ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ネクタイ

以前、こぼれ話で紹介していたネクタイです。プレゼント先はいのちの森のボランティア仲間です。彼は2回生から参加していまして修士院生まで5年、調査はもちろん、観察会や連絡係など色々貢献しました。このように長く積極的に参加する人は少なく、思い出に残る一人です。特にザリガニ釣りでの質問に答えられる唯一のスタッフでした。このようなことから、デザインは池のイメージでザリガニを主役にアメンボを入れました。ザリガニはイナバウワーをしているところを想像したのですがちょっと分かりにくかったです。ネクタイは省エネなどで時代に逆行しているのかもしれませんが、私がネクタイを染め始めたのは男性にネクタイをおしゃれや遊び心でつけて欲しいという気持ちからですので、何かの機会で楽しんでつけてもらえる日があればと願っています。

ザリガニとアメンボ:小劍にもアメンボを入れたのですがバイヤスが狂っていたのか裏にでてしまいました。無難にこちらをプレゼントしました。→
ザリガニとアメンボとコオイムシ

e0090670_18439.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-04-15 01:08 | ぎゃらりー | Comments(1)

2008.4.14(月)晴れ

昨日やっとヨッシーさんに卒業&就職祝いを渡すことができました。本来は3月末にあった研究会報告会で渡すつもりでしたが彼は欠席していました。次の日には入社という日に来れるわけがないですよね。なにしろ就職先が福井県ですから。昨日、いつか渡したいというメールを打ちましたら、すぐに返事がきて今研修で大阪にいるということで、なんと、今からか明日ということになりました。それならとすぐに家を飛びだし大阪まで行きました。夜の9時のことです。渡したらすぐに別れるつもりでしたのに、律義な彼は仕事の話や今の現状など丁寧に説明するのでなんと1時間くらいも立ち話をしてしまいました。ちゃんと喫茶店でも行けばよかったと後悔もしますが、若い男の子がおばさんとお茶するのもいやだろうなあと思うとこちらから誘うのもためらうところです。ともあれ、やる気満々で張りきっている姿を見て嬉しくなりました。

夏の親子観察会ザリガニ釣りの指導してもらっていた思い出にザリガニとアメンボウをデザインしたネクタイと昆虫写真家中谷憲一さんの本をプレゼントしました。中谷さんの昆虫記は私たちがほとんど見もしない小さな虫たちが主人公ですがその生態を私たちが生きるのと同じようにに淡々と語っています。
e0090670_016362.jpg

近年は長時間ロウを置くのが本当にしんどく根気がなくなっています。今日は、仕事が飽きる度にロー置き→染色→河内愛好会会報折込み→縫い物→ロー置きと4個所をぐるぐるまわりました。会報折込みが気分転換に一番よく、折込みを楽しみに回ります。このような仕事は食後テレビを聞きながらしていたのですが、染めとは関係ないことを入れるのも方法だと思いました。
e0090670_0171663.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-04-15 00:25 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅「花見の会」

みどりの会桜見物、今年は欲張って3回計画しました。

2008.3.31(月)晴れたり曇ったり「根来寺から粉河寺」
青春切符を使ってのつもりでしたが、普通で買っても大差ないので個人で買うことになりました。根来の町はナマコ塀の残る家など古そうな家が多くその家もそれぞれ個性的で、門前の町屋がまとまって残っているところでした。桜は3分咲きから満開まで色々でした。

根来寺の大門は2階建ての立派な門でした→国宝の大塔→ネーム入りトイレットペーパー
e0090670_293326.jpg

今回の旅、ミウラ屋さんがみんなに弁当をふるまうというのが大きな楽しみでした。本当は昨年吉野でということになっていたのですが、雨で延期になり肝心の花が終わってしまい結局中止になったのです。しかし、こんな方がこの会にいて本当に幸せです。

平日だった為人は少なく静かで穏やかな宴でした→
メニュー:野菜の鳥肉巻、イカ飯、野菜の煮物、ちらし寿司、赤飯、ほうれん草のおしたし。この他、サクラワインや桜餅の差し入れがありました。→
みんな幸せいっぱい黙々と食べました
e0090670_2102348.jpg

粉河の門前町は近代化され古い町のイメージはありませんでした。過去を知っているみどりの会の人たちは残念そうでした。寺の桜は満開。根来、粉河どちらのお寺も勇壮でまずは山門で圧倒されました。

山門、中門、本坊→
e0090670_2111419.jpg

コデマリのように花の塊が丸く見える桜→意外と貧弱なJR粉河駅→窓から見える山も絵具のパレットのよう
e0090670_212071.jpg

2008.4.5(土)晴れ「京街道・橋本〜八幡」
花見目当てに順番を代え、戦争以前の遊廓街が残る橋本から。橋本駅の一角は見事に遊廓の町並みが残っていました。すぐそばの淀川には渡しがあり対岸からも来たとか。三川合流は明治の改修後の話でそれ以前は淀までまっすぐ堤(京街道)は続いていたそうです。八幡三川合流の桜は想像通りものすごい人出でしたが(それがいやで行く気がしなかったのですが)、その人込みをものみ込む桜群には感動しました。一度は来てよかったと思いました。
関門跡:遊廓の元締めのようなことをしていたところらしいですが今は荒れていました。→
今は普通の民家になっている遊廓の町→その裏からは舟で来る人たちが出入りしたのでしょうか→
ミウラ屋イチゴ大福
e0090670_2124758.jpg

三川合流背割堤
橋本から見た桜:手前に大きなクスノキ(1000年前からあるといわれる)がありここからまっすぐ淀まで街道は続いていたそうです。背割堤からもこのクスは見えました。
e0090670_2131874.jpg

番外
守口の緑道はもう花がひらひらと散っていました→入学式まで必ず待って咲く祝い桜(私が命名)はしっかり新入生を待っています
e0090670_2135046.jpg

2008.4.9(水)晴れ「佐野籐右衞門邸から嵯峨野」
桜守で有名な佐野邸の多種の桜を見ました。偶然にも取材中の籐右衞門さんにも会え(ただ見ただけですが)皆さんご満悦でした。その取材の為紅枝垂れが咲いているところは通れませんでしたが一度は行きたかった佐野邸。いろんな種類があるのに植栽感がなく自然な感じでよかったです。

この近辺に来ると枝垂れ桜の植栽が多くバスの窓からもずっと見えていました。山越のバス停を降りてもあちこちに桜が植えてあり、両脇の道筋の植栽がきれいでした→
佐野邸入り口→寝転がって下から見るのがいいそうです→寝た状態で撮った枝垂れ
e0090670_2144661.jpg

早い目のお昼は広沢池で。広い大きな池はとても落ち着きます。もう何年日ぶりかお湯を沸かしインスタントコーヒーをいただきました。
e0090670_2154317.jpg

昼食後は嵯峨野の里道(千代の古道)をのんびり歩き田園の草を見たり、大覚寺の庭を歩いたり、どこを見てもサクラ三昧の一日でした。
広沢池を振り返る道筋にはれんげの花が咲いていました→嵐山観月橋から
e0090670_2162940.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-04-10 02:05 | みてあるき | Comments(0)

2008.4.2 晴れ

今日は思いっきり寝ました。目覚めたのは朝の8時半くらい。昨日寝たのが9時ですから11時間は寝た事になります。体がすっきりしています。今日こそ掃除をしようと思いました。実は今日から4月が始まると思っていたのです。3月は忙しかったので完ぺきにぼけていました。ともあれ部屋はきれいになり、気になっていたのれんも明るいものに代えました。マレーグマのはのれんとしては第1作目(30年ほど前かな)です。天王寺動物園にいたもので餌をもらう為手を上げておねだりする姿は愛嬌たっぶりでなん時間見ていてもあきませんでした。もう穴があいたり、手あかや染料が付いて洗ってもとれませんので作り直したいのですが、時間がないのをいいわけについつい掛けてしまいます。リスのももう大分古いです。染料屋さんへ行くのに京阪電車から見た、川の堤防を埋め尽くすまっ黄色の菜の花が印象的でそのイメージで染めたものです。
e0090670_2339672.jpg

久々にまともな時々昼ご飯です。昨日、友人が私をねぎらう為にプレゼントしてもらったアレンジフラワーや遠くに見える緑道の桜を見ながら。
ご飯(白米、緑米、押し麦、小豆、大豆)、イワシのショウガ煮、煮物(大根、コンニャク、シイタケ、高野豆腐、ゴボウ天)
e0090670_23393991.jpg

昼からはスーパーに出かけるのですが、帰りはカラシナを摘んだり団地の花を見たり。昨年、白花のホトケノザ(ほとんどがピンク)が咲いているところが気になっていたのが理由ですが同じところに1株咲いていました。ここは、整地されてヤブランが植えられていたのですがそのヤブランの間から咲いていたのです。ところが今年はヤブランがすっかり無くなり他の野草が出ていました。特に、ヒメオドリコソウはこの団地では初めてです。ホトケノザもそうですがヤブランについてきたのでしょう。オトメツバキを撮影しているとこの花の名前はなんですかと同じ団地の人らしき人がたずねました。この30年くらい花の名前を聞かれたのは初めてです。隣の人の顔もおぼつかず、挨拶もめったにしないご時世でなんかホットな気持ちになりました。

白花のホトケノザとピンク色のヒメオドリコソウ→
クサボケ:このクサボケはこの団地にきて以来ずっとこのような高さです。昨年思いっきり枝を切られ毎年冬に花を咲かせる変わり者が今年は全く咲かなかったので心配していました。この団地にはクサボケがたくさん植えられていましたが全てほられてしまい、もうここにしか残っていません。→
オトメツバキ:毎年たくさんの花を咲かせます。以前は木に名札があったように思ったのですが。→
コブシ→モクレン:他で見たモクレンはもう終わっていますが団地のモクレンはまだきれいです。コブシと同時だったか、今まで気がつきませんでした。
e0090670_23402489.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-04-02 23:40 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)