ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パートナーシップクラブ そめタデ講座

パートナーシップクラブ そめタデ講座
2009.4.4(日)晴れ
この3月から募集して始まったチーム・そめタデの企画、今日が第1回目でした。8人が来ました。初めての経験ですのでこのくらいが適当かと思います。なにしろ、スタッフとの相談はメールが中心でメールができない人もいて、午前集合が初めての相談に近い状態でした。スタッフや参加者の名札、配布資料の綴。種まき現場の下見などなど、すったもんだで何とか準備終了。早い目のお昼をすましスタンバイ。染色そのものの講師ならそんなにどきどきしなかったのですが、この講座はタデアイの一部始終ですので、歴史的背景から始めました。とりあえずは有名な染料植物の話から。私自身知らない事も多いのでその勉強や資料集めも大変でした。自分なりに台本作ってそれ見ながら話そうと思っていましたが、始まると字が目に入らず、記憶だけを便りに話すという始末で、皆さんに分かっていただけたのが非常に不安です。ただ、これプラス種まきや自然観察も入りましたので後で書いていただいたアンケートでは楽しかった、面白かった、これからも楽しみの言葉が綴られ何とか悪い方向ではなかったと思います。講座の間に、一部のスタッフは会報の編集や発送準備をし、全ての講座が終わった時にはパートナーの他の仕事も終わっていて予定以上に早く帰ることができました。

鶴見緑地入り口すぐ右に「いきいき地球館」が見えます。丸い建物で白で「いきいき地球館」の文字が入っている辺りに講座を開際する研修室があります→
スタッフは準備に大わらわです→
まっさんの司会で始まります。館長挨拶の前にクラブ会長の挨拶を入れてしまったよ
e0090670_0153091.jpg

染料植物の話が終わり、会長が種まきのデモンストレーション→
地球館横にある作業場でポットに土を入れ、種を蒔き、水をまき終了。まるでタコヤキ→
1月間温室で苗を育てます。さていくつの苗が育つでしょうか
e0090670_016568.jpg

自然体験園:
薬用園ではレンギョウ、モモがまっ盛り→
1月後にはチーム・そめタデの畑になります。今は大麦やパンジーが植えられています→
古代米田んぼでは昨年植えた麦達が順調に育っています
e0090670_017250.jpg

地球館の前には何種類かの枝垂れ桜が植えてあり調度見ごろです→
田んぼの横の道路を挟み緑地側には埋土種子からであろうクサイチゴの花が咲いています→
緑地前の道路の中央分離帯で春のオジギソウ(ハルジオン)がご挨拶
e0090670_0233258.jpg

[PR]
by somemonya | 2009-04-06 00:23 | ごきらくボランティア | Comments(0)

パートナーシップクラブ  定点調査

2009.3.27. 晴れ   北巽から勝山
この日は、京都のビオトープ研究会の報告会でもありました。迷いましたが、やはり生き物を見たいという欲望からパートナーの調査を選びました。別に珍しいものとか目的のものがあるというわけではありません。ごくごくありふれた都会の貧しい生態系ですが、そんな環境でけなげに生きるいきもの達が好きです。地下鉄北巽駅を上がり国道に沿って西へ真っしぐら。野草の生えるところは植栽樹木の下草くらいです。もう4月が来るというのに寒い日でした。途中、北巽公園や図書館横の公園などを定点調査し御勝山古墳で終了しました。以前天王寺の茶臼山は古墳ではないのではと書いたのは間違いだったようです。大阪市内には茶臼山、帝塚山、そして今回の御勝山と3つの古墳があるそうです。

国道173号線。地下鉄四天王寺へ続く→平野川分水の碑があります。北と南では同じ草でも全く大きさが違う→北巽公演へ行く途中の植栽にはハマヒサカキが。歩道の植栽ではあまり見た事がありません。
e0090670_041116.jpg

人には見向きもされない小さな虫を見つけては、説明するハカセさん→
北巽公演:以前来た時は人気は全くなかったのですが、この日はバーベキュウー宴会するグループがあちこち良い匂いをさせたいました。残念ながらお花の彩りはまだ早かったようですが→
八重の赤いモモ。ほんと?と思いましたが園芸品でであるようです
e0090670_054377.jpg

国道沿いには不気味なマスコット??
e0090670_061253.jpg

マツカレハ卵嚢を発見→
前方後円墳御勝山古墳は173号線(歩道橋のあるところ)で分断されている。方墳は普通の公演。アマリ大きくはないので豪族の墓ではと書かれていました。→
円墳は古墳の姿を残しています。以前の調査では中に入ったと思いますが、外から見ても木々が減っています。シジュウカラを2羽発見。今日のごほうびか元気にさえずってくれました
e0090670_065493.jpg

[PR]
by somemonya | 2009-04-06 00:07 | ごきらくボランティア | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅

2009.4.1(水)晴れ 桑名の町並み
年取っても青春、切符であちこちの旅、色々なことがありますが、今回はJR姫路辺りで人身事故がありダイヤが遅れるというアナウンスに、急遽1本早い電車に乗りました。発車2分前慌ててホームに向い、走ってギリギリセーフ。米原行き新快速はずっと満員でやっと座れたのが一つ手前の駅。米原から大垣は良かったのですが、大垣から名古屋へ向かう電車のホームの移動時間がほとんどなくたどり着いた時は発車寸前。老骨にむち打って又走り、飛び込みたいのですが満員で入る余地がなくすきのある車両へまた走り無理やりに入れてもらいなんとか。身動きとれない電車に乗ったのはもう思い出せないくらい古い過去以来でした。そんな中、すみませんすみませんと強引に前に進むおばさん連がいて、周りのけげんな顔もお構いなしに隣の車両へ行きました。はたと気がつくと自分も一人になっていて、あのおばさん達についていこかと思いましたがその勇気はありませんでした。そんなこんなで、名古屋から関西線で桑名に着いた時はすっかりくたびれていました。おまけに、すぐ昼食の予約がしてあり、お料理は美味しかったのですがお腹が満腹になるともう歩くのもいやになりました。しかし、ガイドさんにも来てもらい、止めるわけにはいきません。何もなかったような顔をしてこの日の浮世旅は始まりました。

名古屋駅ホーム→名古屋駅で守口漬けの看板発見。元々守口で栽培されていた細長〜い大根。名古屋の一部の地域で作られ、守口でも千林の老舗で売られています。
e0090670_154917.jpg

JR桑名駅を一望:JRの駅近くには近鉄線、三岐線の駅もある
e0090670_1545154.jpg

お食事(歌行燈)に向かって:JR、三岐線は平行して走っている→
老舗歌行燈→
定食:¥1300、桜の器が可愛い、おうどんの味が私には濃い。でもお汁もすすって完食
e0090670_1554345.jpg

八軒通り:戦前港(町の中心部)と桑名駅を結ぶ単線が通っていてそのなごりで道が広いそうです。戦時、鉄の線路を没収されそれ以来復興はないとのことです →
薩摩義士墓所:江戸時代、薩摩藩士に命じられた木曾三川治水工事に多額の費用がかかり、その責任を取って藩士達が自害したそうです。桑名の人々の協力もあまり得られなくいざこざがあったとも。色々やりきれないお話を聞きました。幕府が参勤交代のように薩摩藩のような大きな潘の力を削ぐ政策の一環でもあったようです→
薩摩義士墓所がある海蔵寺 
e0090670_158499.jpg

寺町の商店街→近くでお稚児さん祭があったようです。男の子の装束が山伏のよう→女の子のお稚児→本統寺山門:桜、本日の一番の見ごろ
e0090670_1583287.jpg

桑名城外堀:この辺りには何ヶ所外堀が残っていますがここは古い石垣が残っています→
諸戸住宅:多額な借金を節約で短期で返済し大富豪となった初代諸戸清六の住宅(国重文)。鬼がわらの左右が違い右はお伊勢さんへ向いている。→
六華苑:二代目諸戸清六の新居。イギリス人ジョサイア・コンドル(西洋建築師日本の祖)の設計
e0090670_1595073.jpg

手前が揖斐川で左端に見える水色の堰の見えるところが長良川:あの環境問題で有名になった長良の堰がここにあるとははずかしながら全く知りませんでした→
七里の渡し:東海道宿駅で熱田と桑名の宿の間が7里あり船で渡ったことからこの名がついたそうです。→
渡しから西へ東海道を歩く
e0090670_205221.jpg

九華公演:
桑名城跡地に作られています。花見をするのはここら辺りでしょうがまだちょっと早いようです。水路は桑名城の内堀。→
ショウブ苑。時間があればゆっくりお茶でもしたかったところです
e0090670_213465.jpg

[PR]
by somemonya | 2009-04-02 02:04 | みてあるき | Comments(0)