ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パートナーシップクラブ 11月調査「桜島と天保山」

2008.11.16(日)雨後曇り
あいにくの雨。桜島まで電車で行くのは初めてでした。環状線西九条から乗り換えですが何とど派手な車両でしょう。私の車両はそうでも無かったのですが窓にも絵が描いてあり中はえらい暗かったそうです。桜島では初めて参加のじい孫コンビがきていました。雨の中をよくぞです。
e0090670_0525616.jpg

桜島から渡しまで人通りの無い静かな道のりでしたが元気印の孫太郎さんがはしゃいでいました。調査と言う地味なグループにいつか退屈するのではないかと思っていまいたが、人なつっこく好奇心旺盛な彼にはそんな心配は無用でした。今どき珍しい憎めないゴンタ。目を離せないじい様は大変だったでしょう。
渡し舟に乗って天保山へ。ゴンタ君でなくても大人も楽しい乗り物です。天保山は小学時代きた頃は乗り物やテーマパークのようなものがある遊園地(海遊館があるところがその場所だったかもしれませんが)だったように思いますが何時頃か普通の公園になったようです。全体を意識してゆっくり歩いて初めてその全容が分かりました。

船着き場:正面に観覧車右にマーケットプレスや海遊館。左に天保山公園が見えます→
天保山公園:どういうわけかサンゴのかけらが落ちていました→天保山に向かっています
e0090670_0552686.jpg

石垣に逃げ込んだヤモリを捕まえようとしている近所の子どもですが学校で捕まえたトカゲを見せてくれました→やっと捕まえてわざわざ見せにきました。嬉しかったのか自慢したかったのでしょうが当のヤモリ君はもう瀕死の状態でした。ちょっと以前まではどこにでもいたこのような少年達ですが一緒にきたゴンタ君といいこの日は頼もしい子ども達に会いました。→
クスノキに忍び寄るケヤキ(後に見える)の根。なんかクスノキをねらう蛇のように見えました。
e0090670_0561666.jpg

天保山山頂:標高4.53mの三角点石標→同隣にある明治天皇観覧記念石碑→
豪華客船『飛鳥』:ちょうど桟橋に付けるところに遭遇。多くのギャラリーの前でどのようなセレブが現われるのか興味津々でしたがなかなか事態は進行せず船尾を見て解散しました。
e0090670_0565063.jpg

15日のアゲハ君
この日に見たのが最後で16日の朝にはいませんでした。さなぎになったのかとベランダ中を捜しましたが今だ行くへ知らず。天敵に食べられたのかと心配する半面、何も言わずに去られたみたいで食料を提供してあげたのにと恨み節をいう勝手な私です。まあ、ご無事でチョウになることを祈るばかりです。
e0090670_111585.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-11-25 00:56 | ごきらくボランティア | Comments(0)

京都ビオトープ研究会 11月調査と観察会

2008.11.15(土)晴れ
今期に入り(4月から)いのちの森までの道のりに見つかる草を見ています。調度広場を半周します。ここには植栽の樹木や草本がありますがそのすき間から多くの野草が見つかります。栄養もたっぷりなのでしょう。この日は11月も中頃になったというのにか60〜70センチの低木を押しのけて出てくる草を見かけました。このような草を見ますと標準サイズはかってな既製概念ですよと言われているようです。

太陽を求めてどこまでものカタバミ→ギシギシ
e0090670_0404851.jpg

森ではあまり見かけないチョウがいました。ヤブにはいると全く分からなくのを必死に(調査をほったらかして)追いかけやっと撮影できました。寒くなって咲く貴重な花ヒイラギが森の奥でひっそり咲いていました。日陰が多くなる一方の森でよくぞ咲いてくれたとエールを送りました。

クロコノマチョウ?かな→ヒイラギ
e0090670_0412147.jpg

午後からの観察会は顔なじみさん+初めてきた人たち合わせると14人。そのうち子ども3人は嬉しい参加でした。ここの観察会にしては多数です。河内の会の人からもらった珍しいフェイジョア(講師のMさんはフィジュアと言われていました)の実が足りず半分ずつのおすそ分けになりました。ちょっと時期外れでしたが秋の七草がテーマでした。といってもわずかに残っていたカワラナデシコやもう種になってしまっていたオミナエシなどあまり見るものも無く今在るものの(ドングリや樹木の果実)観察が中心。牛や豚などはドングリの葉が大好物だそうです。外国の飼料を頼らずこういった葉をもッと利ゆすればいいのにとMさんの持論でした。

いのちの森へ:そろそろ紅葉の訪れを感じます→
シクラメンの根は丸く別名ブタのまんじゅうと言うそうです。大笑いしましたがこの名前を付けた人シクラメンの美しさにに嫉妬しているのかなあ。→
e0090670_0424029.jpg

ハゼがひときわ赤くバックのベゴニアとよくマッチしていました→
いのちの森のヤマハゼもきれいで計算された美と自然美を見ることができました。
e0090670_0432174.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-11-25 00:43 | ごきらくボランティア | Comments(0)

今日のアゲハ君

2008.11.11(火)曇り
今日は別の枝に移っていました。まださなぎの準備ではなさそうです。黒い大きな目に見えるものは模様だそうです。ホントにきれいな色をしています。
e0090670_2127898.jpg

2日にも「鳴く虫の研究会」でたくさんの虫を見てきました。京都の笠置という所です。10年ほど前に比べると杉やヒノキ林が大きく育ち日陰が増えた為虫が減ったり、湿地だった所がゴルフ場になり種類が様変わりしたりして随分変わったそうです。

オオカマキリがコカマキリをご馳走しているところ。もうほとんど食べられ形は分かりません。この辺りではほかに3.4匹のコカマキリがいました。又、ゴルフ場や川べりなどでもたくさんのカマキリを見ました。全て雌でした。雄達は子どもの栄養になったのでしょうか。→
オナガササキリがセイタカアワダチソウの花を食べているところ。平城京跡ではエノコログサを食べているところを見ましたがキリギリスの仲間はこのように花をよく食べるそうです。→
ショウリョウバッタモドキ。右の写真のぼけているところの左側にショウリョウバッタモドキが止まっています。メリケンカルカヤというイネ科の植物ですが右側が葉っぱです。うまく撮れなかったのが残念ですが見事に擬態しています。
e0090670_2128346.jpg

ところで、ショウリョバッタモドキという名前はショウリョウバッタに失礼だとゴーさんが怒っていました。ショウリョウバッタの賢さにモドキは足元にも及ばないということでした。ほかにも何何モドキの名前をあげていましたが本家に足りものは少ないそうです。彼の虫の見方は他のインテリおたくさん達とはちょっと違い虫そのものを愛しているように思います。とてもユニークで楽しい人です。今だ、バッタとキリギリスの違いが分からない私には心癒される存在です。
[PR]
by somemonya | 2008-11-11 21:29 | みてあるき | Comments(0)

月曜は幸せ

2008.11.9(月)晴れ
月曜の朝というのは、気分がリフレッシュできていてつい鼻歌気分になります。特に天気が良ければ。今日も朝からウサギ屋さんの人形を縫っていましたが何か「里の秋」と言う唱歌が頭に浮かびます。すると何年か前に行った能勢の棚田をみどりの人たちと歌いながら歩いたのがよみがえりのどかな気分になりました。その歌詞の最後に出てくる「クリの実」から急にクリが食べたくなりました。と、先日友人からもらった渋皮煮があるのを思い出し、その渋皮煮からぜんざいが食べたいに変わり、いても立ってもいられずすぐに小豆を炊きました。アク湯がきをした後無水鍋で20分、火を止めて15分再び10分又火を止めて15分で出来上がり。渋皮煮が甘いので砂糖は使いません。連想ゲームのようにできてしまったぜんざいは昼食になりました。今日の月曜は思いっきり幸せでした。

大きなクリが2コも入った幸せぜんざい。冬瓜?と大根葉の塩もみと具たくさんのみそ汁。
e0090670_1934221.jpg

先月の中頃に見つけたアゲハ君。何匹も養えるミカンの木ではないので1匹だけ残し後は土の栄養になってもらいました。運良く生き残ったアゲハ君、昨日から木の幹にしがみ着いています。急に寒くなり葉のあいだ身を寄せているのか、外敵から身を隠しているのか、それともさなぎになる準備をしているのかさだかではありませんが、毎日見ていると無事育って欲しいと応援したくなります。ちなみにこのミカン、1.2年前に近所から頂いた新種で小さくて甘いミカンでした。種がたくさん入っていたので空いていた鉢にほりこんでいたものです。以前グレープフルーツも芽がでたことがあり葉が5.6枚しかないのに花まで咲きました。その時もアゲハ君が来て全て葉を食べ尽くされ枯れてしまいました。

10月16日:見つけたのはもう少し前で、5mmくらいで黒いうんちの粒でした→
10月26日:2.5cmくらい。日々大きくなるのが分かります→
11月3日:4cmくらい。前日8時頃までは黄黒のマダラ模様でしたが、1時間もしないうちにミドリになったそうです。(この日は撮影をしてすぐに出かけました)
11月9日:どういう気分の変化か幹へ移動。こんな狭い範囲でもさすが保護色すぐには見つかりませんでした。
e0090670_194416.jpg

今日のアゲハ君:葉の間に隠れているのを撮影の為葉をよけて、斜めから撮っています。
e0090670_1951450.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-11-10 19:05 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

手打ちうどんに挑戦

2008.11.4(火)晴れ
キラットさんへトラのぼりを引き取りに行きました。キラットさんでは毎月第1火曜は講師をよんで手打ちうどんか、そば打ちが体験できます(もちろん食べるだけでもいい)。私も一度は体験したくてこの日を選んだのです。この日はうどんの日です。自分の好きな太さに切れると言うのも魅力でした。粉、塩、水の量をはかり手でさらさら混ぜる。細かく粒状になればお餅のようにまとめる。それを足で踏むこと200回。一度折り畳んで又200回を粉が柔らかくなるまで続けます。踏んでいる間先生は蕎麦を打っていました。足をふみふみそば打ちも勉強。足踏みが終わって粉を寝かせている間にそば切りもさせてもらいました。大きな包丁を見るだけでも怖いし重たくて切れるのかと思いましたが、包丁は特製で軽くしてありました。私でもOK。先生の持って来られたうどんのたねでも、広げて切る所まで体験しました。キラットさんの昼メニューで出す分でした。後で私もいただきましたが私の好きな太めで腰もあり久々にうどんを噛みました。先生の言われるままにあれよあれよで終わり、頭には何も残っていませんでしたが楽しかったです。

うどんは屏風たたみにして切ります→先生が切ると早くて均一→
お昼も落ち着きアシスタントに来ていたT氏の即席マジックショー。朝から通りかかりの人やお客さんを楽しませていました
e0090670_18501589.jpg

今月のギャラリー・ノクシカタ展(特定非営利活動法人 国際エンゼル協会 )

ノクシカタは、かつてベンガル地方で母から娘へ,娘から孫娘へ と女性たちが連綿と伝えてきた伝統手工芸品のひとつです。 当時の社会的制約と忍従を強いられてきた女性たちが一針一針に 夫や子どもたちに対する愛情や多産、多幸への願いをこめて 作った手刺しゅうの製品です。
本来は長年着古した白地の木綿のサリーを5、6枚重ね合わせて台布 とし、赤と紺を基調とした刺しゅう糸で刺します。 さらに残った白い隙間もサリーから抜いた織糸で刺し子にし、全体 がちりめんのシボのようになり、やわらかく暖かい手触りになって いるのが特徴です。 女性たちはこの布に自らの宝物を包んでお嫁に行き、枕カバーや ふとんを作って愛する人の床を飾ったといわれています。
この素朴なつつましさがノクシカタの生命であり、バングラデシュの 誇れる民衆芸術の一つとして現在もベンガル地方の女性たちは この技法を正しく伝えていこうとしています。
e0090670_1851345.jpg

e0090670_18512521.jpg

時々昼ご飯  2008.11.6
この2.3日うどん三昧です。 キラットさんの店先で売っていた冬瓜のようなウリ科の野菜(ユウガオのように丸い)。スイカのようフルーティなにおいでそのままでもしゃきしゃきして食べられました。小鉢はそのまま短冊切りにして塩とゴマと夏みかんの皮をのせただけのもの。大きい鉢はゆがいてあんかけ。やっぱり冬瓜味かなあ?……。近所ではもう手に入らない太いうどん。もっと太いうどんに挑戦したい。
e0090670_1852266.jpg

[PR]
by somemonya | 2008-11-06 18:52 | みてあるき | Comments(0)