ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

喫茶きらっと・ミニギャラリー

2009.6.30(火)曇り時々雨
きらっとさんで、展示の飾り付けでした。今日は雨と言う天気予報を信じ、急きょ昨日にほとんどの搬入を終えていたのです。昨日は、準備日のつもりだったので何もしていませんでした。しまっておいたままの作品を出すところから始まり、アイロンあてたり、しわが寄らないようにまるめたり、搬入リストを書いたり、などなどそれをすべて午前中にしなければいけなかったの、もうてんてこ舞いでした。帰ってからも、追加作品の準備、飾り付けのシミュレーション等夜遅くまで作業が続きました。朝9時にきらっとおさん到着予定が朝も色々手間取り10時に。その間雨降らず。これまでの忙しさは何だったんかと天気予報を恨めしくも思いましたが、きらっとさんの2日間はスタッフの皆さんとの久々の再会で、てんてこ舞いは嘘のように忘れてしまいました。今回の展示は七夕一色にする予定でしたが網膜剥離で制作ならずで、今までに作った作品で天と地を表現してみました。テーブル席には七夕の楽しい雰囲気を。展示ボードには草地をイメージし、鶴見のミズアオイを中心に6.7月に見られる野草のコースターををちりばめてみました。
e0090670_2112492.jpg
e0090670_21122231.jpg

昼から、ボランティアグループの会合がありました。きらっとさんではこのような会議の場としても利用されています。→
本日のランチ¥550(セットコーヒー¥100)。アジフライは昨年導入された蒸しオーブンが使われ大幅なオイルカットがされてとてもヘルシーです。

e0090670_2113597.jpg

[PR]
by somemonya | 2009-06-30 21:13 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅「京街道10」

2009.6.13(土) 晴れ  淀〜伏見
すっかり雨男になったウッチーさん、おまけに梅雨入りと天候気になるところでしたが、全く雨降る様子もなく、暑くもなくゆっくり宇治川を見ながら歩きました。伏見では、お決まりのコースですが酒蔵や史跡を見、お酒に関係ある料理も食べ、同じようでも常に違った発見があります。たくさんの人と歩く面白さでもあります。
京街道の多くは京阪電車の線路上を通っています。今回の出発点「淀駅」では高架の工事がされており、完成すれば、下を京街道のコースにしたらええのにと笑い話が出ます。

にぎやかな商店街を歩きたいところですがあくまでも街道を忠実にという事で線路沿いを歩きます→
高架は競馬場の混雑を緩和するためなのかも知れませんが工事中の線路沿いには等間隔にガードマンが立っていました。人気のない所です。きっと変な集団に見えるのでしょうね。皆ですった競馬場も見えます。→
街道を忍ばせるように線路沿いにはお地蔵様が祀ってあります。伏見に近づくにつれお地蔵様は白くきれいな化粧がされています→
戊辰戦争東軍の死者を祀っている碑。この辺りになると明治維新の史跡が出てきます→ 
e0090670_21334660.jpg

淀には3つの公儀橋があり、船の出入りの拠点だったそうです。
横断歩道のところが川でそこに橋がかかっていたようです。渡ったところにその碑と説明板があります→
周りの風景が変わってもその地形から、歩いているところが堤防、一段下がったところが川であったことがわかります。細い道ですが、ここが京街道であることをここに住んでいる人は案外知っておられないものです。
e0090670_2134318.jpg

踏み切りを渡ると宇治川ですが、この辺りは松原が長くつづく美しい道だったようです。踏み切りの名「千両松原踏み切」がそれを語っています→
堤防に上がり、おやつタイム。宇治川が下に見え、その向こうには過去巨椋池(おぐらいけ)という大きな池がありました。その名にちなんでか偶然か、ミウラ屋さん「をぐら山」のおかきを配ってくれました。→
川の向こうには広大な巨椋池があったそうです
e0090670_2135210.jpg

車しか通らない堤防を老人グループは右に見える美しい風景を見ながらテクテク歩きます→
宇治大橋は車優先。人間は橋の下を通ります。我々にはその方が大歓迎ですが→
ワラビを見つけると皆さんの目は変わります。誰ともなくワラビ摘みです
e0090670_2135323.jpg

川沿いにはずっと色んな草花が見られ、オニグルミノ実や花もその一つです→
ちょっとわかりにくいのですが、堤防下と樹木の堺に咲いていたテリハノイバラの花が帯状にずっと。近くに寄れば匂いもよかったのでしょうね→
ひときわ黄色い色が目だったコウゾリナ。草刈りの後から出てきたのか小降りでした。時々ノアザミも混ざり赤紫とのコントラストがきれいでした。→
宇治大橋の下で見つけ、ケマンのなかまである事は確かですが、あまり毒性を感じない可愛い花でした。帰ってから調べてカラクサケマンと分かりました。
e0090670_2136390.jpg

宇治川の先には三栖閘門あります。その手前で高瀬川で合流し、そこを渡るのに少し迂回して石畳敷きの鉄橋を渡ります。町の中を通る高瀬川とは又おもむきが違い潅漑用水のように見えます。→
昭和初期のモダンな閘門が見えてきますと、近回りすると言って堤防を降りていく人がいます。あんまり近回りには見えないのですけど。堤防上り下りの方がしんどいような。→
閘門まで来ると、三十石船に乗って観月橋から来たという観光客が見られます。ここまで来ると観光地に来たという感じです。
e0090670_21364458.jpg

三栖鴻門は淀川へとつながる宇治川と豪川の間を船が通航できるように竣工され、大阪〜京都の貨物輸送に重要な役割を果たしたそうです。当時伏見港があり高瀬舟や三十石船などの発着点であり港町として栄えたそうです。現在伏見港公園として整備されています。

三栖鴻門の操作室が復元され資料館となっています→
公園内でお弁当のひととき→
豪川の向こうは伏見の町です。京阪電車からも見える所です。何かもの思いにふけさせるような景色です。
e0090670_21373043.jpg

伏見の町に入ります。いつも人の後ばかりついていますので、何回か来ていますが今だ方向音痴です→
市電発祥の地の碑(我が国における電気鉄道事業発祥の地)は老舗の和菓子屋の前にありました。→
今は影も形もない京橋。当然道路は川でした。三十石船の発着点で伏見で最も賑わったところだそうです→
京橋近くにあった道しるべですが、現在建設会社の敷地内にあり、近くへはよれませんでした。ここには他に2つの道標があり、それは全く見えないところにあり歴史的財産はもっと公開して欲しいと思いました。
e0090670_2138280.jpg

手前に見える橋が京橋
「淀川西岸一覧」元建設省発行のパンフレット原本は分久元年(1861)発行の木版画
e0090670_21384146.jpg

伏見では有名な酒蔵の景色(月桂冠)→
いつもなら最後ですが、ちょっと疲れてのども渇いていたこともあり酒蔵のレトロな建物(月桂冠)にも引かれティータイム。私は酒アイス。おちょこに入ったお酒をアイスにかけます。店を出際にミエさん、おこのみ屋行くん?ラーメン屋と違うん。この会話後で分かります。
e0090670_21391611.jpg

ウッチーさんお勧めの酒粕ラーメン。お店の人に頼み、1鉢を半分けしました。散々食べた後でも別腹の言葉は本当でした(玄屋)。→
伏見はおいしい湧き水がいたるところにあり、酒蔵、寺社行く先々で試水していました。それだけでもお腹満腹。最後の御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)の美しい名は、香りのよい湧き水が病の治癒に効果があったことで名付けられたと言われてます。もちろんここのお水も。ミエさんのオコノミヤではなくオコウノミヤ(御香宮)だったのです。立派な大きなお宮。その参道も長く松の木が印象的でした。
e0090670_21394575.jpg

[PR]
by somemonya | 2009-06-15 21:39 | みてあるき | Comments(2)