ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

柿渋染にいどむ

7月の初めに田舎からとってきた青い柿を使ってかき渋に挑戦しました。前々からしたいとは思っていましたが柿を手に入れることができなかったのです。今年は義母が施設に入り月に1度田舎の家へ帰り片づけや掃除をしています。そこで柿を収穫できたのです。文献には1・渋ガキを臼に入れ,たたいて汁を出し 2・そこへ布を浸けると だだし金属を使ってはいけないと書いてありました。たった1行ですむ染め方でしたので誰でもできると思いました。ところが、1番がくせ者で臼が無いので、ポリ袋に詰めた柿をゴマすり鉢に入れ上から金づちでたたきました(とりあえずは4この柿で試しました)。しかし汁が出るほど細かく砕くことはできません。仕方が無いのでわれた柿に水を入れてしばらくしてからコシ、その水で作業用手袋を染めました。乾いては染めるを4回薄いベージュでした。ちょっと気抜けしてやる気をなくしました。それから2.3日、台所で洗い物をしていてセラミックのおろし器が目に入り一機に気分が乗りました。それでは簡単柿渋染を紹介します。

青柿400g 被染色物(帽子)120g
1・染める布を水に浸けておく(被染色物)
2・青い柿を洗いヘタを取る
3・おろし器で柿をする
4・おろし器が一杯になれば別の容器(金属はダメ)に布巾やハンカチなどの布でこす
5・柿がなくなるまで3.4を繰り返す(このときできた柿汁は300g)
6・できた柿汁を水で薄める(1:水9がめやす)今回柿汁300gに対して1500ccの水で薄めた(染液)
7・水に浸けておいた布をしぼり、染液に入れ20分染める
8・後10から20分布を揺らしたりひっくりかえしたりしながら染める
9・布を延ばし日影で干す(夜にしておくと朝には乾く)
 ※私は風呂場で染液をたれさせておき(染液を入れた容器で受け止める)水分が落ちてこなくなれば外に干した
10・7〜9を3回繰り返し、水ですすぎ外に干す。この場合は日の当たる所で。

一応丁寧な染め方を紹介しましたがむらになってもよければ、濃い染液で1回で裏表だけでもいいのではないでしょうか。自分流で染めて下さい。私ももう1回色々試したいと思っています。かき渋染は時間が経てばたつほど濃くなっていくと言います。適度な硬さもありますので帽子には最適だと思いました。又その経過もお知らせしていきたいと思います。

柿をおろす→染液→被染色物を浸ける
e0090670_12403578.jpg

1〜10の工程で染めた帽子→残り染液で染めた手袋→その又残りの染液で染めた手袋
手袋は染め上げた後洗剤で煮洗いをしました。少し赤みを帯びた薄茶になり、硬さもなくなりました。
e0090670_1241132.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-07-29 12:41 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

パートナーシップクラブ 7月蝉の抜け殻調査

2008.7.27(日)晴れ 10:00〜12:10
宰相山西公園〜三光神社寺〜真田山公園
暑さまっ盛りのセミの抜け殻調査。何を好き好んでこんな日にと笑われている声が聞こえそうですが、こういうことを続けていると以外と暑さには強くなるようです。暑くても寒くても出かけようと言う気になります。さて今年の調査もいつもの顔ぶれですが、昨年参加した小学生の姉妹の背丈が大人くらいに伸びていてびっくりしました。セミは昨年は多い年と新聞で読みましたが今年も負けず劣らずでした。今年は100均で買った網を持っていったのですが素手でも充分間に合いました。クマゼミばかりですが。三光神社でニイニイゼミの声を聞きました。抜け殻を見つけることはできませんでしたが都会では貴重な声です。といっても私には今だアブラゼミとの違いが分かりません。2種同時に鳴いて欲しいです。

シナサワグルミの果実→サルスベリに止まるクマゼミ(クマはすべらへんのんや)
e0090670_12333814.jpg

軍人墓地調査の様子→吸水タイム(自販機は全て100円)
放射温度計による測定
自販機:39.5℃ 地表:60.5℃ マンホール:62℃ 空:17.5℃
e0090670_1234926.jpg

ケヤキに休息するクマゼミ(真田山公園)
e0090670_12354148.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-07-29 12:35 | ごきらくボランティア | Comments(0)

ウサギのスカーフ

【ファミリー】
依頼されて染めました。このデザインは3回目です(もちろん全く同じものではありません)。どの個所で折っても色々楽しめるようにしています。

素材:綿
サイズ:60cm×60
e0090670_10133396.jpg

【無題】
おまけに染めました。4月に染めていましたので調度サクラの織が入った生地があり、依頼者のイメージから離れたものを染めたかったからです。いつも地味な格好をされていますので春に白い服に合うものをと思いました。いろんな色を入れて折ってしまうとグレーっぽく見えるようにしておき、派手に見えない工夫もしておきました。以外やご本人こういうきれいな色も好きだと言われ大変喜んでいただけました、嬉しいやら取り越し苦労やらでした。

素材:絹
サイズ:130cm×30
e0090670_1014988.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-07-04 10:14 | ぎゃらりー | Comments(0)

2008.6.29(日)小雨

先日、神戸市深江文化村旧阿倍邸で見た即席風見鶏(波さん銘々)、風見烏でしょうか。絶妙のタイミングで止まっていました。文化村からは少し離れた所にありましたが見るからに風情の有る建物でした。時代の流れでしょうか正門には不動産屋の表札がでていました。
e0090670_935116.jpg

深江文化村と言われるところは大正時代?欧米人(13軒)が住んでいた西洋館が並ぶ所で現在は3軒残っています。ロシア革命を逃れた音楽家が移り住んだりと日本の著名な文化人も出入りするなど文化交流の場でもあったそうです。今は歯抜けのようにちょっと変わった洋館が点在していましたが、後に建った屋敷も立派で簡素な住宅街でした。
[PR]
by somemonya | 2008-07-04 09:45 | ちえこの一写 | Comments(0)