ちえこさんの奮闘記
by somemonya
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

パートナーシップクラブ 瓜破の町〜大和川調査2

2011.11.27(㈰)晴れ 瓜破霊園〜大和川〜喜連瓜破
死ぬほど忙しくとうとう2日も経ってしまいました。その間、あのカイガラムシのようなテントウムシはベダリアテントウの蛹と教えてもらいました。交尾しているように見えるテントウはその成虫のようです。このテントウは自分の脱け殻の中で蛹になるそうです。テントウムシは知っていますがその生態となると知らない事だらけです。
e0090670_23532541.jpg

さて、続きですが、貨物線の線路が残っているところが一部残って、その様子は廃虚のようです。この線路(右)の先は大阪市大に続いているのだと思うと上を歩いてみたくなりました。この調査コース本来は市大までなのですが、何時も大和川の途中で終り幻の市大なのです。それに、この線路にはなぜかロマンを感じます。
e0090670_23541828.jpg

大和川での草は一種の群生が続きそれが終ると又違った種の群生が続くと言う形でその変わり目がハッキリわかりました。コセンダングサの群れに入り込んだ時は果実が手袋や靴に刺さり、まるで中国針のようでした。
e0090670_23553921.jpg

このような状態でしたので沢山の草を見ることはできませんでしたので、花や実を沢山つけていたアレチウリとカナムグラをゆっくり見ました。以外だったのは、アレチウリはウリ科ですので果実の中は、キュウリやウリのようだと思っていましたのにマメのように1個あって二つに割れました。それと痛々しそうな長い刺が以外と痛くなく皮膚にも刺さりませんでした。こうやってみると、見掛け上の花や実を知っていても、てんとう虫と同様生態的なことは何も知っていないんだと、観察力の無さを思い知りました。
e0090670_23563017.jpg

カナムグラ
e0090670_2357147.jpg

アレチウリ
e0090670_23572354.jpg

川ですので水鳥を期待しましたがヒドリガモとコサギを少し見ただけでした。そのかわりミノムシ(ニトベミノムシ?)が立ち枯れの草にビックリするほど沢山ついていているのを見つけました。ひょっとするとみな兄弟かもしれないと教えてもらい又ビックリ。
e0090670_23581616.jpg

思ったより暖かい日で、いつものメンバーであせることも無くのんびりと河川敷を歩き、てんとう虫や花の不思議も知り、いつもながら調査の楽しさを満喫しました。
e0090670_23585378.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-30 23:59 | ごきらくボランティア | Comments(0)

パートナーシップクラブ 瓜破の町〜大和川調査

2011.11.27(㈰)晴れ 出戸〜瓜破霊園〜大和川〜喜連瓜破
地下鉄駅「出戸」を出ると長原古墳群の碑が有り歴史を感じます。地名の出戸とか瓜破とか変わった名前を見るだけでもワクワクします。霊園に向かっての道筋に田んぼが残り、刈った後に又新芽を出し低く稲穂をつけているものもありました。
e0090670_1431551.jpg

田んぼを過ぎると普通の街が現れ、あまり見たことの無いサルスベリの紅葉を見ました。そして霊園の入口には小さな古墳があります。霊園内にはもう一つ古墳が有り、古代人交えての霊園です。
e0090670_1441466.jpg

霊園の奥に池がありそこに植栽されているラクウショウの紅葉がきれいで、そこを色々見て回りました。本日のトッピックとでも言いましょうかアキニレの実生に小さな虫が沢山ついていて、貝殻虫だろうと言っていました。
e0090670_1473236.jpg

Mさんが小さなテントウムシが二匹重なっている(交尾?)のを持ってきて、このカイガラムのようなものこのテントウムシではないけどテントウムシではと言いますので、じっと見ていますとすでにテントウムシのようなものや、ごそごそ動き蛹からかえりかけのものなど色々な形のものが有りテントウムシの蛹と結論付けました。このような光景を見たのは初めてでビックリでした。この霊園にはイヌノフグリを前回に見つけていますので、それを確認すると言うのも目的でした。まだ、出かけの葉ばかりでしたが一応確認して先に進みました。
e0090670_148555.jpg

もう一種個人的に確認したかったのがコゴメギクと言うハキダメギクにそっくりの草でした。この草は図鑑で名前だけ知っていた草ですが、前回に霊園裏にある池の近くで見つけたのですが確信が無くて今回は標本をとって確認したかったのです。ただ、一株しかなかったのでもう無くなっていてもおかしくはありませんでした。実際、池は一部埋められて小さくなっていました。池にはハシビロガモやヒドリガモなど結構沢山のカモが来ていました。池の端まで行きましたが見つからずあきらめていましたら、その横のJAのフェンスで沢山見つかり、今日は色々運有りの日だと嬉しくなりました。JAの人からすれば邪魔なだけの草なんですけどね。
又々夜も更け、続きは明日にします。
e0090670_150165.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-28 01:50 | ごきらくボランティア | Comments(0)

キツネさまにつまれる日

2011.11.25(金)晴れ
妹さんが来るようになってから染めもんをする時間が少なくなり、金曜は午後のエナジーだけでしたが、そうもいかず朝から前日の続きでした。染めもんはある程度の切りがつかないとやめられませんので、エナジーも1時間ほど遅れました。先週の続きはロー置きが済んでいましたので色を入れ残り時間は別のものを染めました。夕方から友人と待ち合わせをしていましたので、切りの良いところで早い目に終ったのですが、これも適度な切りがぎりぎりで最後片づけは目まぐるしい早さで行いました。駅への足取りも半分駆け足でした。地下鉄には3分前につき楽勝と思いきや、いつもは気にしないのに今日にかぎってマフラーを見ましたら首に着いていません。駅のそばで落としたのは確かで、駅員さんに事情を話し改札を出してもらい大急ぎでマフラーを探しに行きましたら入口に落ちていました。又走って駅に戻り、その途中で電車が来る音がしましたのでスピードを上げホームまで降りますと目の前でドアが閉まりました。マフラーを落とした時からキツネさまが着いたようです。電車が1本遅れた為5分ほど遅刻でしたが待ち合わせの場所に友人はいませんでした。5分くらいで帰るような人ではないので友人も遅れたのだと思いしばらく待っていましたが現れません。もしかしたら1時間間違ったかなと思い覚悟を決めて待つことにしました。何も考えずぼーっとしていただけでしたので1時間待ちは負担に感じる事はありませんでした。今日は縁のない日だと悟り始め、まさか日を間違えたとも思うと帰る気になりました。往復の交通費と約2時間キツネさまにからかわれたことにしました。友人は携帯を持たない人でしたのでパソコンにメールが入っていました。急病で家に帰りましたと。近年になくまとまってボーとする時間をもらいました。

アミスタからのお土産
ナツハゼ(甘酸っぱいが酸味が強い)とシャシャンボ(甘い)
e0090670_150451.jpg

エナジーの染めもん10
白く残っていたところに色を入れました。これが全体の色調です。
e0090670_1505391.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-26 01:51 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

北山アミスタ団地自然緑地調査

2011.11.23(水)晴れのち雨
今日は朝から晴れていたので天気予報も見ないで家を出ました。緑地はドウダンツツジとハゼが赤く紅葉していました。今日の調査で、カマツカが以外と多く、幹がとても太くなっているものもありました。実のなる樹木の実もしっかり色づき、この緑地は長く人が入らなかったと聞いていますが、鳥や虫達にとっては良い森だったのではないでしょうか。
e0090670_0302990.jpg

他の人達は、コナラにカシナガ(カシノナガキクイムシ)が発生しその調査に当たっていました。ナラ枯れは京都で問題になり、最近とうとう生駒でも発生していると聞いていました。この緑地は生駒山に連なる丘陵地ですので、とうとう来たかと言う感じですが、早く対策をとらないと他のコナラにも移ってしまいますし、ここからさらに他の地域へ広がってしまいます。この事件で緑地計画も少し遅れるようです。実は梅小路公園でもカシナガ蛾発生しそのたいさくがとられていました。いのちの森のコナラにも根元に木くずが落ちているものがあったのです。しかし、それはカミキリムシとわかりひとまずは安心したのですが、決して油断はできません。
カシナガは小さな虫で幹に2,3ミリくらいの穴をあけるので、木の根元はその虫の糞と木くずが落ちています。今日私が見たものは5ミリくらいのものもありました。
e0090670_0334383.jpg

梅小路では、穴に薬剤を付けた爪楊枝(薬剤を注入したのかもしれません)が物の見事に沢山突き刺さっていました。今日の話では、このやり方では効果が弱いとか。
e0090670_0341645.jpg

他の人達が目の色変えてコナラを見て回っている時、申し訳ないと思いつつ、のんきにシャシャンボやナツハゼを口に入れながら森の植物を見ていました。
このシャシャンボの実は大きく食べごたえがありました。
e0090670_035151.jpg

一番高い尾根から下を見ると、下は全く景色の違う住宅地で、下の住人はここにこのような自然の恵みがあることを知らないでしょう。ところで、午後からは、ぽつぽつ降り始めました。それが10分もしないうちに強くなり、調査中はずっと雨でした。タデの種刈りの再来でとうとう雨女になってしまったのでしょうか。それとも一人だけ楽しんでいた者に罰が当たったのでしょうか。
e0090670_040897.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-24 00:40 | ごきらくボランティア | Comments(0)

オシロイバナのその後

2011.11.22(火)晴れ
さっきオシロイバナの根を抜きました。文献などでは芋のようなな根が毎年大きくなると書いて有り、放っておく訳にはいきませんし、どんな芋かと言うのも興味がありました。枝葉を伸ばしプランターをおおい、茎も太い割にはすぐに抜けました。根を横に張ることもなく主根のみであっさりしたものでした。根は芋ではなく茎がメタボになった感じでした。水やりを忘れると葉がすぐにしおれるのも納得しました。最後まで楽しませていただきました。
e0090670_23594733.jpg

芋と言えば、先日八百屋さんで小さな冬瓜を見つけ買っていた物を、出し汁と醤油で煮浸しにしておきました。冬瓜はあんかけで食べるのが一般的ですが、妹さんが安いからと言って買った山芋を少しいただき、すり下ろしてヤマ掛けにして食べましたところ、これがとっても美味しかったのです。これにはまり、最後の山芋と冬瓜をさらにソバと組合せてみました。山芋は何にかけても美味しいことを知りました。
e0090670_005565.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-23 00:01 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

日常

2011.11.21(月)晴れ
週開けて、脂肪落しをはげみに妹さんはやって来ました。私より老眼が進んでいる妹さんは、ベランダ際の一番明るいところで仕事をしていますが、陽射しが入らないと縫い目が見えにくいようです。今朝はそれを心配をしていたのですが、妹さんが着た頃から部屋が明るくなり室温も寒さをしのげるほどに上がっていました。例の巾着がやっと納得物ができたらしく、先週末から、少し変化させたバージョンに取り組んでいます。底四角が丸くなるだけですが、これだけのことで縫い方が全く変わります。又々悩み多き時間が続いているようで、失敗繰り返しながら、ある程度仕上がりが見えるところまでできたところで、1個づつ作るのをやめ、あと2個同時進行で部分を流れ作業的に縫うやり方に変えました。何回も間違っているうちに、間違った場所を忘れ、次の1個も又同じことを繰り返すということに気がついたそうです。よくぞ気がついたと大笑いしました。私が日頃経験していることそのものです。

妹さんの初めての作品
ハンカチ1枚と裏地(又はハンカチもう1枚)で作る中ポケットのある巾着
ひもの始末は全てできてからまとめてするそうです。間に合えば公民館祭の手作りバザーに並べます。
e0090670_1243284.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-22 01:26 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

パートナーシップクラブ そめタデ講座6

2011.11.20(日)晴れ一時小雨
「藍を育て、藍で染め、藍で環境を学ぶ連続講座第六回」
藍染め講座最後の日で準備やクラブの雑用も有り午前から出かけました。地球館に着けば、人の出会いなどあれやこれやと予期しないことがおこり、すぐに仕事には入れないのが常です。そう言う訳で、実際に用事に入れたのは30分遅れでした。先に藍染めで必要なものを準備し終って、本館1階のクラブのポスターの入れ替えをしました。本来は月始めの会報発送の日にたのスタッフがするのですが、ブログにも書きましがその日は用事が多過ぎて時間の余裕が無かったのです。いつもは他人任せのポスター張りですがサイズが大きいのでうまく張るのは以外と難しいものでした。今思い出しましたが、種名を間違えて書いてあるカ所を見つけました。訂正しようと思っていたのに作業を続けている間に忘れてしまいました。

クラブ会員や、調査隊の募集ポスターや、市内定点調査の生き物マップも張っています。
今日は長居の自然史博物館でもこのような展示発表がおこなれていました。スタッフの連絡によりますと、なかなかの好評だったそうです。
e0090670_1575276.jpg

今日は阿部の聖天ヤマ界隈の調査マップと11月調査隊マップの張替えでした。
e0090670_21768.jpg

e0090670_21276.jpg

いよいよ講座の準備では荷物を講座会場に運び今度は会場の設置作業です。最後ですので、クラブの宣伝もしなければいけないと思い、これまで行事で使ったパネルを並べました。机を並び替えていると早々と来た参加者が手伝いを申し出ていただき、正直助かりました。今回は色んな場面でこのようなことが有り、すべてにおいて自主的な参加型の講座だったように思いました。
e0090670_262529.jpg

時間になり講座が始まり、まずはタデの種刈りからで皆で畑へ行き農作業でした。今日は晴れて良かったねえと言っていた矢先に雨が降り出し、必要な量を取るとそくさく終了にしました。事務局のお二人さんが雨男女であったとかで、しきりに謝っておられました。そう言えば肝心の葉の2番刈りの日も大雨でした。
e0090670_271744.jpg

部屋に戻ると先月した乾燥葉染めと7月に行った生葉染めの作品を並べミニ作品会をしました。一言、それぞれ独自の技法でとても個性がありました。
e0090670_29287.jpg

最後に一人ずつ今回の講座の感想、意見、要望などを言っていただきましたが、個人の反省と、皆さんそろって楽しかったと言われました。主催者側としましても色々反省するところが有り厳しい意見もあるかと思っていましたが何よりも楽しんで満足したと言う言葉を聞き、来年への励みになりました。一応めでたしでした。
e0090670_2101787.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-21 02:10 | ごきらくボランティア | Comments(0)

出会いの連鎖

2011.11.19(土)雨
今日はフリー切符を使って有効移動をする日でした。午前の染めもんが終ったのは12時を過ぎていました。慌てて準備をして地下鉄につきましたら、八尾南行が来ると言うアナウンスが聞こえ、フリー切符のことを忘れピタパカードで入ってしまいました。電車に乗って座ったところで気がつき10分待てばと後悔しました。天王寺につきダメ元で改札員に事情を話しフリー切符に換えれないか尋ねると何とOK。とても親切な職員で、ピタパを元に戻す手続きをいていただき、フリー切符は売店で買うようにと教えてもらいました。何度もお礼を言って美術館へ友人が公募した展覧会を見に行きました。皆粒ぞろいの力作でした。と後ろ姿がよく似た人がいたので「知っている人?}と少し大きめの声で言いますと、振り向いた2人はやはり自然愛好会の友人でした。気さくでこの上んなく愉快なお二人さんに出会い展覧会を見終わると1階の喫茶室でお茶をしました。おしゃべりしているうちにすっかり時間が過ぎ長居自然史博物館フェスティバルに着いたのは閉館前でした。取りあえず会場に向かっていましたら、クラブのスタッフに出会いそのまま180回転して又駅に向かいました。お手伝いするつもりがただ来ただけになりましたが、良く会えたなあと、今日の人運の良さを感じていました。そこから、クラブのことを話す為又お茶をして別れ、守口地下鉄のエレベータ前で知らぬ人から道を聞かれ、帰り道だったのでそこまで案内をし、携帯を見ましたら、月一で守口に来る友人からメールが入っていました。いつも国際交流センターで会っています。メールをもらいすぐ直行。で今日の出会いは秒単位で少し時間がずれれば会えない人達ばかりでした。最初のフリー切符が買えたところから、運は変わったのでしょうか。だらだらと長くなりましたが稀に見る、電車、出会いがスムーズに運び沢山笑った日でした。

一水会公募展:撮影禁止でしたがテーマが、今年、出会った友人達と「良い駅巡り」をしたそうです。その懐かしい駅だったのでどうしても撮影したかったそうです。それで私もその様子を撮影しました
e0090670_3111010.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-20 03:11 | みてあるき | Comments(0)

鬼が笑う

2011.11.18(金)曇り
さっき一仕事終え本日終了です。今週はエナジーと全く同じモチーフの龍のタペストリーを色違いで染めていました。あのサイズを間違って縫い直した布で3個一の作品です。このスタイルはのれんを始めた時から一貫しています。使う人が場所を自由に選べ、一枚単品でも使えるようにです。ですからモチーフは繋がっていてもバラバラで使えます。大阪クラフトパークへ出店を始めてから毎年干支にしています。この干支と決めた時から、辰(龍)と巳(ヘビ)はどのように表現しようかと悩みの種を抱えました。とうとうその辰年がやって来た訳ですが、追い込まれれば苦し紛れで何とかなるもので、今は自分だけかもしれませんが納得しながら乗っています。そして、鬼が大笑いですがヘビのイメージを考えながらも平行しています。こちらの方が難関です。

エナジーの染めもん9
先週は気のゆるみで入れてはいけないところにローを入れてしまい、再度ソーピングをやり直しとんだ2度手間をしてしまいました。時間も環境もエネルギーも無駄にしました。今日は2度と繰り返さないように慎重に裏表2回のロー置きました。、来週は色を入れられます。
e0090670_1502440.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-19 01:50 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

パートナーシップクラブ 大阪市庁舎屋上調査

2011.11.17(木)晴れ
市庁の玄関にはもうクリスマスツリーが置かれていました。地味なツリーでしたので本番に向けて置いてあるだけかもしれませんが、ちょっと気分的にせわしくなります。
e0090670_0521599.jpg

地下食堂で昼食をとっている時は感じませんでしたが、屋上に入ると肌寒く秋と言うより冬のようでしたが草木を見るとまだうっすら色づいていて秋景色でした。
e0090670_0532870.jpg

調査の前に昨年と同じ木にこも巻きをしました。来年どんな虫が入っているのか楽しみです。
タブノキ→ヤマモミジ→オリーブ
e0090670_0535652.jpg

ツワブキの花が満開でした。コムラサキの実と並びきれいでした。
e0090670_05456100.jpg

今年はオリーブの実が沢山ついています。先月、落ちた実を少しいただき酢に浸けておきました。昨晩アジのマリネを作りそれに入れました。しかし、まだ漬かっておらずただ苦いだけでした。やはりピクルスもどきは1年待たなければいけないよです。ちなみにお酢はマツバ酒が酸味をおびてお酢になってしまったものです。癖のあるアジとの相性が良くなかなかの味でした。
e0090670_0573633.jpg

[PR]
by somemonya | 2011-11-18 00:57 | ごきらくボランティア | Comments(0)