ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

みどりの会 平成浮世旅

2010.8.25(水) 晴れ 「青春切符で豊川稲荷の旅」
みどりの会も2人ダウン、8人の青春切符でした。大高から豊川まで半日電車で約3時間が現地。長い車中ですが乗り換えも適度にあり、おしゃべりしていると意外と時間が気になりません。大垣、醒ケ井等々過去に行ったところの地名が出てくると、過去の懐かしい思い出話もで話題にこと飽きません。お昼に豊川へ着き、各自好きなの店へ。私と2人は名物稲荷寿司色々セットを食べました。もっと沢山の種類があると思っていましたが意外と少なく、味付けも関西の人間にはちょっとひつこい。しかしこれがこの土地の味ですし、お店によってこだわりも違うようでした。

豊橋駅飯田線へ乗り換え→豊川→駅前
e0090670_0365144.jpg

和食処「松屋」
玄関はお座敷が見え、和風ですが奥のテーブル席はナントなくエキゾチックな部屋でした→
おしな書きの下には、あげや寿司米のこだわりの産地が書いてありました→
1こずつ種類が違うイナリセット。味噌かつトッピングを入れてイナリの全メニューでした
e0090670_0371693.jpg

豊川稲荷ではボランティアガイドさんが親切丁寧に案内をしていただきました。なかなかよく調べられいて、言葉上手に飽きることなく解説していただき約1時間くまなく見学しました。最近はどこへいってもこのようなボランティアさんがおられ、短時間で沢山見て回れます。
豊川稲荷は神社ではなく妙厳寺とうお寺でご本尊は千手観音菩薩です。その鎮守として白狐にまたがるダ枳尼真天を祀っています。

総門からガイドが始まります。とても質の高いボランティアさんでした→山門→立願所
e0090670_038224.jpg

本殿→
おさすり大黒天:皆がさするので、その部分がすり減っています→
霊狐塚参道:霊狐塚には願い事かなった人たちが奉納したお狐様がたくさん祀られていました
e0090670_039247.jpg

最後は豊橋に戻り、スターバックスでお茶飲みながら、いろんな市電を見て楽しみました。バスも色々あって面白かったです
e0090670_0395984.jpg

e0090670_0402392.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-30 00:42 | みてあるき | Comments(0)

猛暑のめぐみ?

2010.8.27(晴れ)
メロンさん、なんと雌花が咲いていました。昨年は雄花ばかりで9月の半ば頃にそれらしき芽がありましたが、葉も枯れ始めていましたので、それ以上育つことはありませんでした。季節外れに種を植えているのですから、花が咲いただけでも喜んでいました。今年は猛暑で気温が下がらないことが影響しているのでしょうか。それともあの熱い鉄柵の温度も関係あるのでしょうか。お水をあげる意外ほったらかしのプランターでよくぞ咲いてくれたです。明日からまた楽しみが一つ増えました
e0090670_22353388.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-27 22:35 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

暑さ知らず

2010.8.24(晴れ)
メロンさんにびっくりしています。巻き枝を出してあの何十度とある鉄柵をにぎっているのです。直径1ミリ程度の細いえだにどんな仕組があるのでしょうか。そして毎日雄花を5こほど着けるようになりました。夕方に収穫しシロップ漬けにしています。
e0090670_012353.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-25 00:12 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

京都ビオトープ研究会 親子自然観察会&ザリガニ釣り

2010.8.21(土)晴れ
堀川通の歩道橋を降りかけた時イチヂクの匂いがしました。そう言えば、ここに調査を来始めた時に1mくらいの実生が有ったのを思い出しました。学校横と歩道橋下と言う狭い場所で(その当時は感じませんでしたが)約10年、沢山の実を着けていました。立派に育ったイチヂクに感激しました。
梅小路公園は水族館こうじが始まっていて、長いフェンスが続いていました。長年利用してきて事務所も壊されるそうです。未だ海のモノがここへやって来ることに釈然としませんが、地域の人々が決めたことですし、どんな環境になろうと生き物は淡々と生きるだけですから。
e0090670_042653.jpg

恒例となったザリガニ釣りですが、今年はいつも使う一番大きな池に全くザリガニがいませんでした。原因は、吸い上げポンプがつぶれて一時水が無くなったからではと言う管理担当者の話でした。自然観察会はともかくザリガニ釣りだけを楽しみに来ている子供達ですから、1匹だけでも釣らせてあげたいし、見せてあげたいですから、池の上からでもうじゃうじゃいるのが見える通路側の池で釣りました。例年に比べると少ないですがそれでも90匹とれました。このザリガニとオタマジャクシでもう何年も不毛の池となっています。

午後からは月例観察会でしたが、やはり暑さのせでしょうか、来られたのはたったの3人でした。それでも、チラシを見て大阪からきた人がいました。この日は、植物基礎講座で花の構造を見ました。が、花そのモノが少なく、おかげでサルスベリをゆっくり見ました。あまりにも特徴的な花ですので、じんわり見ていなかったのですが、花びらに柄が有ったり、雄しべの色が2種類など意外と面白く、これで結構時間をとってしまいました。いのちの森では、さなぎ?に擬態したガにすっかりだまされました。それなりに見る物はあるモノで、皆さまには何とか満足いただけたようです

ショウブの池と名付けました池の回りに少し生えるくらいしか残っていません→
サルスベリの観察→
触るとあっという間に飛んでいきました
e0090670_0105490.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-25 00:07 | ごきらくボランティア | Comments(0)

パートナーシップクラブ 大阪市庁舎屋上調査

2010.8.19(木)晴れ
市庁舎前に来るとミストが目に入り、玄関遠回りしてミストに当ってみましたが、風邪が逆方向で暑さ変わらず。わざわざ近寄って生ぬるい空気に当っただけでした。ただ、見ていると涼しい気分になりそれなりの効果があるのでしょうか。
e0090670_0234567.jpg

実は午前中に会議があり、すっかり忘れていて慌てて出てきたものでですからのどがカラカラ。少し時間がありましたので地下売店で缶コーヒー買いに行くつもりが、食堂でモーニングの贅沢をしました。いつもはお昼しかこない所ですが、いい機会かと思い何となく衝動的に入りました。ホットしか飲まないのにアイスを頼んだりしてこれも暑さのせいでしょうか。。ほとんどお客がいなくてお昼とは全く違った静かな空気、野菜がたっぷりも気に入って、気が焦っている割には優雅な朝食をしてしまいました。
e0090670_0241265.jpg

午後からは、連日の暑さで屋上は温風状態。いつもより3.40分短縮しました。この日は、捕虫トラップの仕掛けをするのでそれを見学させてもらいました。毎年していますが自分の調査が忙しく今回が初めてでした。,回収は1週間後です。

容器に塩のかたまりを入れます。かなり濃い塩水です。水を腐らせないためだそうです→
手で全て溶けるまで混ぜます→
洗剤(ママレモン)を入れます。中に入った虫を沈めるためだそうです→
北と、南に配置しました(画像は北側)
e0090670_0251831.jpg

大阪市が勧める緑のカーテン(ゴーヤ)とじゅうたん(サツマイモ)。カーテンの裏は3.4度低い。
収穫したゴーヤは食堂のメニューになってますが、今回も早々に完売で食べられませんでした。
e0090670_0254941.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-21 00:26 | ごきらくボランティア | Comments(0)

小さな喜び

2010.8.15(日)晴れ
土日に家にいるのは久しぶりでした。部屋の模様替え、大掃除、きりなく溜まったものはありますが、その一つ柿渋で染めた手袋の仕上げをしました。手袋は調査の必需品で消耗品。まとめ買いしますが、今使っているものは間違って大きいサイズを買ってしまい、仕方なくシャーリングして小さくしています。実に余計な手間ですが仕上がると上等品ができ怪我の功名と言いますかお気に入りの一つになりました。お気に入りになると落としてしまわないかと気が気でなく、用心しているのに落としてしまいます。意外にドジなんです。で、補給の仕上げをしていました。半日かかりましたが、仕上がるととても幸せな気持ちになりました。興味のない人にはこの喜びは分からないでしょうが、モノ作りは豊かな時間を過ごし、使うことによりその時間は延長されます。染めもん屋さんになって身につけたとても安上がりな幸福感です。
藍色のところはタデアイの生葉をこすったものです。上手には作れませんが、たったこれだけのことで調査が楽しみです
e0090670_23375040.jpg

回復してきたミカンです。近寄ると柑橘類独特の匂いがします。とても好きな匂いです。そして、こんなしょぼい葉にアゲハは容赦なく卵を産みます。何日おきかに卵や幼虫を見つけてはやっつけています。しかし、ほとんど在宅し、休息には見つめていますのに未だ親を見たことがありません。いつやって来ているのでしょうか。手前のミカンの鉢にはいつごろかコニシキソウが生えてきました。本来地をはっている姿を見ますが、鉢の中ではそうにはいかず、立ち上がっています。花はとても小さく虫目がねで見ないと分からないでしょう。アップした白い所は花ですが花びらではなく蜜腺の付属体と言うそうです。茶色く見えるのが蜜腺です。緑の茎のようなものは、下に見える丸いもの(子房)の柄です。見れば見るほど変わった花です。ガクも花弁もない雌花1個と雄花数個が1この花序で、そこに数個の腺体があります。しかも子房の柄がたれると雄花1個に1本の雄しべが出てくるそうです。写真の黄色の点がたぶん雄しべだと思います。まだ面白いのは、種子はアリが運ぶことが知られています。アリは巣にもって帰った種子についている物質をとると、種子は外へ捨てるそうです。こんな小さな花にすごい知恵があることに驚きます。今度はアリが種子を運ぶ所を見たいですが、アリの種類もあるそうでここにそのアリがやって来るのでしょうか。
e0090670_2342162.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-16 23:42 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

パートナーシップクラブ 8月定点調査

2010.8.8(日)晴れ 「淀川・ツバメのねぐら調査」
前回の調査は確か2007年でした。その時は、うそのようにツバメはきませんでした。8月末の調査で、もう帰った後だと何処かの団体に言われました。それを踏まえ今回は早いめにしました。噂ですと、もうこの辺りにツバメは何年も来ていないとか。確か前回着た時の調査地はスーパー堤防に改修され、右岸はずっと続けられていたようです。確かに、右岸の様子はすっかり変わりました。以前少なかったアレチハナガサばかり目立ち、とても貧相な植相で暑さもありましたが調べる意欲が失せてしまいました。堤防に足を延ばし、涼しい風に当り、ツバメが帰ってくるのを待っていました。遠くに浮かぶ雲がきれいで、大阪の空もきれやんと言いますと、市の環境科学研究所へ務めているKさんがそれは事実でそのおかげで自分達の仕事が減ったと言ってました。そして雲の発生がどのようにして起るのかを話てもらいました。そんなかんやしていて時間を過ごしますが、肝心のツバメの姿を見ません。日が暮れてもとうとう帰って来ず「以前ツバメのねぐら観察」になりました。
前回は慰めのゆようにチラホラといてたツバメが、今回はたった4.5羽見ただけで、カワラヒワの群8羽の方が多い状態。ツバメはどこで夜を過ごしているのでしょうか。

ワンド:スーパー堤防はヘラオオバコの群生でした。ワンドもしばらく来ていませんので、秋に一度調査したいです
e0090670_23145165.jpg

右岸100円橋下流:以前の調査地はワンドに改修されていました。面白い植物が見られた所です→
シロネ:久々に見ました。以前よりかなり増えていました→
アメリカフヨウ?:フヨウの仲間ですが以前にはありませんでした。あちこちにありました
ジャンボタニシ卵;これもあちこちに。下に見えるナガエツルノゲイトウは特定外来種。ここにはホソバツルノゲイトウが生えていました
e0090670_23152673.jpg

雲の間から見える青空:100円橋より→
堤防で休息:ここでも雲のウンチク
e0090670_23162454.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-09 23:16 | ごきらくボランティア | Comments(0)

メロンメニュー2

2010,8.5(木)晴れ
朝目が醒めるとベランダへ。今日もメロンが咲いていました。なぜかホッとします。その後昨日、エナジーホールでなんヶ月もかけて制作していた作品が完成し、朝食いただきながら眺めていました。時間かけて、何回も色をかけたおかげで深く力強い作品になりました。納得です。市展に応募しようと思います。気分良く今日もメロロン王国に入りお仕事ができました。夜はメロン花をどのように使おうかまたわくわくします。と言ってもたッたの1個ですので、深く考えるほどのことでもないのですが。北海道で買ってきた乾燥ホタテをもどしたもの、乾燥フノリ、わかめで酢のものに。その上に彩りとしてのせました。甘くはないのですが、ウリの香りがして甘く感じます。先日、同じウリ科のニガウリの花を食べましたが、少しにがい味がしました。花の味と実の味は似るのでしょうか。こうなるといろんな花を食べたくなります。それからフノリですが、北海道でお食事に出てきたのですが、隣りの人がフノリと言わなければ、そのままお腹に入っていたことでしょう。フノリといえば、板スルメのようなものを溶かしてノリとして利用するもとしか思っていませんでしたので、食するのにはびっくりしました。ひじきのような、色も赤っぽく本当の姿を初めて知りました。しかもこりこりして美味しい。地元の人はおつゆなどにそのまま入れるそうです。珍しいし、食べ方も簡単なので買って帰ったと言うわけです。昼は、なかなか食べれないですが、夜はご馳走で幸せ一時でした。
e0090670_2230484.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-05 22:30 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

お初

2010.8.4(水) 晴れ
1週間家を空けている間に、ベランダのプランターは悲惨な状態になっていました。サクランボと一緒に入っていたバナナは完全に枯れてしまいました。タデ、ミカンはひん死の状態。ここで、乾燥に強い、弱い種がはっきり分かれ、そこからよみがえったもの、なかったもの、我が家のビオトープの新たなドラマが始まります
e0090670_20522737.jpg

ミカンは北海道へ行く1週間前に今年初めてのアゲハの幼虫を見つけ、かわいそうだけどやっつけていました。昨年アゲハに食べられた枝には葉が育たなかったからです。そうしている時に、何とカマキリの幼体と目が合いしばらく見つめていましたが、慌ててデジカメを取りに行きました。我が家で初めてのお客さまです。戻ってきた時にはどこにいるのかさっぱり分かりませんでしたので、ミカンの裏側をやみくもに撮りました。どこからやって来たのでしょう?はたとアゲハ幼虫は食料ではと思い、幼虫退治はやめました。それから帰って来ての惨状。葉っぱはすべて枯れていました。幼虫が育つはずもありません。せっかくやって来たカマキリさん、たったの1回しか見ていません。みどり多いベランダを探し放浪しているのでしょうか。それから1週間水をやり続けたおかげで葉芽がでてきました
e0090670_20531480.jpg

メロンは6月にいただいて、たねをまいておいたものです。昨年の2番せんじです。水なしの状態でも出かける前と殆ど変わっていませんでした。砂漠の果物ゆえんでしょうか。そして、今朝花が咲いていました。夜のメニューを急遽おソーメンに変えました。花は、高級や並とは関係なく同じ味でした。今取り組んでいるメロロン王国に花の味を出せるでようか
e0090670_20585850.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-04 20:59 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

パートナーシップクラブ  観察園調査ほか

2010.8.1(日)晴れ
時々ブログにも書いていますが、鶴見緑地内にある大阪市立環境学習ルーム・いきいき地球館にある自然体験観察園の生き物調査が10月より、調査員を公募し、始まります。その、調査員養成や調査のホローをパートナーシップクラブに依頼されています。クラブではその本番に備え、調査票や調査エリア、コースなど予行的に実践しました。新会員を養成する為にもいい機会でしたが、狭い範囲とは言え12箇所のエリアを軽く回るだけでも1時閑かかり、全くの初心者が入ると、前途多難です。暑さも有り、どっと疲れてしまいました。午後最後のミーティングで省略的なことを提案しましたが、園内管理をどうするかのデータになるため、エリアの違いを知るためには、ある程度細かな記録が必要でむしろ項目が増えました。これだけの活動だけでしたら問題はないのですが、この後に、まだ色々あります。活動としては大変有意義なことは良くわかっていますが、頭が痛いです。調査のことで頭いっぱいで、デジカメも忘れてしまいました。ただ、最近入った会員の方々が熱心に参加されているのが、嬉しく、少しは心も晴れます。

午後からの作業
手前は7月25日真田山調査で拾ってきた蝉の抜け殻を、雄雌に分け数を数えています。その横は編集した会報を袋詰めする流れ作業→
7月5日に一番刈りしたタデアイの乾燥葉を葉と茎に分けています→
観察園で調査した地図を大きな用紙に正書しています。こうしておけば、そのまま展示物として使えます。細々とすることは沢山あり、やすむ暇なく、みなさん働き蟻のように動きます。
e0090670_222464.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-08-02 22:02 | ごきらくボランティア | Comments(0)