ちえこさんの奮闘記
by somemonya
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

初入れ

2011.1.31(月)晴れ
今年はじめてローを入れました。今日は天気がいいので外を見ながらお仕事したいところですが、エナジーで初めていた友人のプレゼント木曜までに仕上げなければいけない染めです。昨年綺麗にしたロー鍋、何でも綺麗は気持ちいいですね。鼻はもう慣れてしまいローの匂いは全く分かりません。やはり、近所から苦情が来るのが一番こわいです。もう30年ほどここでやっていますが今のところ苦情を言われたことはありませんが、できるだけ迷惑にならないよう、あまり匂いのきつくないローを使っています。
今日のは単純なロー入れではなかったので、自分の自由な線が描け気分良かったです。いろんな技法がある中で、最初に教えてもらっという理由もありますが、何より自分の意志がそのまま表現できるところが気に入っていてちえこさん向きの技法です。ローは防染(染料を入れたくないところにローを置く)に使いますが、その置いたローの厚さで色々と面白い表現ができ絵の具で表現するのとは決定的に違います。又、熱いローが冷えないうちに置けるところまで置くというスピード感と、染料とローの境界線が力強く表現されます。多くの染色家はこれを美術として発表されていますが、私はこのような素晴らしい表現が生活の中で活用されることが普通の人々がハイレベルな美意識を身につけ作り手の暖かさを感じるのだと思います。手仕事はコストが高くつきますがそれなりの値打ちはあり、そのような作品を残すこ人も必要だと信じています。ともあれ、滑りこみでセーフで1月内に初入れができ今年も本格スタートがきれました。ホッ

ローが飛び散らないように、ロー筆がいつも温まっているようにと長い年月の間にこのようなスタイルになりました。おかげでこのロー鍋25年現役です。その前はお金もなかったので天ぷら鍋を使っていました(これも12年使っていましたしまだ使えます)が大きいのでこのコンパクトに変えたのです。
e0090670_2364472.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-01-31 23:06 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

北河内自然愛好会 総会

2011.1.30(日)晴れ
朝風呂に入り、残り湯でソーピング。90%辺りまで来たところでタイムリミット。最後の洗いを残し、北河内自然愛好会の総会へ出るべく家を出ました。別に急ぐ必要はないのですが、会合の準備を手伝おうと思ったからです。ずーっと何も考えず出席していましたが、3,4年前会合で出るお茶やおやつ、受付など誰かが早く来てお世話しているとはたと気がついたのです。同じ運営委員、それから早く行くようにしていたのですが、着いた時はいつもすでに終わっていて、今年こそはと早く出たわけです。初めて間に合いました。初会合やはり新年のご挨拶からでした。総会は会計報告、今年度の行事計画、予算などをシャンシャンで可決し、会員の発表があります。今年は、交野市で計画されている創造の森」の経緯や展望をそれにずっと関わってこられた地元の人の話、定年後ご夫婦で回られている100名城、100名山の話と北アルプス縦断の様子を映像を交えての話の発表がありました。とりわけ、後の話は老後を元気で楽しく過ごそうとする仲の良いご夫婦に微笑ましさを感じつつちょっと羨ましくもありました。趣味が同じというのはいいですね。最後は、会らしく花当てクイズ。北河内でよく見られる60種と番外編8種の花の写真の名前当て。ほとんどは知っているはずですが、ちょっと角度を変えて撮ったいじわるな画像とパッと名前が出てこないもどかしさ、意外と細部を知らなかった花など間違い多くに悔しさとちょっとあった自信が吹っ飛びました。その後有志で2次会。毎年同じ飲み屋さんです。私もこの5,6年あたりから付き合うようになりました。大阪弁いわくおもろい人種の集まりです。これも長い間に培われた信頼でしょうか、それぞれの個性が自然に現れ、どなたも魅力があり話していてとても楽しいです。

早く着きましたが、すでに準備は始まっていました。20年以上続くこの会、深い絆で結ばれている人達が動くことによりスムーズな運営に結びついているのだと思います。
e0090670_022470.jpg

昭和60年に計画が持ち上がった創造の森:予算無くしばらく棚上げ状態だったようですが、大阪府のアドプトフォレスト制度(たしかそうだったと)でオムロンという企業が手を上げ、計画復活しこれから事業が進んでいくようです。アドプトフォレスト制度:

アルプスルートを解説:連なる山々や雲海や日の出など目前に広がる雄大な自然は、下に咲く小さな花など眼中に入らないでしょう、ただただ見るだけ。画像だけでも感激しました→

花当てクイズ:おおっぴろげのカンニング、皆が真剣な割には回答が低いと出題者は嘆いていました。
e0090670_0353187.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-01-31 00:31 | みてあるき | Comments(0)

まだ新年

2011.1.29(土)晴れ
もう1月も終わるというのに、新年のご挨拶でした。ローズマリングというノルウェーの伝統ペンディングの新年初顔合わせです。先生のYUさんは近所ですからもう何回かあっていますが、一緒に習っているAさんとは初めて。もう何回か紹介していますが、先生ちでお昼付き。美味しい手料理目当てと月一の友人との出会いを楽しみにしています。今日は昨年暮れに甥御さんが釣った大きなタイの塩焼きにありつきいつもながらの食い扶持の良さでした。ただ、ここの寒さは冷蔵庫並で、暖房もありガンガン着込んできますが、体があたたまることはありません。まあ、不まじめな動機で来ていますので、一生懸命やっているつもりでも毎回同じところで怒られて一向に上達しません。YUさんが台所へ昼支度の時はAさんとコソコソお喋入りしながらやっているのですが(たいがいは、この家の恐ろしい構造の文句話からはじまり、これも不真面目かも)彼女とは何を話していても笑い話になり笑いが耐えません。今日は下塗りをしていましたが、要領悪く手に絵の具をいっぱいつけ、子供のお絵かきだと笑われました。一向に取れない手についた絵の具をシンナーでゴシゴシやっていたら、水で洗ったらすぐ落ちるよと又笑われるし、ここに来ると何故か三枚目をやってしまいます。普段一人陽だまりで幸せしながらやっているちえこさんとは大違いです。今年こそローズ上手になる!と宣言しましたら、毎年同じこと言っているよとYUさんにあきらめまじりで言われ、YUさんには悪いことしているなあとちょっと反省です。でも来月になれば忘れているでしょう。残り物の赤飯おみやげにもらい、ルンルン帰ってきました。
[PR]
by somemonya | 2011-01-30 00:29 | Comments(0)

訃報

2011.1.28(金)晴れ
震災前の頃でしょうか、エナジーホールの染色教室に通うようになり、講師の先生が市展の審査員ということもあり市展へ応募するようになりました。同じ応募をするなら守口にゆかりのある作品をつくろうと思い、守口の自然や歴史などを調べ始めたのです。(この延長上で調査ボランティアを始めたのです)図書館で見つけ守口の石碑の写真集、値段が書いてありお安いこともあり著者に電話をしました。発行して10年くらい経っていたので在庫もたくさんあるということで無償にしていただきました。その本をもらいお宅まで行ったのですが住所のところにはお寺のような立派な屋敷が建っていました。ウロウロ探したのですがやはりそのお宅のようで呼び鈴を押すとご主人が出てこられました。開口一番、お寺さんかと思いまいた。その家は代々この辺りの庄屋をしていたそうです。カメラマン(たしかそうだったと)をしておられ、市の文化財協会の会員でもありました。古い家にちなむお話を中心い1時間ほど世間話をし、目的の本ともう一冊京街道をまとめた写真集もいただき帰りました。実は、陶芸を指導していた方も文化財協会の会員で、その方には文化財をまとめた報告書を借りていたのです。偶然ですが、染色教室がある日に月1回くらい文化財協会主催の歴史講座があり、いつも抜けだして聞いていたのです。多分その中に本を頂いたHさんがいたはずです。人の回りはは本当に不思議です。それ以来会えば挨拶しますし、庭の植物調査(守口の昔からの植物があるのではないかと思いお願いしました)をさせてもらったりしていたのですが、協会の講座の曜日が変わり参加しなくなり縁も遠くなりました。一方資料借りた陶芸のS さんも奥様が亡くなられてから志賀の方へ行かれ会わなくなりました。その間、借りた資料を返そうと思いつつもまとめて渡すところまで出来ていたのですが時間が取れずそのうちに引っ越されたわけです。宙に浮いた資料、装丁の立派な限定本です。中身がとても難しく私が持っていても猫に小判。はたと気が付き文化財協会へ返せばいいのです。そこで思い出したのがHさん。電話をしたのですが、奥様が出てこられ訃報を知らされました。もう声も出ませんでした。もたもたしていればこう言うことが起こるのです。ただ協会はまだ存在し、息子さんが会員ということでしたので、資料はお返しできることになりました。それにしても、お会いして返したかったです。彼にもらった京街道の写真集をあらためて見ましたら、昨年終了したみどりの会で行ったところが色々載せてあり、あの頃この写真集を思い出して、見ながら回れば古い京街道を知れたのにと悔やまれます。宝の持ち腐れをしました。しばらくは自分をせめて、藻に服したいと思います。
[PR]
by somemonya | 2011-01-29 00:18 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

急がば回れの例

2011.1.27(木)晴れ
お昼から散々でした。四角の周りを縫うだけで終わればよかったのに。実は風呂敷を縫っていたのです。風呂敷には裏の1角に三角の布をつけてあるのをよく見ます。その意味はわからないのですが、それにこだわったのが泥沼の始まりでした。すぐにできると思いアイロンで三角を付けいきなり本体につけはじめました。上から押さえ縫いなら(結果最後はそうしたのですが)まだ良かったのですが、色々面倒な縫い方が良くなかった。まず糸がすぐにもつれ、何回もやり直し。やっと縫えたと思いきや見た目が汚い。それだけで多分1時間はかかったでしょう。ええいとほどき又同じことの繰り返し。もうやめようかと思いましたが、次の仕事を考えるとやっつけてしまいたかったのです。3回同じことをすればアホです。今度は冷静に物差しを使い正確な三角形を描き、本体の上において直角を確認し、アイロンテーブで接着してから縫いました。これなら20分でできました。同じようなことを何回も経験しているのに喉元過ぎればです。時間がかかっただけに愛しさ一塩です。自分で使おうと思っていましたが、激安で販売でもいいかと、しばらく考えることにしました。この風呂敷、守口市展に応募した第一号(風呂敷で出品したのではありません)ですが、気に入らなくてオクラ入りしてました。

何も考えずに周りを縫ったのですが、少し長方形。もう作り直す気力もないし、使えれば形関係なしと(試しに包んでみました)
e0090670_22393798.jpg

泥沼の犯人。信じられないことにお昼からの仕事たったこれだけです。夕食のご馳走、お盆にいれテーブルに置いて使った野菜冷蔵庫になおそうとした瞬間、お盆が落ち食器がわれご馳走めちゃくちゃ。いつもは全部入れてしまうおかず、今日は小鉢に入れ2回分にしたので、かろうじておかず1品とご飯、焼き海苔が夕食でした。なにより自分で焼いたお茶碗割れたのが悲しい。ほんと散々です。
e0090670_2239527.jpg

寂しかった壁、思案の間飾って眺めることに。娘の笑っている顔が何となくこちらに向かってるようで…
e0090670_2240851.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-01-27 22:40 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

陸の孤丘 初訪問

2011.1.26(水)晴れ
枚方のある団地の中にある自然環境保全条例で指定された自然緑地に行きました。長い間適切な管理がされなかったため樹木が繁茂し、団地住民からの苦情で、再整備するそうです。その樹木管理の依頼を友人が受け昨年からとりかかっています。ここは、在来の丘陵地の地形がそのまま残り、雑木林の植物も残っています。これらの植物を生かしながら、住民の生活に良い影響が及ぶような管理を考えておられます。まずは元あった植物相を知るために、私に相談が来ました。私の住んでいるところは里山とは全く縁のないところですが、所属する北河内自然愛好会はそのエリアに当たります。ネットなどで事情を話しこの辺りの情報を集め、分かり得たところまで友人に報告しました。それを元に、昨年とりあえず急がれる樹木の伐採等が行われています。友人曰く、一度現地を見て欲しいということで、それが今日でした。私一人では心もとないので、同じような丘陵地に住んでいる友人(他に興味のある方が3人)に来てもらいました。この人達は枚方生き物調査会の人達で、強力な助っ人です。と、前置きが長くなりましたが、現地は、丘陵地をほんの1部カットして町中に置いたと言う感じで、とても異質に感じました。尾根のようなところが遊歩道になっていましたが歩幅5.60センチ。急斜面を降りたところに団地の棟、その反対側真下に民家が見えます。緑地だけを見ていると冬枯れの山、コナラや、シャシャンボなどの隙間に植栽ものの植物がありますが放置の影響でか里山に溶け込んでいるように見えました。自然緑地として残すなら広大な自然林があったのですからもう少し広い面積を残して欲しかったというのが感想です。誰も来なくなって荒れてしまい、忘れ去られぽつんとおかれたショートケーキのような異質な丘陵にわびしさを感じました。これからどのように関わりどのような変遷を見るのか、関わった以上はしっかり見ていきたいと思います。ここの情報収集にあたり、ある人物を知りました。もうこの世にいないその人の思いがここの樹木管理をまかされた友人へとつながったように思え、この地にも、樹木管理にも全く縁のない私が関わるのはこの2人を結びつけるためなのかと、またまた人の不思議な縁を感じます。顔も知らないこの人物の書いた、裏山の三歩(まさにこの辺りと推測します)。いつか作品にしたいです。

バスを降り、団地をくぐり探し当てたこの丘を見たとき、その異質さに唖然としました。→
丘の尾根は切断され、地肌はコンクリで固められていました。下に住む人達は、このブロックの上に在来の雑木林があるとは思わないでしょう→
本来の入り口には看板があり…「自然環境の保全と快復に関する協定」締結済標識…この緑地は、大阪府自然環境保全条例により、知事と住宅・都市整備公団が、協定を締結したものです…と書いてありました。
e0090670_0201278.jpg

団地の隣にある大阪工業大学のキャンパスは巨大な建物。地元の人は国会議事堂というそうです。大学に来たからには学食体験です。足音が響く広ーいロビーは、警備員がすぐさま飛んできて捕まるような雰囲気でしたが、受付にいた警備のような格好をした方は、お手洗いと、学食の場所を教えて欲しいと言いましたら、親切に対応しました。400円のカツカレー。美味しかったけど、もう少し温かだったら…でした。
e0090670_024776.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-01-27 00:24 | ごきらくボランティア | Comments(0)

道具

2011.1.25(火)晴れ
連日陽だまりの部屋で仕事をしています。とても穏やかな気持なります。毎日時間が足りないのは、仕事はスローというのも一因。とりわけ縫い物、小さなハサミを使うのが楽しい。昨年、手バサミを研いでもらい切れ味が良くパチンという切れ音が心地よくずっと使いたいのですが、化繊糸には使いたくありません。切れ味が悪くなるからです。化繊だけは他のハサミを使っていたのですが、昨年暮れYさんからもうかっわいーーハサミをもらったのです。手芸の先生を長くしていたYさんも道具好き。携帯用に特注したもので1個余っていたものでした。ちえこさんもラッキーな人です。物づくりは道具も楽しいのです。たったハサミ一つ、されど気の長ーい仕事も使いたいから次に進む、それもゆっくり噛み締めるように。陽だまりはそういった仕事をする別世界。年取ったら、陽だまりで猫をお友にお茶をそそりながら青空をぼぉーっと眺めるという若い頃からのイメージが、縫い物の仕事と重なるのです。ちえこさん年取ったのでしょうね。あと望みは髪の毛が真っ白になること。

もらった手バサミ、普通のと比べると小さくて可愛い。年代物のアイロンも長年使ったアイロンがつぶれ、染友さんからのもらい物。プチ裁縫箱も引っ越した友人にもらった物。道具は使えば使うほど愛着がわきます。
e0090670_2313890.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-01-25 23:13 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

お茶がら

2011.1.24(月)晴れ
もったいない志向は食べ物も極力捨てません。茶殻も捨てずに乾燥させコーヒーミルで粉にし、料理酒と辛子であえて茶ガラシに。出がらしの茶葉にはまだ沢山の栄養が残っていると、何年も前にテレビで見たことがあります。知り合いの人で、子供が野菜嫌いで茶葉を食べさせているという話も聞いていました。出がらしのお茶をどうやって食べるが思案でしたが、お好みに入れると問題なく食べれました。しかし、毎日お好みというわけにはいきませんし、いつの間にか捨てていまいた。それが又復活したのは、2年ほど前に知り合った方があらゆる葉の葉緑素の緑を固定する(煮ても変色しない)技術を開発し、染にも挑戦したいので教えて欲しいがきっかけでした。その時サンプルにいただいたものの中にお茶があったのです。残念ながら未だ染には成功していないようですが、そのペーストを見たときに出がらしを乾燥することに気がついたのです。いただいたペーストのようにきれいな緑ではありませんが、辛子に混ぜると塗りやすく辛子の味がまろやかになります。毎日使っているとあっという間になくなり我ながらいい思いつきだと自画自賛です。
ちなみに葉野菜は葉と根を分け綺麗に洗って全部食べます。根は意外と甘くて生でも美味しいのです。葉とは全く違う味です。その話を、みどりの会の年配の方にお話しすると、そんなことは当たり前と一笑されました。こんな素晴らしい習慣を忘れ去られていくのは残念です。

見かけ上、引いてしまいそうですが、パンにおでん冷奴何でもオーケー
e0090670_016244.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-01-25 00:12 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

縁ありし

2011.1.23(日)晴れ
パートシックス?とても不思議な縁がある方からの電話。Kさんは少なくともい15・6年は昔だと思いますが、エナジーホールで一緒に染めをしていました。その時からすでに、手描きTシャツを描く教室を持っておられました。それが、いつごろから来なくなったのか定かではありませんが、病気で入院したという噂までは知っていましたがその後は音沙汰なしの行方知れずでした。仲間内では時々ですがどうしてはるのかという話はしていたのです。そんな彼女と再開したのは、昨年の公民祭でした。私はバザーの手伝いで行っていました。毎年授産所の人達が作るクッキーを買っているのですが、その日も上の階へ買いに行き同じフロアで手描きのTシャツを売っていたので、気になることがあり質問しましたら先生が出てこられそれが彼女だったのです。会ったときすぐに分かりKさん?と声をかけましたが、その時は彼女は私のことを覚えていませんでしたが、染教室のことを話すと色々思い出されました。もう本当にお互いびっくり。とても重い病気になり活動する意欲をなくされたこと、ご主人が亡くなられて又活動を始めたことなどこれまでのいきさつを聞きました。私の活動にも興味を持たれ、なにか一緒にできることがあるかも知れないと真剣に語られ、あまり知らなかったKさんですがとても親しみを感じました。それ以来の電話でした。藍染めに参加しますの電話でしたが話してみると、性格とても良く似ていて何事も前向きでプラス思考。これまでの友人とは少し違うタイプの人で、この人なら何か一緒にしてもいいなあと思いました。さてこれからどんな展開が待っているのでしょか。
[PR]
by somemonya | 2011-01-24 00:43 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

デスクワーク

2011.1.22(土)晴れ
さすがにドジョウは6匹もいませんでした。土日2日間も家にいることはめったにありません。休日したいところですが、データー整理が山ほど溜まっています。これがなければ私のボランティア理想的なんですけど、神様そこまで甘やかしてくれません。ボランティア始めたのは、多少とも下ごころはありましたが、染でたくさんのエネルギーを使い水を汚す罪悪感から、その償いを社会奉仕と考えたのです。そんな時に生き物地調査の募集があり、動物大好き者にのぴったりあったボランティアを見つけしっかりはまったわけです。最初哺乳動物のジャンル希望でそのグループに入ったつもりでしたが、実際大阪市に野生哺乳といえばイタチかネズミ、野良猫野良犬程度で、調査するほどいません。で、ちょっと知識のあった植部を始めたのが今日に至っています。始めた時から、こんなに楽しくて罪滅ぼしかと又罪悪感を覚える始末でしたから、少しずつ頼まれごとをうけいれるようにしていました。今の苦しみはぐちはこぼせども、染めもんと同様体の許す限り頑張ります。ホームのお店もランクアップをするためその作業と並行してやっていますから、えっ、もうこんな時間!です。

いつまでも青かった葉がここでやっと紅葉してきました。常緑かと思うほどしっかり葉は付いています。サクランボと思っているけど間違っちってるのかなあ。
e0090670_054433.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-01-23 00:05 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)