ちえこさんの奮闘記
by somemonya
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

京都ビオトープ研究会 いのちの森4月調査

2007.4.21(土)晴れ 25℃
花の季節。森ではヤマブキ、グミ、ニシキギ、ウグイスカグラが満開。都会では見ることのできないヤマフジもきれい。何年ぶりかでフジの花も発見。開設当初フジやクズなどつる性の花もいろいろ見られたが、木を覆い日が当らないということで常に草刈りの対象となっていた。それでも森の奥で草刈りからのがれ生き延びていたヤマフジが見事な花を咲かせていたのは3年ほど前でみんなで大喜びしたのを覚えている。当時赴任していた管理課長にはつる性植物も一部のこすように助言していて、その頃から管理に対しての意見が聞き入られるようになってきた。昨年はクズも咲きやっとつる植物も自然の仲間入りです。
京都市都市緑化協会 大宮通前
e0090670_1973858.jpg

フジ→ヤマフジ
e0090670_1981530.jpg

白花になったスミレ→
里山のボランティアをされているケンさんの竹細工。プロ並にきれい。観察会で竹笛作りの指導をしてもらうことになった。
竹とんぼ→紙鉄砲→竹笛→菜箸
e0090670_199613.jpg

この時期愛用の帽子で刺繍の上手な友人に軽い気持ちでお願いしたのに出来上がりは調査に使うにはもったいないくらいの立派なものになり今でも感謝している。みんなが素敵だとうらやましがったのでついつい紹介したくなった
e0090670_1910195.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-04-22 19:10 | ごきらくボランティア | Comments(0)

Tシャツ・てんてん展

京都クラフトセンター  http://www.kyoto-craft.com/ 
ウィンドウズギャラリー:Tシャツ・Tシャツ・Tシャツ展
ボックスギャラリー:てん・てん展
 「てんてん」とは手ぬぐいのこと。伝統的な色柄と現代的なモチーフまで、たくさん並びます。めくって読める手拭い本も人気。
会期:4月25日〜5月7日

今回は母の日も近いということでフクロウ中心のモチーフを使いました。立て続けて制作しているのもですから考える余裕がなく過去のモチーフをリメイクしました。

Tシャツ
●ワシミミズク(男性)
素材:綿
サイズ:L
洗 濯:ドライクリーニング、手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_23414292.jpg

●メンフクロウ(女性)
素材:綿
サイズ:M
洗 濯:ドライクリーニング、手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_23422753.jpg

●キンメフクロウ(女性)
素材:綿
サイズ:M
洗 濯:ドライクリーニング、手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_2343738.jpg


手拭い

●シロフクロウ・シマフクロウ
素材:綿
サイズ:98cm×38cm
洗 濯:手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_2344219.jpg

●フクロウ
手拭い サイズ:95cm×36cm
巾着 サイズ:23cm×22cm
素材:綿
洗 濯:手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_23445734.jpg

●ワニ
サイズ:96cm×36cm
ロング サイズ:160cm×36cm
素材:綿
洗 濯:手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_23454380.jpg

●こいのぼり
素材:綿
サイズ:160cm×36cm
洗 濯:手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_23462037.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-04-19 23:56 | ぎゃらりー | Comments(0)

2007.4.19(木)晴れ

昨日はみどりの会で吉野へ花見の予定でしたがもう花が散っているとかで急きょ中止になりました。残念ではありましたが、それによって強行な予定が一日空いたことで余裕をもって今日搬入した作品の準備ができました。ということで今日は京都クラフトセンターの「Tシャツ、手ぬぐい展」の搬入に京都へ。せっかくですので一挙に用事を済ませるためクラフトセンター→うさぎのアトリエ→田中直染料店→クラフトボックス集と大はしごをしました。天気も良かったし、久々に京都をゆっくり歩きました。特に染料店五条松原から三条御池までの高倉通りをまっすぐの道はビルの合間に町家を生かしたいろんなお店がありウィンドウショッピングを満喫しました。パン屋に一軒寄り道。黄色い生地にお花の形をしたピンクやグリーンのビスケットをのせたメロンパン、ビオラ(サンシキスミレ)をのせた紫芋のあんばんなどあんまり他で見たことのないオリジナルのパンは見ているだけで楽しい。集さんへのお土産に少し買いましたが、自分の分を買っておけばよかったと後悔しています。写真を撮らなかったのも残念。集さんへは先日のねこ展の芳名帳のコピーをもらうために行きました。個展でもないのに大阪からの名前もちらほらあり、感謝でいっぱいです。仕事に一区切りがつき今日は足取りも軽やかでした。
もうキリが満開(守口)→
田中直染料店の玄関には蛤御門の変で焼け残った土蔵の一部(梁)が由来掲示板とともにかざってある。→
土蔵の梁(※土蔵は本社建設の際取りつぶされている)
e0090670_2339436.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-04-19 23:39 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅

2007.4.4(水)晴れ時々雨 夙川のお花見
昨年この辺りに引っ越してきた寺さんのお勧めで今年の花見は夙川に決定。もちろん案内係も寺さん。コートのいる寒さであったが18人が集まった。花は見ごろの満開で駅前から海岸までの下流までずっと続いていた。また赤松も多く松と桜のコンビネーションも面白かった。朝一のおやつとしてミウラ屋さんのイチゴ大福が振舞われた。出たーと拍手喝采。電車の中で、皮が薄くても厚くても破れるという苦労話を聞いていた(私だけ)のでその味もひとしおです。

阪急夙川駅から出発→おやつタイム→松と桜がマッチしている
e0090670_23422083.jpg

昼まで辰馬考古資料館(富岡鉄斎展)、西ノ宮図書館の歴史資料室を見学。特に戦争の資料室では当時の衣装や軍服、持ち物などが展示してあり、みどりの会の人達は昨日のことのようにその体験を語られいつもは陽気な人達だがずっと癒されることはないのだと思った。図書館を出たところでお昼タイム。途中からやって来た馬太さんとも偶然無事会え、ほぼいつものメンバーが揃った。ヒサさん大きな保冷バッグを下げていたが中にはサンドイッチ、桜ワイン、山田錦、イカナゴ少々が入っていた。酒豪のヒサさんらしく紙コップも周到で気前よく皆さんに回し飲み。寺さんは特製の卵焼きなど数種のおかずを用意していた。いつになく豪華な昼食できれいな花の下で幸せやねえと口をそろえる。

昼食風景
寺さんの奥様特製おかず→ヒサさん特製サンド
e0090670_23425377.jpg

普通のお花見だったらこれでお開きだがそこがみどりの会。この後河口まで歩き、干潟を見学、怪しげな菊池貝類館へ行く。ここは貝に関するあらゆるものが展示してあるがその雑多なところがなんかうさん臭い。がそれが微妙に面白く憎めない。以前中国街道巡りの折に寄ったことがありその当時とほとんど変わっていなかった。何人かがお土産に貝を買っていたので私ものせられ貝のハンドブックを買った。岸和田自然資料館発行で300円とお安く中身の質もいい。
最後に近くまで来たというので寺さんの新居に招待され、お茶とお菓子をいただく。普段は冗談ばかりの寺さんだが今日はち密にコースを決め随所で皆さんを気づかう繊細な一面を見た。感謝でいっぱいです。

甲山を望む→河口近くになるとユリカモメがいっぱい
e0090670_23441482.jpg

菊池貝類館
e0090670_23443667.jpg

以前来たときは震災の傷跡が残っていたが、高さ制限のある住宅が復興していた→記念撮影
e0090670_23451177.jpg

床暖房の効いた寺さん宅で
e0090670_23455273.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-04-05 23:45 | みてあるき | Comments(0)

2007.4.1(日)曇りときどき雨

もう4月です。怪しい雲行きで「蚤の市」迷った末出かけました。チドリさんの都合で午後からでした。今日はねこ展で余ったもの(あまり売れなかった)とプラスで猫ばかりを売ろうと考えていました。準備ができて値札を付けているとぱらぱらと雨が降りだしました。苦労して作ったものを雨でぬらすわけにはいきませんしある程度予測はしていましたのでいさぎよく店をたたみました。そして最初にお世話になったかおりさんへ御挨拶だけして帰るつもりが、お茶を出していただいたのをいいことに2時間も長居をしてしまいました。ただ話すだけでは時間がもったいないのでお互い手仕事をしながらですが年格好が似ているせいか妙に話が合います。交通費払って何しにきたのかと思ってしまいますがこの蚤の市まだまだ明るいものが見えてきません。帰り道緑道の桜はもう満開。背が高くなったなあとつくづく思います。
e0090670_1929652.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-04-01 19:29 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ローズマリング展示会

ローズマリング(ROSMLING)
   地方独自のスタイルとして、ハーリンダルスタイル、
   テレマークスタイル、ウァルドレススタイル等々がある

北欧白夜の国ノルウェイの伝統工芸の一つで、家具や装飾品にバラを図案化したモチーフを油絵の具を使ってペイントする技法です。17世紀後半よりフォークアートとして盛んになり紆余曲折を経て今日に受け継がれていますが、日本では専門の指導者不在のためアメリカ経由でセミナーが開かれており一部トールペインター達の次の目標として注目されています。
私は、現在藤田ゆきこ先生にローズマリング(テレマークスタイル)の指導を受けています。藤田先生は1995年ノルウェイへ渡航しカーリー・ペッテルセン先生(アメリカローズマリングの審査員)に指導を受け、外国人ノルウェイでの取得者としては初めてディプロム(DIPLOM)の資格認定を受けました。
このたびの展示におきましては、トールペイントとは又一味違うローズマリングの伝統的アンティークな色使いと、バラのつるの自由奔放な流れが特徴の作品をこの機会に楽しんでください。 浅井 のんき   

場所:NPOきらっとが運営する 喫茶Kiratto
   http://www.geocities.jp/npokiratto/
日時:2007年4月2日(月)〜2007年4月27日(金) 9:30〜4:00(最終日は11:00まで)
e0090670_1924823.jpg
e0090670_19243277.jpg

2007.3.30(金)晴れ
きらっとさんへローズマリングの展示をしに行きました。ノンキさんの実力も大分上がってきたのできらっとさんを紹介したのです。ローズマリングを知ってもらうにもいい機会です。久々のきらっとさんですが、前の展示も見たかったので片づけを待ってもらっていました。知的障害者の絵画です。意外と普通でした。私の勝手な思い込みで色や形にもっと飛び跳ねたものがあると思っていましたが絵に関しては障害の壁はないようです。初めて見たローズマリングにスタッフの方々はきれいだと言いました。この人達には木に描かれた文様の深さや落ち着きが分かるのだと思いました。まずは安心しました。ノンキさんは今年カーリー先生から通信教育を受け師範免許の取得を目指します。
e0090670_19254868.jpg
e0090670_1926129.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-04-01 19:26 | みてあるき | Comments(0)