ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

リニューアル

2010.9.27 曇り
気温が急に下がり、布を乾かすのに時間がかかります。そんな時間の合間と昨日でボロボロのクッションがやっとリニューアルできました。このクッションは娘が学生の頃に夏休みの宿題か何かで作ったものでした。作った本人は作ったことすら忘れているでしょう。クッションだけではありません。エプロン、リュック、ペーパーナイフ、作って終わり。それを私がせっせと使っています。ただ、もったいないからで、このクッションも中のワタが問題なく使えるし長年使っていると愛着がわき作り直すなら同じものをと思いました、顔は幼女から少女に成長させました。やはり自分が使うものを作るのが一番楽しいですね。それにおニューが嬉しいです。
e0090670_23544431.jpg

そうそう。あの幼虫さん残りの葉っぱを食べ尽くして出ていきました。例のごとくベランダ中を探しましたがいませんでした。よそのベランダで無事サナギになっているのでしょうね。ミカンさんはまた再生してくれるでしょうか。
[PR]
by somemonya | 2010-09-27 23:57 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ベランダビオトープのドラマ

2010.9.24(金)曇り
急に寒くなり、アゲハの幼虫さんを見にいきましたら、鉢の下の方でじっとしていました。葉がほとんどありません。その貴重な葉に又小さな幼虫がいました。この幼虫はやっつけましたが、どうみても今日限りの食料しかありません。心配で夕方見ましたら、葉は食べられておらず、幼虫も朝見た位置と同じでした。手前にもう一鉢ミカンがありますが、それに気がつくのでしょうか。しばらく目がはなせません

9月20日の幼虫→9月24日
e0090670_1403670.jpg

サクランボかなと思っている実生、ひょろひょろと1本立ちで、先日の暑い日が続いた日に葉が黄色くなり倒れるかと思いましたが、しばらくすると沢山葉を出し背筋を伸ばしました。短い枝を出しているようにも見えます。同じ木でもミカンは低い時期から枝を出ししっかり立っていますが、この木は一向に枝を伸ばす気配がありません。以前、観察会で金持ちの木、貧乏の木と言う面白い話を聞きました。枝を出して次の世代に託す木は世話がかかりお金がかかる贅沢な木で金持ちの木、針葉樹のようにほっといてもまっすぐ伸びる木は世話がかからない貧乏の木というそうです。それからいくとこの木はいまのところ貧乏の木でしょうか。桜の仲間だとすると、いつか金持ちの木になるのでしょうか

同じ鉢から今年出てきた実生は草本のイノコズチでした
e0090670_1412648.jpg

メロンさんは順調に大きくなって直径8センチくらいです。これから気温が下がると成長は止まるかも知れません。毎日沢山咲く黄色い雄花もだんだん小さくなってきました
e0090670_141529.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-09-25 01:41 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅

2010.9.22(水)晴れ 「神戸三ノ宮旧居留地跡を歩く」
企画した時の催しはわからなかったのですが、ボストン美術館収蔵浮世絵展でした。個人としては特別興味のある内容でもなかったのですが、初めて来ましたし、この博物館も登録文化財でもありますし、中に入ることが目的でした。しかし、はたと考えれば実物の浮世絵をみるのは初めてでした。版画に関しては絵のデザインよりその技術のすごさに溜息が出ます。予定時間1時間半はあっという間でしたが、いいものを見せていただきました。
この辺りは旧居留地の建造物が未だ現役で点在し町名もそのまま使われています。隣の街でありながら、全くの無知でこのような知識も案内のN子さんに教えてもらった受け売りです。有名所の外形と中を見学。ほんの一部しかいけませんでしたが、いいものはいいものとしてずっと使って欲しいなあと思いました。

25番館:神戸の中心地ですが大阪のようなにぎやかさはなく、人少なめでした→
神戸市立博物館:旧横浜正金銀行神戸市店(昭和11年建造)
e0090670_21301572.jpg

レンガ製下水導管:現役で使われている。15番館東側展示→
15番館:旧居留地最古の異人館、国の重要文化財に指定されたが阪神淡路大震災で全壊。復元され現在レストラン→
15番館レストラン:ここでランチタイム。時間をかけ(人手不足なのか、なかなかでて来ませんでした)ゆっくり会話を楽しみながらいただきました。のんびり食べえて会計にいきましたら大勢の待ち客がいてビックリしました
e0090670_21315433.jpg

チャータードビル;回転ドアが楽しい→
大丸インテリア管(商船三井ビル):中央の丸い銅版にはピーコックと思い気や帆船の模様が彫ってありました。雰囲気はやはり大丸です→
海洋ビル:外装のでこぼこが他のビルに比べるとにぎやかでした
e0090670_21331471.jpg

ぐるっと回り、三ノ宮神社でお参りして記念撮影をしました→
ついでに南京町に寄り道。いつもこのように沢山の人が来るのかはしませんが、中秋祭で賑わっていました。夜は、キラキラ光る満月がきれいでした
e0090670_213439.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-09-23 21:34 | みてあるき | Comments(0)

おもしろ1週間

北河内自然愛好会「鳴く虫」を聞く
9月12日:淀川のすぐそばに残る田んぼ。都会にいて近くにある数少ない場所です。ヤチスズと言う湿地性の虫の声を聞けるのも、ここにきて初めて知りました。
日が暮れ虫達が一斉に鳴き始める前に一休みします。いつもながら淀川の夕陽は奇麗です。そうこうしている内にも虫達が鳴き始めます。土手にクズの群生ができてからスズムシと、クツワムシがものすごい増えました。今年の猛暑のせいでしょうか、虫の数が少ないように思いました。
e0090670_11575829.jpg

ベランダビオトープ
9月14日:飛来したアゲハチョウを初めて見ました。ミカン荒しとの嬉しい対面でした。何処かへ消えては現われヒメマツバボタンや、メロンの花の蜜をすったリ、産卵したり、しばらくうろうろしていました。
9月19日:アゲハの幼虫を見つけました。ずっと出詰めで見のがしていました。もう3センチくらいになっているので養うことにしました。ただミカンの葉っぱが足りないように思います。
e0090670_11583314.jpg

9月17日:メロンの雌花が結実しました。メロンのことはあまり知りませんでしたが、葉のきわに1個ずつついて何日かおきに咲きます。結実しないかと期待していましたが、昆虫もあまりこないし、たった1本しかない株ですから、とても無理だと分かり、前日近くの雄しべの花粉をつけました。この日の子房は前日より明らかに膨らんでいました。
9月20日:果実は毎日確実に大きくなるのが目で分かります。下に見える新しい雌花ですが、これも人工受粉してみましたが昨日とあまり変わらないので、うまくいかなかったかもしれません。
e0090670_11592271.jpg

鶴見緑地環境学習会下見
9月15日:大池のそばにある花壇と草地で昼間の一時を楽しんでるようなアオサギをみました。このような場所でのアオサギを初めて見ました。池の魚が少なく草地の昆虫を獲っているのではないかという専門家の意見でした。アオサギの餌は魚だけではないのだと当たり前のことに気付かされました。それにしても、草地にいるアオサギは暑さたまらず涼んでいるように見えます
e0090670_11595086.jpg

クスノキをよたよた登るハラビロカマキリ発見。樹上で何種類かの鳥を見ている時でした。もっと早く歩かないとと見ていてはらはらしますが、身体を揺らしながら歩くのは、ご本人葉っぱのつもりらしいです。早く歩くと逆に昆虫とわかってしまうのだそうです。なるほどです

水路ではサジオモダカが花を咲かせていました。そろそろ終わりますので学習会では見れないかもしれません。
e0090670_1202095.jpg

パートナシップクラブ大阪市庁舎屋上調査
9月16日:ツルボの花が咲いていました。このツルボ、春先葉を出し、一度枯れ、今頃花茎を出し花を咲かせます。ヒガンバナと同じです。このことが分かったのはこの日の調査でした。毎年まだ寒い頃根元が赤紫のヤブランのような細長い葉をあちこちで見つけていましたが、ずっと種名が分かりませんでした。この葉の前に目印のカードをたてどのように成長するのか見張っていたのですが、途中でいつも見失っていました。他の草に覆われて地上葉は枯れてしまうのだろうと思っていました。調査員の一人があの葉はツルボではと言いはたと納得しました。地上に出ている少しの葉が、春先に見たのと同じでした。長年の謎が解けた瞬間でした。胸のつっかえがやっと降りました。
e0090670_1205960.jpg

パートナシップクラブなんばパークス調査
9月19日:なんばパークスに参加したのは2回目で、1回目はパークスができた頃だと思います。野草を調査しているものにとっては魅力のない所です。虫食いの葉は無く、下草の雑草と言われる物も皆無で農薬たっぷりだろうなあと思うと共に行き届いた管理に感心もしました。植栽のヤマザクラの樹形は万歳をしているように真っすぐでユニークでした。限られた空間で他の植物と共生させる工夫なのでしょうか。ここの植栽を見ていますと、とにかく見た目の美しさを追及しているようです。園芸人の熱心さも伝わってきます。暗くなって虫の声を調べましたが、主に樹上にいるカネタタキ意外はほんの少しいる程度でした。鳥も見つけたのは、人がこぼしたおこぼれを食べるキジバトのみ。ここは多くの人に利用され、緑少ない都会にとっては虫や鳥の害がない安心してくつろげるオアシスなのでしょう。せちがない世の中、緑と親しむ第1歩としては適当な場なのかもしれません。
e0090670_1213186.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-09-20 12:01 | みてあるき | Comments(0)

エプロン

ローののりが悪くなってきました。筆につけたローが部屋の温度が低いと早く固まってしまうからです。外は暑いですが、秋の訪れはこのローののりでもわかります。友人にプレゼントしたくて製作したエプロンです。この動物シリーズのエプロン、歩くオブジェのようで気に入っています。販売用にももう少し作リたいと思っています。

エプロンさる前です
夏ように薄手の綿布を使っています。サイズも少し短かめ
80cm×74cm
e0090670_21584778.jpg

エプロンウサギ前です
93cm×84cm
e0090670_215972.jpg


エプロンこざる前です
159センチの私ではひざ下の長めです。前をボタンにして取り外しを簡単にしました。ひもは長めにしていますので男性でも十分使えます。家の中でつけるのも楽しいけど、お花屋さんや喫茶店や飲み屋のマスターがつけていたらきた人も楽しいだろうなあと思っています。

R829 エプロンこざる前です
素 材:綿
サイズ:95cm(長さ:頭から足先)×85cm(幅)
 腰ひも55cm 首ひも50cm
e0090670_21593874.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-09-11 21:57 | ぎゃらりー | Comments(0)

パートナーシップクラブ いきいき地球館観察園調査ほか

20109.5.(日)晴れ
陰のない所での調査は地獄の一言。しかし、正確な情報を残さないと調査の意味がありません。小さな観察園に13ものエリア別に調べています。その中に田んぼがありますが、この田んぼを綿密に調査したのは初めてです。今年の春からずっと見ていますが、意外なものを見つけました。ウリカワ、デンジソウです。どちらも、田んぼの雑草と言われていましたが、近年市内では田んぼが減り、デンジソウは見られないのではないでしょうか。この鶴見のデンジソウは同じ観察園の池に植栽されていましたので、たぶんそれが残っているんだろうと思っています。当の池ではもう何年も前から姿を消しています。経費削減のあおりで、草引きの回数が減って、デンジソウやウリカワなど水草が息を吹き返したのかも知れません。秋も楽しみです。以前書きましたように来月10月から調査隊が発足します。予行演習も兼ね先月からクラブの人達と調査していますが、地図のエリアの中に書き込むと言うのが、意外とできません。自分のいる場所と地図を一致させるのが慣れていないとできないからです。全く初めての人たちと始めるのですから、ちょっと恐ろしいです。草を楽しむ余裕があるのでしょうか

研修室では、手作り石けんの講座をしていました。わがクラブでは、石けんの正しい知識をつけ、エコな石けんをつくるため、必ず講習を受けなければいけません。
盛りだくさんのクラブ活動で石けん講習の後昼食、そして、会報(地球館ファミリリー)を編集する人、タデアイを刈取りにいく人、観察園調査をまとめて地図に書直す人とそれぞれ分かれていきました。
会報発送、会議と皆が集まり終了したのはいつもより30分遅れでした。

観察園調査の様子→同じような田んぼ、どこを歩いているのか分からなくなります
手作り石けん講座→クラブでは出張講座もします
先月刈ったタデアイの乾燥、茎と葉に分けています。座りながら和気あいあいと進める作業は、疲れた身体がほぐれます
e0090670_1611525.jpg

[PR]
by somemonya | 2010-09-09 16:11 | ごきらくボランティア | Comments(0)