ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パートナーシップクラブ    ECO縁日

2008.10.19(日)晴れ 生き生き地球館・ECO縁日2008
生き生き地球館主催で、環境をテーマに取り組んでいるグループが出展しています。あいにく持ち場から離れられなくてどこも見ていません(こちらもスタッフ不足)。パートナーシップクラブは古代米の記録を展示し、縄作りを体験してもらいました。いい天気のおかげか体験コーナーは大繁盛で、皆さん夢中でほとんどの人が何とか形にしてもって帰りました。本来物作りは上手下手関係なく楽しいことです。その機会を与えられてことはパートナークラブのこれまでの実績のたまものだと思います。この体験本当に評判も良く、12月23日のしめ縄作りや田植えや稲刈りを宣伝しましたら来たいと言う人がたくさんいまた。こんなチャンスにクラブの予定表を作っていなかったことを悔やみました。最後に館長の差し入れを食べながら反省やらまっさんの学会でのエピソードやら。周りも暗くなり盛り上がったところで解散しました。帰りに畑を通りましたらユリの花粉のようなきついにおいがしました、出所はナワシログミの花でした。又一つ賢くなって帰りました。

クラブのテントを準備中:昨日はスタッフがいなくて周りのブースの人達が手伝ってくれたそうです→
パートナシップクラブと他のブース:どこも繁盛していました
e0090670_0364459.jpg

縄作り体験コーナー:
立ち見していた人が参加する場面もありました→親子で夢中、親だけ夢中といろいろ
クイズラリー:クイズラリーのポイント地にもなっていました。場所が分かりにくい、問題が難しいなど文句を言う人が続出。
e0090670_0375351.jpg

古代米田んぼ:手前から赤米、黒米、鶴見米。鶴見米は今まで植えられた古代米がブレンドされているのか、背が高くて芒が長かったり、籾色が黒かったりさまざま。
田んぼ:もう稲刈りは終わっていました。古代米は今週26日午前中です。
e0090670_0395210.jpg

タデアイ:花が満開でした。→
大阪野菜:もう7,8年前か大阪の農業試験場へ大阪野菜を復元していると言う先生に会いに行きました。お話をするのにバイオリンを弾くと言うユニークな先生でした。持ち帰ったパンフレットを見せて是非畑に植えて欲しいとお願いした記憶がよみがえりました。
e0090670_0403273.jpg

反省会:ドイツであったヒートアイランド学会発表でマイクが置いて在る机が高くて顔が見えなかったとか。又時間制限が厳しく時間が近づくとイエローやレッドの旗を出すのがドイツ流だそうです。みんな大笑い。
e0090670_0415729.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-10-22 00:42 | ごきらくボランティア | Comments(0)

京都ビオトープ研究会   調査&観察会

2008.10.18(土)晴れ  梅小路公園・グリーンフェア
京都市年緑化協会が主催する年2のお祭りです。いのちの森は「いのちの森モニタリンググループ」が案内役を務め観察会が行われます。広場にはステージが設けられ、歩道には多くの模擬店、緑化関係のブースと以前に比べるとかなりにぎやかでまさにお祭り騒ぎでした。

特設ステージ:音楽が鳴り司会者が1組目の紹介が始まりました。老若男女、歌ありーの、踊りありーの何でもありのステージの音がいのちの森にも聞こえてきました。ステージの向こうがいのちの森です。→各ブース設置中です
e0090670_027617.jpg

ビオトープ研究会のテントも張り終わったところ→以前までは研究会のブースは陸の孤島のようにポツンと1ツ離れていましたがこの日は前にお店が並びにぎやかでした。
e0090670_0292989.jpg

この日は調査日でもあり、1時間早くいのちの森に入り下見がてら調査をしました。いのちの森に入ると外の騒ぎがうそのようにゆっくり時間が流れます。

シュロ:シュロはひそかに成長しています→
ムラサキシキブ:森でただ1本しかありません。植栽かどうか今だ不明ですがコナラの根元からひょろひょろと生えていますので多分埋土種子からでしょうか。→
ミゾソバ:この場所はこの時期ミゾソバでうめられます。セイタカアワダチソウの黄色とのコントラストがきれいです。
e0090670_031784.jpg

観察会では、植物を中心に今おこっている出来事などを話します。京都の方でもこの森を知っている人は案外少なく、毎日公園を散歩してる人でさえも中を知らない人がいて、中に入ってその別世界にびっくりされます。この日はスタッフが少なく休み暇がありませんでしたが、少しでも多くの人にこの森を知ってもらえ嬉しいです。午後からは定例の毎月観察会で、調度キノコ班の人達が森のキノコを集めて説明していましたので、今年7月のキノコ観察会が中止になった代わりになりました。定例観察会も顔ぶれが決まり、もう友達のように会話も弾みます。天候もよかったのかたくさんの人が行き交い普段とはおもむきの違った梅小路公園でした。忙しくて他のブースやお店に行けなかったのが残念でしたが。

観察会
開園当初の写真と現在を見比べてもらっています→キノコ観察→
キノコと一緒に並べられていたヘビ(アオダイショウ?)の抜け殻
e0090670_0323817.jpg

キノコの数々:1週間前に雨が降ったのが幸いして多くのキノコがあったそうです。→
菌根菌:植物と共生しているキノコで根元に木の根がついていて樹木とつながっていたことを示しています→
おすそわけ:いっぱいでていたハタケシメジとスタッフが持ってきたテラガキ(紀ノ川柿?)
e0090670_0333285.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-10-22 00:34 | ごきらくボランティア | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅 「てくてく余呉湖一周」

2008.10.8(水)晴れ
JR鉄道記念切符を利用しての旅です。便利になって「近江塩津行き」快速で乗り換え無しでいけました。余呉駅は線路脇すぐに田畑が広がり山の下に余呉湖が見えとてものんびり気分になるところでした。余呉湖に近づくと海でもないのに潮の臭いがして、最初から不思議な気分になりました。

余呉駅→余呉湖に向かって→衣掛柳:羽衣伝説で天女が羽衣を掛けたという古木
e0090670_22593542.jpg

潮のにおいがした出発点;アオコが出て濁っています。釣りの桟橋が向こうに見え水鳥の姿も見えます→
湧き水のところだけ水は透明:元々この湖は湧き水だけだったそうですが導水路工事で余呉川の水が入り汚濁が始まったようです。
e0090670_2301764.jpg

素晴らしい天候にも恵まれ、きれいに整備された道をひたすら歩きます。この日も草刈りの作業をする人たちを見ました。全周約6キロを管理するのは大変なことでしょう。

余呉湖の碑
e0090670_2313940.jpg

アジサイ道:かなりの長い距離で季節には壮観だろうなあと思いましたした。個人的には余呉の山野草を残して欲しいですが、観光的にはアジサイの方が人を呼べるのでしょう→余呉湖を見ながらお弁当
e0090670_2362435.jpg

いいお天気に誘われてか、色んなチョウが飛び交っていました。アカトンボもたくさん。植物も外来種、在来種さまざまで特に山野草は知らないものも多く興奮しきりでした。コブシの実がはじけて出てきた朱色の種子やクロバナヒキオコシと言う5ミリくらいと小さいですが本当にかわいい花を初めて見ました。

セセリチョウの仲間?→シマヘビのご夫婦?
e0090670_237713.jpg

コブシの果実→ツルアジサイ→ツルドクダミかな?
e0090670_2382084.jpg

ツリフネソウ→ノブキ→ハッカ
e0090670_2393789.jpg

どこを歩いていても童話のような風景で、起伏もなく私たちの年齢にはお手軽で今回の企画をしていただいた久嬢には本当に感謝です。6キロの距離予想に反し1時間早く終わりました。駅近くのお土産屋兼軽食喫茶でお茶して1本早い電車に乗れました。それにしても皆さんの歩く姿はこの風景によく溶け込み可愛らしいかったです。
e0090670_23101688.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-10-09 23:10 | みてあるき | Comments(0)

パートナーシップクラブ  EKO縁日準備

2008.10.4(日)雨
一ヶ月あっという間です。パートナーシップクラブ生き生き地球館での活動です。18.19日に開催される地球館の事業「EKO縁日の準備」です。昨年は廃油を利用して手作り石鹸実演と販売が主なテーマでした。今年は古代米の紹介と縄作り実演。古代米のデータ(成長記録とその様子)は過去に私がとっておいたものを利用しました。各種1株から何株株別れするか又米粒数と重さ、さらにその中から食べれる粒の数と重さなど古代米がどの程度収穫できるのかを調べるのが目的でした。何が大変だったかと言いますとモミ殻を取る作業です。すり鉢にすこしづつ米粒を入れすりこ木でゆっくり回し殻がとれたものからピンセットでつまみます。今思い出してもおぞましいですが、このデータがやっと日の目を見るわけです。
小粒米籾付き→玄米
小粒米が一番しんどかった。小粒米は普通の米の半分くらいでつぶれやすいのに殻がとれにくい。
e0090670_20585629.jpg

元デザイナーの和子さんがプリントされたデータをてきぱきとレイアウトしパネルにはっていきます。私はそのアシスタントをしました。その和子さんから昼食時に大きな栗の差し入れがあり、何人来るか分からないので10コもスプーンを持って来ていました。その場にいた4人でたっぷり食べさせていただきました。午後からは、先日のアイの試験結果をパネルにして、展示の予備品を作っておきました。最後に、会報の袋詰めを流れ作業でやっつけ修了でした。いつもカメラはもっているのですが撮ることを忘れてしまいます。今回も最後に思い出しあわてて撮影した2枚です。

でき上がったパネル→会報をコピー
e0090670_20594341.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-10-06 20:59 | ごきらくボランティア | Comments(0)