ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大阪クラフトパーク 10月

大阪市立クラフトパーク http//www.craftpark.kidsplaza.or.jp

展示期日:2007年3月28日(水)〜2008年3月31日(月) 9:00〜21:00(火曜 12月28日〜1月4日 休館)

10月タペストリーorのれん

【秋祭り】
「村の鎮守の神様の…」という童謡が頭から離れずそのイメージを染めました。自分でもものすごい楽しかったです

素材:綿
サイズ:120cm×40cm
洗 濯:ドライクリーニング、手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_23591634.jpg

【野の花】

秋に咲く花は全てではありませんが優しい色をしているように感じます。10月は気候もよく山野は花盛りできれいですが都会ではぐっと地味なものが多くなり、その姿は分かりにくいです。コースターという実用品ですので形には制限があり選択に色々迷いました。お茶をすすりながら、花をイメージできればそれも楽しいなあと思います。

素材:綿
サイズ:11.5cm×11.5cm
e0090670_00852.jpg


e0090670_0134159.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-30 00:00 | ぎゃらりー | Comments(0)

2007.9.28(金)晴れ

月末の最終金曜は大阪クラフトパークへ作品を搬入する日と決めています。金曜は地下鉄ノーマイカーデーで1日フリー切符が安いからです。クラフトパークまでは大きな団地や小さな町工場が点在するさほど面白くもない単調な景色が続きます。私も出来るだけ違う道を歩きこの町を探検しています。今日はツタのからまる家をなんのきなしに見ていますとブドウのような実があるのに気がつきました。ノブドウにそっくり。でも葉っぱはどう見てもツタ。そしてツタの実だと確信して、今までツタの実を見たことがないのに気づきました。どちらもブドウ科の植物ですから似てても不思議ではありません。ツタは最終的には黒くなるようですが、この途中の青や紫の実は葉がなければノブドウだと思ったでしょう。初めて見るものは本当にうれしいもので、いつもはさっさと歩くのですが今日は果実ばかり意識しようと決めました。
ツタの絡まる家→ツタ→水路で見つけたノブドウまだ色づいていません
e0090670_22185638.jpg

意識すると見つかるものです
コノテガシワ→ザクロ→近年植栽でよく見られるシマトネリコ→マメアサガオ:名前の通り径2センチくらいのかわいい野生のアサガオ
e0090670_22193178.jpg

生産緑地のイネも色づいていました。珍しいムベの実、その下にはレモンも植えてあり面白いものを植栽している家だと思い玄関の方へ行くとそこはグリル&カフェでした。その家の周りをよく観察するとその季節を彩るいろんなものが植栽されていました。もう何か月も歩いているのにこんなお店があるのに気づきませんでした。いつか余裕のある時に一休みして見たいです。

イネ→ムベ:アケビの仲間ですがまだ色づいていません。暑かったせいか果実はしなびていました→グリルの玄関がわ
e0090670_22204468.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-29 22:20 | みてあるき | Comments(0)

北河内自然愛好会 9月「虫の声観察」例会

2007.9.16(日)晴れ後曇り(通り雨)
3:30京阪御殿山集合。講師は一昨年もお願いしたカワイ先生。やはり暑さのせいか、いつもより参加者は少ないですが、それだけ質問しやすいので10人ちょっとの人数は手ごろでした。雨が降るかもしれないのにやって来る人たちですからみんなの顔は昆虫親父、おかんです。もちろん少年もいましたが。行き先は淀川河川敷です。明るいうちは昆虫を捕まえて説明をしていただきます。コオロギ、キリギリス、バッタの構造の違い。生息場所や翅をすり合わせる場所の説明。もう同じことを何回も聞いているはずですがいつも1からです。が、ここにきてやっとわかってきました。少なくとも音を出している場所と仕組みは大丈夫です。元々、虫の声を教えて欲しくて参加したのですが、おかげで虫の世界にも興味を持ちました。淀川もここまで上流になると虫の種類や数が多いように思います。特に、今回クズとアレチヌスビトハギの群生が多く、スズムシとクツワムシの声がすごかったです。カワイ先生に言わせるとここのスズムシは人間に飼われたスズムシの声に近いということです。先週、カンタンとヒロバネカンタンをしっかり聞いていましたので今回は先生無しでok.。もうすっかり虫の声にはまっています。

河川敷を見ながら休憩→コガネグモがコアオハナムグリでお食事中→実がつきにくいと言われるヤブガラシの実
e0090670_22151037.jpg

こんな小さな空間にもそこを住み家とするコオロギやバッタがびっくりするくらいの数のいる→捕まえてきた昆虫を一つ一つていねいに説明をされる
e0090670_22154545.jpg

クツワムシ:翅をこすり合わせる場所は堅くて光っている→スズムシ:鳴いているところをゲット。先生うれしそうでした。→カヤキリ:調度イネにいるところをゲット。普段ハエやカを捕まえるために使っている網がやっとまともに使われたと大喜びの会員。
e0090670_22161179.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-18 22:16 | みてあるき | Comments(0)

京都ビオトープ研究会 9月いのちの森調査

2007.9.15 晴れ 9:30〜12:00
暑さで枯れたのか森の下草があまり見られない。木が高くなりかすかすかしていてここだけを見ているともう秋かと思います。草地でバッタなどの昆虫を探しましたがさほどいません。虫の声も4.5書類しか聞こえてきません。エンマコオロギの声が聞こえないのが不思議です。先週淀川の虫達を見たので余計にそう思うのかもしれませんが何か生き物の気配を感じない森でした。午後の観察会はいつもとは趣向変え、前半を竹笛作り、後半は夜のいのちの森の観察会を企画しました。竹笛作りは小学生を対象としていたのですがほとんど宣伝をしなかったので(協会の責任もあります)たったの1人しか来ませんでした。材料が余りましたので急遽スタッフも参加です。講師は同じスタッフで地元で里山保存のボランティアをしている人で、地元の子どもたちにも竹笛を教えているそうです。1から始めると時間がかかりますのである程度まで進めた物を加工するだけ(工作のキットみたい)でしたが、普段ナイフを使うこともないので竹を斜めに切るだけでも結構時間がかかりました。しかも組み立ててすぐに音が出ません。これもコツがいるのです。約2時間かけて3種類の笛が出来ましたが結構夢中になり時間があっという間に過ぎました。後半は、横大路からもってきたミズアオイと、オニバスの丿観察とそのいきさつを最近湿地保全の研究を始めたアユさんに説明していただきました。いのちの森の物がうまく成長しませんでしたので、協会で育てたものを見てもらいました。その後いのちの森の観察をしました。6時くらいではまだ陽が暮れなくて残念ながら昼間とたいして変わりませんでした。長い観察会でしたが皆さんそれなりに喜んでおられ安心しました。

森で見つけたゴミムシのような虫→樹間回廊の目の前でぶら下がっていたクズの花→初めて見つけたアオツヅラフジの果実
e0090670_2212541.jpg

竹笛作り(皆さん夢中です)→電動工具で穴開け→上左:ウグイス笛(指で調節してウグイスの声にする)上右:リードをつけた笛(低音のカエルの声のよなうな音)下:なが笛(竹にいくつか穴を開けると音階が出来る)
e0090670_22124140.jpg

水草の観察→ミズアオイ:夕方になり花は閉じていた→オニバス:人間が育てたほうが立派
e0090670_22131088.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-18 22:13 | ごきらくボランティア | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅

2007.9.8 「なにわの船旅」
皆さんの体力気力を考えてちょっと趣を変えてのたかまる氏気遣いの市内船旅でした。10:30大阪城公園駅集合。11.05大阪城港出発。船長兼、船頭兼のガイドさんによる寝屋川から大川そして東横堀川を南下して道頓堀までの約40分の旅です。その間大阪八百八橋の由縁となる25の橋をくぐります。その名は豊臣や江戸時代から続く由緒ある橋です。ただ港を出てすぐくぐる橋は大阪城新橋という歩行者専用の橋で築上400年祭に架けられこれから歴史を刻む橋です。私の小さい時にこの橋があれば大阪城がどんなに近かったでしょうか。ともあれ長く大阪に住んでいますが東横堀にこのような遊覧船(アクアミニ)があるとは知りませんでした。大阪の橋を改めて見るのもなかなか趣がありました。何しろ東横堀川は高速の下(立ち退きなどの交渉をしなくてすむ)ですのでほとんどが日陰で風があり涼しいくらいでした。もっと臭いもあるんかと思いきやそれも感じませんでした。ビルの裏側も大阪らしい。期待以上に楽しい旅でした。今回はこの後ワシントンホテルで食事をし解散。暑い日にはお手軽なコースでした。いち押しです。(※解説はたかまる氏資料より)

大阪城港船着き場→1新大阪城橋→大坂城
e0090670_22272382.jpg

2新鴫野橋(昭和10年架橋公儀12橋の1つ。鴫野橋はこのあたりに実在した豊臣時代)→アオサギのお見送り→3京橋(下:京街道や野崎街道の起点)4大坂橋(上:昭和44年歩行者専用、本来の場所は不明)
e0090670_2229194.jpg

5寝屋川橋(この橋をくぐると大川に出る)→6天満橋(天神、難波と浪花3大橋の一つ、公儀橋)→7天神橋(ここから南へ東横堀川へ折れる。東横堀川は秀吉により大坂城の外濠として掘られた)
e0090670_2229311.jpg

8葭屋橋(蟹島遊廓へ行く通路として架けられた)→9今橋(豊臣時代にはすでに架橋されていた。このあたりは金融や交易の中心地であった)→高麗橋(公儀橋。明治に日本で2番目の鉄橋となる)
e0090670_2230395.jpg

水門:大川と東横堀川とでは水量が違うため高麗橋と平野橋の間に水門を造り調節している。左は向こうから来る船に水門を閉めると言う合図のため放流している。→左右水門が閉まる→水を放流して水位を上げ船が南下出きるようにする。これもなかなかのショーで子どもたちも大喜び
e0090670_223241100.jpg

11平野橋→12大手橋(大阪城大手門に通じる)→13本町橋(大坂城と船場を結ぶ橋、公儀橋)
e0090670_22331035.jpg

14農人橋(農民が田畑へ通う土橋からでその後町家が建ち始める)→15久宝寺橋→16安堂寺橋
e0090670_2233356.jpg

17末吉橋(南蛮貿易で有名な末吉孫左衛門が通行人のために架橋)→18九之助橋→19東堀橋(昭和11年架橋)
e0090670_22342099.jpg

下流からやって来たアクアミニ。手を振ってご挨拶→20瓦屋橋(幕府御用瓦師瓦屋籐右衛門の用地があった→21上大和橋(ここから西へ折れ道頓堀川へ入る)
e0090670_2234522.jpg

21下大和川→23日本橋(大坂の人間は東京のにほん橋に対しにっぽん橋と読む)→現在このあたりは川幅を狭くして遊歩道やカフェテラスなどを作っています。その工事のための仮橋がトンネルのように架かっている。
e0090670_22352096.jpg

24相合橋(あいあう橋、あいおい橋(地元の人はこう呼ぶそう)、あいあい橋と読み方いろいろ。元々は新中橋と呼んでいたそうで元禄には現在の名になっている。→25太左衛門橋(.興行師大坂太左衛門の名にちなむ→真新しい船着き場で記念撮影
e0090670_22355931.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-17 22:36 | みてあるき | Comments(0)

パートナーシップクラブ 9月定例調査

2007.9.8 3:00〜19:30 大淀野草地区
みどりの会からの連続で地下鉄で移動。中津で降り阪急まで歩いて以外といい時間でした。阪急中津はしょぼい駅でお茶するところもありません。待ち合わせの場所でソフトクリームを買い皆さんを待ちました。パートナーシップのメンバーも来る人が決まりボランティアの継続の難しさを改めて感じます。私は調査が好きですのでクラブに会費を払いながら参加しない人の気持ちがわかりません。この日は鳴く虫の調査が中心です。大阪育ちの私は虫の声はエンマコオロギくらいしか知りませんでした。ここで初めてマツムシの声を聞いた時は感激。今年はやっとカンタンとヒロバネカンタンがわかりました。また、懐中電灯で色々な虫も見られました。チリも積もればで虫目までいかないまでも違いくらいは見分けられます。こんな小さな進歩が限りなくうれしです。

きらきら光るキンエノコロの中で虫とりをするみち子さん→随分見かけなくなったオオオナモミ
e0090670_22215997.jpg

河川敷を自分の畑のように耕作する不届きな人がいる→エビスグサ→マルバハッカ→
ヒルザキツキミソウ→ニンジン等々様々な植栽物が見られた
e0090670_22223823.jpg

夕暮れのヨシ原
葦原から見たスカイビル→カンタン→ヒロバネカンタン→
オナガササキリの産卵(ヨシの節に産卵管をさしている)→セスジツユムシ→カナヘビ
e0090670_22231551.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-17 22:23 | ごきらくボランティア | Comments(0)

2007.9.2 晴れ 蚤の市中崎町

この通りは意外と風が通り、日陰も3時過ぎまでありきつい西日が差すのは1時間ぐらいの辛抱です。しかし退屈なことには普段と変わりなく、内職がてらに持ってきている縫い物がはかどります。この日はお隣に編み物のお店が来ました。同じ手作りで話は弾み気分転換にはなりました。
蚤の市の様子→モッコクの実:8月31日クラフトパークの帰り道で撮影
e0090670_2147552.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-03 21:48 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

大阪市立クラフトパーク

大阪市立クラフトパーク http//www.craftpark.kidsplaza.or.jp

展示期日:2007年3月28日(水)〜2008年3月31日(月) 9:00〜21:00(火曜 12月28日〜1月4日 休館)

9月タペストリーorのれん

【ウサギのお迎え】
今年の中秋の名月は24日です。ちょっと気持ち悪いニンジン団子ですがウサギさんの世界では人気沸騰中です。

素材:綿
サイズ:120cm×40cm
洗 濯:ドライクリーニング、手洗い用洗剤、蛍光増白剤の入っていない洗剤
e0090670_21262253.jpg

【野の花】

まだまだ暑い季節ですがこの時期田んぼで見られるようなみずべの植物が元気です。

素材:綿
サイズ:11.5cm×11.5cm
e0090670_21265465.jpg

e0090670_21435752.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-03 21:44 | ぎゃらりー | Comments(0)

パートナーシップクラブ 大阪市庁舎屋上調査

2007.8.29 1:45〜3:30  晴れ 
先月確か草刈りを行うと聞いていましたが、あまりその気配を感じませんでした。カラムシは樹木のように大きく、ススキやセイタカアワダチソウはそびえるように高く育っていました。雑草と言われるゆえんでしょうか他の植物もそれに負けず劣らず頑張っていました。その草むらのおかげでかクサヒバリやハラオカメなどの虫の声があちこちで聞けました。温度調査をしているまっさんは、この日放射温度計と言うのを持ち込みいろんな場所の表面温度を測っていました。屋上地表のタイル40.4、プランター木枠35.7、枯れた芝生36.4、芝生日なた34.0、ネグソドカエデ葉30.6,石柱28.6、コバノランタナ26.4℃など面白い結果を知りました。石柱は大理石のようにすべすべしていていつもひんやりしていますが温度でもそれを示していました。まっさんはヒートアイランド学会の会員で私たちの活動も発表しています。大阪で学会があれば一度聞きに行きたいと思っています。このような発表のおかげで、この日は大阪市大の教授と院生が来られサーモグラフの撮影をしていただきました。その結果も楽しみです。まっさん、たくさんのヤマノイモのむかごを集め何をするのかと思えば市大の人たちへのお土産でした。

よく伸びたセイタカアワダチソウ→今年はコナラの実がたくさんなった→調査風景

e0090670_21204036.jpg

[PR]
by somemonya | 2007-09-03 21:22 | ごきらくボランティア | Comments(0)