ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

きらっとさん搬出

2013.4.30(火)小雨のち曇り
アッと言うまの1月でした。朝目が覚めた時の雨音に何で搬出日に雨…。急きょ家を出る時間を遅らせましたら、昼前にはほとんどやんでいました。新体制のきらっとさんは、平均年齢が下がり明るく、なによりも若い方に作品をほめていただくとうれしいものです。今日も着ていったリフォームのブラウスを喜んでいただき、ついつい調子に乗り自慢話をしてしまいました。まだまだ代表者の苦労は尽きないでしょうが、その苦労が実る時がきっと来るような気がしました。次の再開は来年3月ですが、その時はべてらんさんになっているでしょうか。

昨年新作の試作で作ったリフォームのブラウス
e0090670_2343859.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-30 23:45 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

有馬レポート5

2013.4.28(日)晴れ
間違って1時間早く家を出てしまい、それならと少し町を探検しました。実は前回から30分くらいうろついていたのを、今日は1時間に。気になっていた隣同士の温泉寺と、温泉神社へ。特別書くような事は無いのですが、温泉神社の参道入口でスミレを見ていたらラショウモンカズラが咲いていて、思わずうれしくなりました。この立派な花を見つけたおかげで、一時間寝そびれた悔しさが帳消しになりました。博物館のおじゃみ作りは小学生6人大人2人が入れ替え続きで一日忙しく、教え方も大分わかってきました。

温泉寺:724年行基上人建立
温泉神社:有馬温泉を発見したと言う神様が祭ってある。阿吽も古く文政の文字が見えた。
ナガバタチツボスミレかな・ラショウモンカズラ・フキ
e0090670_28289.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-29 02:10 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

道草

2013.4.25(木)晴れ
パートナークラブで使う園芸用ポットを買いにぶらぶら出かけました。園芸やさんに行けばすぐ買えると思っていましたら、以外や品切れ。足を伸ばし、門真のダイソーへ。100均は何でもあるんですね。ちょうど欲しい大きさのが有りホッとして、他のものにも目移りし、あえもこれもと買ってしまいました。帰りはのんびり、道端に生える草花が見たり。南宗寺のイチョウを見ていると前のビルやお寺が小さく見え、いつ見ても雄大です。団地につくとニワウメの様子を見に行き、同じ場所に八重の白い花が咲いていました。こんな綺麗な花があったとはついぞ知りませんでした。何と言う花なののでしょう。調べものが又一つ増えました。

e0090670_137103.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-26 01:37 | みてあるき | Comments(0)

梅ジャム作り

2013.4.23(火)曇り
6月には梅酒(ノーシュガー)を浸けますが、昨年のを別の瓶に移さなければいけませんが、その前に梅の実を出さなければいけません。毎年ジャムにしますが、実だけをきれいにとるには、蜂蜜に浸けて、ウメの水分が抜けてシワになる頃に、中心の種と周りの実をはがします(これだけ食べても美味しい)。種は表皮を割って中身を出し、そのまま食べても良しですが今回は実と一緒に炊きました。そして量にもよりますがトコトコ20,30分ほど煮て完成です。このトコトコの間に他の用事をしてしまうのでたいがいは底が焦げ付いています。今回も然りでしたが、お鍋もピカピカになり一石二鳥のジャム作りです。

容器に梅を入れはち密を入れます→
ウメがシワついてくればとり出し、種と実を分けます。→
浸けていた蜜と水を入れてとことこ30分ほど煮てかき回すとペースト状になり完成です

e0090670_23455670.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-23 23:48 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

北河内自然愛好会 会報発送

2013.4.22(月)晴れ
4ヶ月に一度この仕事がやって来ます。又片づけどころではありません。会報がここに来るまでには何人かの手がかかっています。一番しんどいのは、最初の編集の方でしょう。原稿集めや校正などあらゆる場面で頭を下げ発送日に間に合うよう大変な気配りをされている事でしょう。皆さん、発送日を気にかけ、時間を割いておられるのだと思うと、やはりその努力を裏切る事はできません。宛名のシールを貼っていて、名前を見ていると、作品展の案内状を送っていない人が何人かいる事に気がつき、慌てて詫び状と共に封筒詰めするというとんでもないおまけもありました。まあ、こんな調子でぼけています。

堺で見た、ボロ隠しのように植木鉢を覆うヒメツルソバでしたが、偶然なのか、持ち主の意図なのか、装飾的で良い感じ。
e0090670_1505566.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-23 01:52 | ごきらくボランティア | Comments(0)

有馬レポート4

2013.4.21(日)曇りのち
4月6日は天気予報の「外出をお控え下さい」の警報を信じ家にいました。で20日間の空白があり、交通の時間も何もかも忘れ、有馬までの風景も変わり浦島さんモードでした。ただ、このルートは、開発で削られた山肌がむき出しになり殺伐とした風景でしたのに、谷間の樹木の萌芽で一変していました。樹木によって違う淡い緑や咲く花が混ざり霞のようで、荒れた地肌は崖のように浮かびあがり、撮影も忘れ、ただただ見入っていました。現地では、そこそこの人出でにぎわっていましたが、博物館の来場者は少なかったです。常連のような男の子達(実は女の子が混ざっていた)3人がおじゃみ作りに挑戦しました。学年はそれぞれ違い、年長さんが悪さをする子をたしなめ、みんなを引っ張ると言う縦割りの関係があり、自分達の小さい頃を彷彿させました。この近所の小学生で、全員で36人しかいないと聞いて驚きましたが、友達でありながら年上を信頼すると言う関係は、少人数だからできるのでしょうね。彼らとの会話は、なかなか面白く楽しかったです。

館では各階で決まった時間に、おもちゃの紹介があります。どれも皆楽しいですが、からくり人形では実物を見ながらそのしくみの解説があり、そのシンプルさに驚かされますし、大人でも充分楽しいレクチャーです。
e0090670_1424439.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-22 01:50 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

有馬レポート4

2013.4.21(日)曇りのち
4月6日は天気予報の「外出をお控え下さい」の警報を信じ家にいました。で20日間の空白があり、交通の時間も何もかも忘れ、有馬までの風景も変わり浦島さんモードでした。ただ、このルートは、開発で削られた山肌がむき出しになり殺伐とした風景でしたのに、谷間の樹木の萌芽で一変していました。樹木によって違う淡い緑や咲く花が混ざり霞のようで、荒れた地肌は崖のように浮かびあがり、撮影も忘れ、ただただ見入っていました。現地では、そこそこの人出でにぎわっていましたが、博物館の来場者は少なかったです。常連のような男の子達(実は女の子が混ざっていた)3人がおじゃみ作りに挑戦しました。学年はそれぞれ違い、年長さんが悪さをする子をたしなめ、みんなを引っ張ると言う縦割りの関係があり、自分達の小さい頃を彷彿させました。この近所の小学生で、全員で36人しかいないと聞いて驚きましたが、友達でありながら年上を信頼すると言う関係は、少人数だからできるのでしょうね。彼らとの会話は、なかなか面白く楽しかったです。

館では各階で決まった時間に、おもちゃの紹介があります。どれも皆楽しいですが、からくり人形では実物を見ながらそのしくみの解説があり、そのシンプルさに驚かされますし、大人でも充分楽しいレクチャーです。
e0090670_1424439.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-22 01:50 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

京都ビオトープ研究会 いのちの森調査

2013.4.20(土)曇りのち小雨
今年はどこへ行っても樹木の花が綺麗です。いのちの森では、特定外来種に指定された頃から突如出なくなっていたオオカワヂシャが咲いていました。。又、ちょっとできた日当たりのいい空地からニリンソウと言う在来種が初めて見つかりその周りにアマドコロが出ていました。他の植物もいつもより開花の量が多く、この何年間の様子と少し違います。ピンチヒッターで観察会を受け持ちましたが、都会の公園では植栽される事がないウワミズザクラやアキグミなどの花が目の前で咲き、初めてみる方も多く、いのちの森らしい観察会ができたと思います。

e0090670_0501684.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-21 00:51 | ごきらくボランティア | Comments(0)

作品「ワープ」

2013.4.18(木)晴れ
自分でも初めて見る4枚一組の作品です。下手ですけど若い頃の丁寧さは良くやっているなあと思います。一度に全作品を見てもらえないのが残念です。もう一方の壁面にはキリの作品を掛けました。この作品は2005年に発表していますが、この作品を見る度に、あの手の届きそうな所にあった立派なキリの花を思い出します。それと、キジも見なくなったなあと、淀川の風景もすっかり変わり、まだ自然が沢山残っていた過去をなつかしみました。後半の作品は5月の風景ですが、今年はもうツツジも咲いていますように、色んな花が1月早く開花し4月でもそんなに違和感を感じませんでした。

e0090670_23422559.png

e0090670_2343175.png

[PR]
by somemonya | 2013-04-18 23:43 | ぎゃらりー | Comments(0)

ローズマリング

2013.4.17(水)晴れ
明日はきらっとさんで作品の入れ替えと、ローズマリングのワークショップをします。ローズマリングは以前にも書いていますが家具などに施すノルウェーの伝統ペインティングです。本来木片に描きますが、そこに至るまでに木をつるつるに磨かなければいけません。その作業が手に負えなくて、本格的にはしていませんが、この文様を描く構想が自由で際限が無い所に魅力を感じています。ワークショップをしようと思ったのは、アイデアを生み出したり、アドリブで自由に描く訓練になり、それは絵を描くだけではなく個性をうまく表現できる世界でもあるからです。使うモチーフは決まっていて、数も少ないので最初が入りやすいと思います。

今週は、初心者用に簡単なテクニックのモチーフを考えてみました。描き始めると面白いので、染めた布をかぶせてブローチにしたものに描いてみました。

e0090670_2324872.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-04-17 23:12 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)