0090670_164982.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-07 01:06 | ぎゃらりー | Comments(0)

アボガドの木

2006.12.6(水)晴
近所の友人と国道近くの店で一時のお茶タイムをし、その帰り道、長年この木何の木で悩んでいた木が剪定中を発見。このチャンスをのがしてはと思い、他の人とお話し中の間を割り込み、名前を聞く。何とアボガドでした。剪定していた人は市の関係者とばかり思っていましたら、そのアボガドの種を蒔いた張本人でした。植栽とばかり思っていたのにこれも驚き。蒔いた人もこれほど大きくなるとは思っていなかったそうです。20年ほど前とのこと。花はいつ咲くのかと聞きましたら、まだ見たことがないと。私も常に注意深く観察してましたが、花芽すら見つけたことがありません。葉が落ちてほとんどなくなる時期がある(なんで??)ので、花が咲くほど栄養をため込めないのかもしれません。しかし、名前がわかって本当に嬉しい。家に帰るとすぐ図鑑でアボガドのことを調べました。熱帯アメリカ原産。柑橘類が育つ温暖な気候でも栽培されている。クスノキ科などの知識を得て、あらためて持って帰った葉を見ると確かにクスノキ科。これまでは、落ち葉でしか間近で見なかったので全く見当がつかなかったし、いろんな人にも見てもらってもわかる人はいませんでした。アボガドの木を知っている人の方が稀でしょうね。不名木一件落着。いつか花を見て見たい。私の観察は続きます。

2006.3.8→2006.12.6
e0090670_2194761.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-12-06 21:09 | みてあるき | Comments(0)