ちえこさんの奮闘記
by somemonya
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

没頭

2011.2.27(日)晴れ
今日も一日縫子さんに没頭。試作の改良と本縫。指先が痛いです。いつものごとく逆さまや裏表反対に縫ったり半分は無駄な時間に費やしました。どっと疲れては気を取り戻し、それでもいいものが出来るまでは手はやまず、カワイイのを3こ仕上げました。3月新作でお目見えします。でも実際使ってみたいので、明日お初で使います。楽しみわくわくです。
[PR]
by somemonya | 2011-02-28 00:07 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

月一の不純

011.2.26(土)晴れ
家の中にいると全く外の気温が分かりません。昨日は外のほうが暖かでした。今日もそんな感じがしましたので、薄いコートででました。寒い。薄手のマフラーでしたがしていてよかったと思いました。一週間が早ければ一月も早い。今日はローズマリングでYさんちへ。Yさんちの家はどんな寒い日でも外のほうが暖かいという恐ろしい家です。健康第一のYさんは普段は暖房しない人で私たちが来るときはホットカーペットのスイッチを入れてくれますが上半身が寒い。今日も危うく鼻水を落とすところで、はなたれ小僧やと笑われました。お昼のお食事が楽しみという不まじめな動機で習いに来て、至りつくせりで面倒みてもらっていて罰当たりなことを書いている愚か者です。今日も吟味された材料で美味しいお料理、Yさん宛に来る貴重なブンタンのデザートなどご馳走にあずかりました。この日の為にとことんお腹を減らしています。あったかいご飯(16穀米)が美味しかったです。帰ってからは試作の続き。夢中になってこの時間になってしまいました。そこそこ思い通りに仕上がり自画自賛です。カワイイ!
[PR]
by somemonya | 2011-02-27 01:06 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

楽しいことばかりじゃない

2011.2.25(金)晴れ
今日は朝から、エナジー帰ってからもずっとボラのデータ整理。本来ボランティアは空いている時間を社会奉仕するものだと思いますが、私の中ではデータ整理は予定外です。調査は楽しいですが、それをまとめて報告したり、データベースを作ったり面倒がセットです。しかし誰かがしなければいけませんし、以前にも言いましたように、仕事で環境を汚している罪滅しも兼ねていますので、それが自然の流れなのでしょう。ケリさんのけたたましい声もそうだそうだと言われているようで。眠たいですが、まだまだもう一息頑張りまーす。
[PR]
by somemonya | 2011-02-25 23:50 | ごきらくボランティア | Comments(0)

ようこそ

2011.2.24(木)曇り
ケリの声を聞きました。何年か前に気がついたのですが、向えの高校の屋上でケリが子育てをします。ケリはそのはるか以前から声を聞いていましたが、そのようなところで抱卵するとは思っていなかったので、幼鳥を発見するまでは知りませんでした。毎年5月頃に一日中大きな声で騒ぐ(違う鳥がやってきて追い払っています)ので気がつくのですが、昨年は今頃鳴き始めてたのを覚えています。今年は昨日でしたが、今日のとは鳴き方が違っていました。縄張り宣言でもしたのでしょうか。ケリは田んぼでよく見ますし、そこで子育てしているようです。上から見る屋上は方形に区切られマンネングサが植えてあり冬場は赤茶けています。ケリから見れば田んぼと同じ形ののでしょうか。毎年同じ親なのか又はその子供たちなのかなどなど興味はありますが、そこまでは首をつっこむ暇はありません。今年もようこそです。
お仕事は、新作のアイデア四苦八苦半日かけましたがまだ途中です。頭の中と実際とでは思うようにはいかないものですね。
[PR]
by somemonya | 2011-02-24 22:30 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

悩みは尽きぬ

2011.2.23(水)晴れ
大阪工芸展の搬出に行きました。大枚9千円何とか無駄になりませんでした。美術工芸とクラフト産業部門にわかれていますが、その堺は私には分かりませんでした。出展者の意思次第のような。目録を見ますと、半分以上が会員でした。飛び抜けて目を見張る作品もなく、特に染めは見る目も厳しくなりレベルの低い作品もありました。私自身はクラフトにこだわり、今回入選したことは本来やりたい染めでもオーケーということで、来年もとも思いますが、私にはとっても高い出展料です。この一年、悩みます。

応募作品
「桜の宴」コメント
お花見の季節にお食事やティータイムを、季節を感じ心豊かに過ごす為の演出を染物でと考えました。ランチョンマットとして、ろうけつと縛り染め技法を使い葉のイメージを出しさくらんぼの箸置きでセットとしてつけました。桜の花をコースター(ローケツ染め)にしました。
e0090670_04196.jpg
e0090670_034855.jpg

これもどって事ない作品ですが、桜の葉は裏表の柄を同じにするところに苦労しています。上の2枚の画像作品は同じものではありません。裏表を染めているので、それがわかるような展示をして欲しいので、出展時に展示例を示したものです。
[PR]
by somemonya | 2011-02-24 00:04 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

手抜きも最高

この団地に来て30年、昼間は殆ど一人です。ラジオを聞きながら仕事するのが習慣でした。ステレオのラジオの音が悪くなったのと、本来音楽だけ聞きたいのにトークがやたら増え、うっとうしくなったなどの理由である日ラジオを切りました。しーんっと静かで、悪くないなあと思いました。団地の道路は保育園の子供達の通り道になっていて、時折子どもの声が聞こえてきたり、風の音や鳥の声が聞こえてきたり、そこから入る音は全く不快ではなく頭がすっきりしました。そう感じ始めてからラジオは聞いていません。外から入って来る音がBGMがわりです。特に天気の日は部屋に陽がさしとても柔らかい空気が流れ、何とも言えない異次元の世界になります。この時間を得たたことで心は穏やかになり、幸せの感覚がわかりました。今日も日差しを見ていると、パンが作りたくなり、面倒なことはほとんどせず、パンを作る人に信じられないような手抜きのパンを作りました。仕事やりーのですから、それとこんなやり方でどんなものが出来るのかという好奇心も。意外やいつもと殆ど変わらないものができました。熱々のパンは最高!でした。

ちえこさん特製サラダが食べたくなるパン(本当ですよ):作り方
鶴見産小麦全粒粉、市販薄力粉、強力粉、スキムミルク、クミンシード、ラベンダーとタイムの乾燥葉、白、黒胡椒、黒ごま、抹茶、ドライイースト、塩、オリーブオイル、水→混ぜてで5分くらいこねて発酵→膨らんだら又5分くらいこねて3つに分けて、発酵→膨らんだら焼く
※ハーブは何でもいいですけど、胡椒と、クミンシードは必須です。
e0090670_237228.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-02-22 23:07 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

幻の作品

2011.2.21(月)晴れ
友人が私の作品を買いました。小さな小物ですが、キラっとさんの展示会の時に見て欲しいと思ったそうです。先週土曜の夜に会いました。私は京都へボラして、うさぎのアトリエさんへ納品して、その帰りでしたのでもうクタクタでしたがお互い忙しくこの時間帯しかありませんでした。気を使わずに会える国際交流センターで待ち合せをして、無事合流し好きな色を選んでもらい営業終了でした。その間10分くらいの会話しか出来ませんでしたが、彼女が以前に私があげたハンカチを見せてくれました。小さなカバンに入れるのに便利と愛用しているとのことでした。手元を離れた作品がこうして新たな持ち主に大切に使われ飛び上がるほどうれしい話ですが、そのハンカチあげたことを全く覚えていません。そのものを初めて見ました。私が染めたのですからそんなはずはないのですが、本当に思い出せませんでした。自分が染めたものを忘れたのは後にも先にも初めてです。それに作品は必ず撮影していますがそれはしていません。染めてあったトルコキキョウは当時部屋に飾っていたものをデッサンしたものでした。そのデッサンしたことは覚えているのです。この作品にはきっと何かいわくがあったのでしょう。いつかふと思い出すことがあるのかもしれません。不思議な作品の出会いでした。
今日は先週していた藍染めの液を使い切る仕事をしていました。藍染めはまだしたいのですが、先決事項が多く、気分的に落ち着いたときにまた始めようと思います。
[PR]
by somemonya | 2011-02-21 23:38 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

パートナーシップクラブ 2月定点調査

2011.2.20(日)晴れ 「平野せせらぎの里」
地下鉄「南巽」この界隈初めてです。狭い大阪市ですが10年以上うろうろしていてもまだまだ知らない所だらけです。調査という名目があればこそ訪れるので、好奇心の強い私にはこの上なくラッキーなボランティアです。南巽には水道局の配水場や下水処理場がありそこが主な目的地です。その間の民家の玄関先の溝には、実家にあったような草が生えていました。今このような溝のある家があっても草を生やしているところはあまり見ません。なんか、懐かしい匂いのする街でした。配水場の隣には緑地公園があり子どもたちの声が聞こえていました。たくさんの子どもが元気に遊ぶ姿もなかなか見られなくなりましたが、とても気分がイイですし、自分たちも楽しくなります。。昨日も観察会で小学生が来ていましたが常にピチピチ走る姿や、私たちがもう見つけられない極小の虫たちを次から次に探し当て若い講師をもあたふたとさせていました。生きのいいのは本当にいいですね。

駅を上がり配水場に向かって歩きましたが、小さな工場や民家が並び下町の匂いがしました。正面の大きな木何の木が気になりつつも道筋に生える草も気になります。クスノキと判明→一人ちょっと気になると皆が集まってきてたかだか100メートル進むもなかなかです。
e0090670_23523096.jpg

緑地内の遊具にたくさんの子供が遊びに来ていました→
ウサギさんと散歩する少女と出会いました。→
遊具やグランド、散歩道など、冬場でさしたる調査物もなくのんびり散歩気分でした。
e0090670_2353422.jpg

下水処理場の中にせせらぎの里という回遊庭園や屋上芝生広場があり市民の憩いの場として解放されています。ここはホタルを飼育して見学する施設もありましたが今は閉鎖されています。予算減は管理にも影響か野放し状態で先の公園に比べると訪れている人も殆ど無く寂れた感じがしました。調査する者にはむしろどんなものが侵入しているのか興味のあるところでしたが、季節悪くそれまでとは殆ど変わりない内容でした。

せせらぎの里入口:下水処理場へ行く途中にある鳴門屋というベーカリーの工場からパンの匂いが漂ってくると、皆そこの直販店へ直行。偶然にも写っていないのですが皆さんパンが入ったピンクの袋をぶら下げているのです。お腹すいたと言いながら、わからない樹木や草があるとああだこうだと立ち止まりなかなか昼食にはありつけません。→
買ったパンをトレードしながらやっと食事タイムです
e0090670_23543084.jpg

だだっ広い2階屋上広場:
2階といえどもかなり高いところにありました。植栽樹木も多く春に来たい所です→大阪市でも東端、生駒さんが近くに見えます
e0090670_235586.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-02-20 23:56 | ごきらくボランティア | Comments(0)

京都ビオトープ研究会 2月調査

2011.2.19(土)晴れ
昨日飛行機雲の話を書きましたら、今日は幾筋もの飛行機雲を見ました。堀川通りの陸橋を歩いている時でした。最初は細い雲が並んでいるのかと思いましたが丁度飛行機が飛んできて白い筋を作っていました。この辺りは飛行通路なのでしょうか、交差しているものもあり時間間違えれば大事故になるのではと余計な心配をしてしまいました。もう15年近くここに通っているのに初めて気が付きました。
e0090670_2164160.jpg

そう15年にもなるのです。毎回飽きることはありませんが、最近のように忙しいが毎日続き、しかも大阪のボラの回数が増え体力的にも辛い時があります。京都の方は少しずつ仕事を減らしたいなあと思い始めていますが、代わり手もなく悩ましいところです。そんなことを思いながら、いざ1月ぶりに仲間と会い色々話をしたり、いのちの森を歩いたりすると、楽しさが勝りずっと続ける運命なのだなあと気を取り戻します。梅小路公園では水族館の工事が着々と進み、緑化協会の取り壊しも4月ころから始まると聞いています。事務所は分散し公園管理事務所はずっと奥の緑の館(日本庭園)に引越し、モニタリンググループの荷物もそこへ引っ越します。新しいところはプレハブだと申し訳なさそうに言われましたが、元々調査が始まった頃は荷物を置くところすらなかったし、重たい図鑑は学生がリュックに背負って持ってきていたのです。又一に戻ってすると思えば悪い条件ではありません。今年は何かにつけ再スタートなのでしょう。皆で力を合わせていい仕事をしていれば、いつかいい結果として現れるでしょう。それまで頑張りましょう。とまたまた自分と重ね合わせ、湿りがちな担当者にエールを送りました。
梅小路公園の梅は満開。向こうに高速道路が見え都会の公園らしいです。
e0090670_218398.jpg

森の中は鳥がたくさんいて、何種類かを間近で見ました。シロハラというヒヨドリくらいの鳥が地上をぴょんぴょん跳ねるのを初めて見ました。2月は草花が少ないのでいつもの調査はしません。今回はまだ未確認の植物を探しました。その一つのゴンズイという樹木ですが、フジにまかれて息絶え絶えでした。できるだけ自然の遷移に任せるというのが方針ですが、あちこちでこのようなことが起こっています。笹が増えているの問題になってきています。この2.3年話題にはしていますが管理をある程度見直す時期に来ています。
ゴンズイ:下から順に撮っています。巻かれた樹木も同じように巻いているのもいのちの森では他に見たことがありません。手前のフジも途中からからみ複雑にからみ合っています。
e0090670_2213026.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-02-20 02:21 | ごきらくボランティア | Comments(0)

飛行機雲

2011.2.18(金)晴れ
1週間ほんとに早いです。もうエナジーへ染めデイです。13時から17時の4時間ですが、染をするには短い時間です。布を木枠にはってローを表1回で終わり。家ですれば2、3週間で出来るものもここでは何ヶ月もかかります。私はいきなり布へ下書きしていましたが、ここでそれをすると、何回もロー落としをしている間にモチーフが変わってしまい最初に何をしようとしていたのか分からなくなってくるのです。周りの人に色々言葉を入れられ集中できな時もあります。それで紙に下書きをして最初の意思を貫くようにしたのです。その訓練がやっと最近になって実りここでもそれなりの作品ができるようになりました。
こういう施設は冬でも暖房がきついのか暑いくらいで、帰りは館を出るとすっとします。今日も冷たい空気が心地良くぶらぶらと空を眺め歩いてましたら、白い線が西向こうの雲に向かって進んでいるのが見えました。グレーの雲の上は青空。雲の隙間から太陽光が放射状に直線を描いていました。巨大な絵画を見ているようでした。白い線の先はその光の中へ消えていきました。雲を抜けると明るい太陽が待っているんやなあなどと思うと、自分の未来とも重なり、いつか自分もあの光に出会えるよう頑張ろうと思いまいた。それにしても飛行機雲好きです。
[PR]
by somemonya | 2011-02-18 23:48 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)