ちえこさんの奮闘記
by somemonya
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

パンツスーツ・夢豚着

e0090670_2041846.jpg

これまで、少しずつ紹介してきました藍染のジャケット&パンツです.帽子もつけて3点セット。一段濃く染まっているところが生葉によるこすり染めです。ネーミングは縫っているときに思いつきましたが、「豚でもない着」も面白いと思いましたが、夢をとりました。
e0090670_2045498.jpg

e0090670_2051265.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-31 20:05 | ぎゃらりー | Comments(0)

未練

2011.5.30(月)曇りのち晴れ
未練がましく地下鉄忘れ物室まで行きました。シカのイラストを描いた黒い傘です。
この傘は、雨のシトシト降る日に、シカが目に浮かび即刻帰って描いたものでした。この当時、コンサートの招待券をいただいた友人が奈良国立博物館へ勤務する時期がありその時も時々博物館のの招待状をいただいていました。それで奈良へ行く機会も多くシカが頭の隅にいたのでしょう。黒色は好きではありませんが、このシカの傘は雨の日が待ちどうしいくらいに好きでした。で、なかなかあきらめれませんでした。とは言え自分の不注意、忘れ物置き場にないことを自分の目で確かめ、忘れることにしました。
帰りの地下鉄の駅を上がったところに、ムラサキカタバミが咲いていました。まさに掃き溜めにでした。よく見るとあちこちに咲いていて花壇のようでした。ふと、アボガドのことを思い出しました。途中からスポンと切られていましたが、1本だけ葉っぱを出していました。花も実も見たことはありませんがこの木がアボガドだと知っている人は少ないでしょう。もうなくなりましたが、そばの散髪屋のおじさんが捨てた種が大きくなったものです。何年も謎の木でした。たまたま選定をしていたおじさんに出会い、色々経緯も分かったのでした。ショッ中通る場所ですが、もう何年も忘れていました。なかなかしぶとい木です。喝采。なかなかしぶとい木がもう一種。法務局の出張所があった場所に大きなセンダンがあたのですが、出張所の廃止と共にセンダンも抜かれました。跡地は公園になっていますが、公園にするのでしたら残して欲しかったです。あれから何年もたっていますがそのセンダンの子供たちがあちこちに出ているのです。出るたびに切られていますがそんな甘い木ではありません。親の未練でしょうか。

ムラサキカタバミ:花の大きい園芸品より、このかわいいピンクのカタバミが好きです。
e0090670_151350.jpg

アボガド:手前にもっと大きい木があります。
→長年悩まし続けられた葉っぱです。表面毛が多くてフワフワしています→
センダンの実生
e0090670_16374.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-31 01:06 | みてあるき | Comments(0)

非日常

2011.5.28(土)雨
幸福と不幸が一度にやってきた日でしたが、不幸の深刻さは至福には及ばす、やはり幸せな一日だったのでしょうか。
木曜に大フィルコンサートの招待状が来ました。昨年キラットさんでフルートを演奏していただいた友人からでした。長い間大フィルにも縁がありませんでした。近年の忙しさからしますと、誘われなければまず行かないでしょう。とても素晴らしい友人を持ったものです。大フィルのホームグランドが天下茶屋に移ったことすら知りませんでした。内容は私のような素人でも楽しめるようなプログラムに組まれていまして、指揮者兼司会者の名調子も楽しく、ホームグランドで開催しているせいか、普段着の音というのでしょうかとてもリラックスできました。
e0090670_1561272.jpg

中休憩で信じられない最初の不幸が起こりました。WWF(世界自然保護機構?だったか)のパンダショップで買った、お気に入りのカバンのミシン糸がほどけたのです。次の演奏が始まるので、ごそごそもできず中身が落ちないように抱えながら、それでも聞き逃さないようにしました。終わってから、中身をエコバックに入れ替え次の場所へ移動しました。
e0090670_157072.jpg

その移動中に七宝焼きのイヤリングを片方落としました。まだ2回しか使ったことがなく、自分で作ったものが又減りました。
e0090670_1573730.jpg

それから簡単な昼食をし、お茶して、「はな」という小さな居酒屋へ行きました。
そこで、落語とフルートのコラボをするというのです。この話はコンサート会場で聞き、とても面白そうでしたので急きょ参加させてもらうことにしたのです。実は偶然ですが昼食をしていたお店で相棒の落語家とお会いし挨拶はすんでいました。「はな」というお店は今年で9年目になりそのお祝いにこの企画が決まったようです。コラボというのは落語が主体で話の合間にタイミングよく内容に関係ある曲をバックミュージックとして入れるのです。アイデアはとても面白いと思いますし、息もどんどん合ってもっと良くなっていくのでしょう。まだまだこれから発展していく様子が目に浮かびました。コラボの他に、もう一人落語。初めての試みに、沢山こられたお客さんたちは優しく、小さなお店は笑いと拍手で盛り上がりました。この後フルート、ギターの伴奏によるオケ(生オケ?)、やカラオケが始まりきっとこれがこのお店の普段の姿なのでしょう。皆さん我が家のようにはしゃいでいました。私は、このような場所にはほとんど縁はないのですが、一緒に楽しく話すことは、雰囲気は違えどもみどりの会やボラの皆さんたちと変わりませんでした。ただ、今日の体験は隣の世界へ行ったようでした。アマチュアですが落語家やギタリストと今までとは違う毛色の人達と知り合いができ、この先どうつながっていくのでしょうか。なにかワクワクします。最後に、もう恥ずかしいというか傘をどこかで忘れてきました。明日、地下鉄の落し物係へ連絡して望みを託します。
e0090670_254531.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-29 02:05 | みてあるき | Comments(2)

再びちえこさん流

2011.5.27(金)曇りのち雨
金曜の晩ご飯はお好み焼と決めています。勤めに出ているわけではありませんが、明日土曜と思うと心がゆったりしお好みが食べたくなるのです。2年前の剥離騒ぎでいろんなローテーションが狂い金曜お好みもそうでしたが、最近元のローテーションに戻りました。我が家に必ずある野菜はキャベツですが、キャベツが高い時もあるのでこだわっていません。お好みは小麦粉とソースと青のりがあれば、どんなナッパでもお好みになるのが不思議です。あせらず、小麦粉が美味しなるまで焼くのがコツだと思っています。今日は昨日のゴボウがまだ余っていたので初めて入れてみました。お茶の出がらしの葉っぱを入れてもわからないのですがゴボウはしっかり主張していました。トッピングのお餅との相性も良く、新しい味でした。
e0090670_0324214.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-28 00:32 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ちえこさん流

2011.5.26(木)晴れ
ポイントのタデ生葉染め、襟や前立ての部分縫いで一日が終わりました。あれこれは、いつもどおりで1歩進んで半歩下がるでした。

ハダカ麦のお菓子、新作を思いつきおやつに食べました。新作と言っても大したことなく、もらった米粉と混ぜ、薄く伸ばし短冊に切ってゆでるだけ。最初、短冊に切ったお団子を引きはがす時につぶれてしいましたが、ラップに挟んで伸ばし、沸騰湯には敷いたラップを持って切ったお団子をナイフで落とすと綺麗にはがれました。粉砂糖とシナモンをかけ、とっても簡単八つ橋もどきでした。
e0090670_0125197.jpg

晩ご飯
明日金曜は生協さんから食料が来ます。冷蔵庫をあけるため、ごちゃまぜスパです。パエリアを作るために買っていたフライパンを久しく使いました。人参と玉葱とイカだけ炒め後は水を入れて麺入れて、適度に野菜を入れて、そのままいただきです。麺職人が見れば、開いた口がふさがらないでしょうね。でも美味しかったですよ。
e0090670_0134266.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-27 00:13 | Comments(0)

おすすめ

2011.5.25(水)晴れ
やっと布をカットしました。今回は全てに切りびつけをしました。面倒でもこのほうが確かで結果として早いからと分かったからです。染屋ですから、生葉でポイント的に模様も入れます。気を改め明日からにとたたみかかけましたが、ここだけやろうなんて理屈を付け体が動いてしまいます。そばにすぐ使える染料があるというのはまことに便利です。我がビオトープのような不毛の土でもそこそこ育つのですから、どなたの家庭でも簡単に手に入れることができる天然染料です。何の設備も要りませんかし、種も一度巻けば後は勝手に生えてきます。興味のある方には是非おすすめしたいです。種もたくさん余っていますから欲しい方にはお譲りします。ただし、そんなに濃くは染まりません。水で洗い流せば半減します。濃く染めるには、こすっては洗い流すを繰り返します。

画像に使った葉は5枚くらいです。均一に染まらなくてもいいのでしたら、気長にこすれば広い範囲も染められます。今年は、できるだけ生葉染めに使って色々試したいと思います。
e0090670_23471074.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-25 23:47 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

試飲

2011.5.24(火)晴れ
昨日のカラスノエンドウをお茶にしました。まずは豆を食べてみました。食用の豆と全く違いました。今までに食した植物ではない味でした。癖のある薬のよな味で青臭さがありませんでした。小さな1粒がこうですから多くは食べられないでしょう。
1:豆と皮(さや)を煎り豆が弾けるのが収まり、焦げた臭がした頃に火からおろし、それをカップに入れ熱湯をそそぎます。5分くらい、色がついたところで試飲。
2:さらに1カップくらいの水を入れて沸騰して5分くらい煮てから試飲
3:さらに1カップくらいの水を入れて沸騰して5分くらい煮てから試飲

1番茶:豆の味をまろやかにしたような味でまずくはありませんでした。→
2番茶:色は濃くなりましたが味は薄くなっていました→
3番茶:色は少し薄くなりましたが味は2と同じでした
e0090670_2240296.jpg

使ったカラスノエンドウは15,6個ですが、さやの裏が光って何かムシのように見え、虫の嫌いな人が見たら悲鳴をあげられそうです→
煮込んだ豆で煎りの少なかった豆は薄茶色になりました。柔らかくなったので豆を煮た時の舌触りで味もぐっとまろやかになっていました。黒いままのものは焦げそのものでした。
e0090670_2241175.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-24 22:41 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

試写

2011.5.23(月)雨
今日も製図と格闘していました。いざ型紙を置いてカットするとなると迷いが生じ又あれこれといじくってしまいます。ついでに布を使いきってしもうと、自分のパンツの製図も始めたわけです。雨の日はどこか気分が落ち着きません。ところでめったに食べない朝食を作りました。本末転倒ですが携帯のカメラを試写したくて。
e0090670_052945.jpg

そして、昨日採取した草を思い出しました。ニワゼキショウは花はしおれもう何のことやらです.又謎が増え宿題です。中にカラスノエンドウの実が入っていました。一度お茶を作ってみようとすこしばかりいただきました。その前に試写。並べてみるとこの実がカラスのくちばしに似ているという名前のいわれがよくわかります。はたと、種を見たことがないので出してみました。なにかうずらのような模様がありました。一緒に持って来たスズメノエンドウも種はカラスノエンドウを小さくしたような形と模様でした。見た目で間違うことがないので種まで見ませんでしたが、エンドウのような豆をイメージしていましたので意外でした。実は洗って干しています。お茶は明日のお楽しみです。写メは昨日よりはきれいに写っていました。接写はやはりうまくとれませんでした。
e0090670_0523874.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-24 00:55 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

とうとう

2011.5.22(日)曇りときどき雨
ユキさんちへ収穫へ行きました。4日も経てばどんなに大きくなっているかとちょっと期待していましたが、あまり大きくなっていませんでした。まだ4,5日はおいていても大丈夫かと思いましたがせっかく来たので小さくても収穫してきました。帰りは例のごとく淀川河川敷を散策寄り道をしました。調べたい野草の写真ををいくつかとっていましたら、ニワゼキショウが低く咲いていました。その中に一回り小さい花があったので、オオニワゼキショウと思い見ていましたがなんとなく雰囲気が違うのでふとアイイロニワゼキショウではとおもい採取しておきました。次にキショウブを見ていましたら天気予報どおり雨が降りだしましたのでお開きとしました。家に帰り、色々用事を済ませデジカメを出そうとしたら見つかりません。恐れていたことをとうとうやらかしました。真っ青になって河川敷へ捜しに行きましたら、ニワゼキショウを見ていたところにデジカメを入れておいた布ケースが見つかりました。中身はおそらく誰かに持っていかれたのでしょう。ケースが雨に濡れビショビショでとても哀れに見えました。ぼう然と帰りり道を歩いていましたらだんだん落ち着き、やってしもたーとあきらめがつきました。とは言えすぐに買えるほど経済的余裕がありませんので当分は携帯で代用することにしました。今日は何も考えないでひたすら帽子を編んでいました。

以前見つけた幼虫がいなくなったと思ったら又次の小さな幼虫を見つけました。(5月20日撮影)
e0090670_1344893.jpg

プランターで見つけた巨大な双葉の実生、どうもヘクソカズラのようです。あんまりいてほしくない草ですがもうしばらく様子をみることにしました。
(5月22日携帯で練習撮影)
e0090670_13582.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-23 01:35 | みてあるき | Comments(0)

京都ビオトープ研究会 いのちの森調査と観察会

2011.5.21(土)晴れ
日を決めて何かをすると1月がとても早いです。いのちの森の調査も第3土曜と決めていますが、ついこないだだったと思うことしばしばです。毎回なにか新しいことがあり飽きるということはないのですが。梅小路公園大宮通の入り口近くにはタチバナが植えてあります。そう言えば花が咲くころと近寄りましたら咲いていました。何年も通っていますが意識してみたのは初めてでした。いのちの森では、雄木だとばかり思っていたヤマグワがたくさん実をつけ雌木だと初めて分かりました。又、花は毎年たくさんつけますが実の頃になるとすっかりなくなってしまうトウグミの実がまだたくさん残っていました。食いしん坊には、うれしいニュースが増えています。

花盛りの広場:
タチバナ→
ワイルドフラワー→
水路は園児たちのいい遊びになっています。かつてはいのちの森にもあったキショウブがここでは毎年見られます。クレソンの花も咲き始めていました。
e0090670_2564516.jpg

いのちの森ではエゴノキやヤマボウシやスイカズラなど白い花の盛りでした。
エゴノキ→トキワサンザシ→ケテイカカズラ
e0090670_2573143.jpg

雌木のヤマグワ→トウグミ
e0090670_2575237.jpg


観察会では、集合場所と決めていたイベント室が使えなくなり、2階の和室へと変更になりました。2階から眺める庭園は見晴らし抜群で、昼食もここでとりました。ラッキーな変更でした。
そして新しい試みとして花の種を植えました。毎回立ち寄って、植物の成長の様子、周りに生えてくる野草、やってくる昆虫などを見ていきます。管理者の指導のもとで、皆で土を入れたり種をまいたりしました。どんな観察会になっていくのか楽しみです。観察会は、以前作りました「いのちの森の冊子」を使い、5月に見られるシロツメグサの仲間を詳しく見たり、園内に咲いている花の解説をしました。

和室→
観察用のプランターを置くところのバックヤード。普段は作業する人たちが休憩したりするところです。水族館建造のため事務所移転にともない、研究会の荷物もここのロッカーに置いています。
e0090670_259258.jpg

植栽の土や種のまき方などの説明を聞き、まるで園芸教室のようです。公園という環境ならではの試みです。

赤玉土を入れる→土を入れる→種をまいたあとの管理の話
e0090670_3046.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-05-22 03:00 | Comments(0)