ちえこさんの奮闘記
by somemonya
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ワンピース3

2013.9.30(月)晴れ
滑り込みで9月に縫い終りました。やればやれほど面白くなりすっかりはまってしまいました。いただいたシャツがなくなり暴走が止まると共に気分もすっとしています。長年古着のリフォームと染めを組ませたいと思っていましたが今回はそれを試すいい機会にもなりました。普段着も沢山出来ましたし。ワイシャツは普段着にはとても良い素材でした。丈夫で軽く風通しがよく、重ね着をすればあい物やエプロン代わりとしても着れます。使う前に、11月のグループ展に展示しようかと思っています。

ノースリーブ:継ぎはぎだらけですので、それをごまかす為に簡単な模様を入れましたら楽しいものになりました
長そで:シャツの色を見ているとこの形が頭に浮かびました

e0090670_23222872.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-30 23:26 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ローズマリング

2013.9.28(土)晴れ
暑い8月はお休みで、1月抜けただけでもう何年もやってない感覚でした。月1回その場でしかいないので、技術は余り上達しませんし前回のことはほとんど頭に残っておらず続きを見ても最初の構想を忘れてしまっていますが、それでも続きはその日のイメージで始められます。ローズマリングの面白いところは、途中でどう変えもOKで、話しをしながらでも思うままに手が動かせます。それぞれ5種類程度の文様と色、方向性に決まりが有り、これさえ分かれば自由に展開でき、オリジナルは苦手だーと言う人にはいい訓練になります。で、今日も途中で終り抱腹絶倒しながら楽しんできました。おまけに、ブリの出世魚とれとれメジロ(かな?)をその場でさばいてもらい、晩ご飯にもらいました。ユキさんちに来るといつも帰りの荷物が重くなり嬉しいです。

背中がこんなにきれいなブルーだとは知りませんでした。
e0090670_1303485.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-29 01:38 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

宝塚ガーデンフィールズ

2013.9.26(木)晴れ
今日は友人の薦めで無料の日だと言うので何の前知識もなく行きました。宝塚には娘が小さい頃にファミリーランドへ連れて行ったくらいの縁しかありません。その頃ちょうど手塚治虫記念館が出来た頃でした。隣接にこの植物園があったのか記憶にありません。英国風ナチュラル庭園とはどんなものか知らなかったのですが人間臭い刈り込みはしてありませんでした。又、外来の園芸品ばかりと思っていましたが、在来種や実生が来るもの拒まずと言う感じで混ざり合っていました。微妙なバランスでとても自然体でした。この庭園が12月に閉園になるそうです。友人達は残してもらえるように署名運動などをしているそうですが(先日署名をしておきました)確かに無くなるにはもったいない庭園で署名したのは間違っていなかったと思いました。

色んな植物が無雑作に生えているような管理が好きでした
e0090670_0525422.jpg

アシタバ食べ放題のキアゲハ幼虫の楽園
イチジクの張りつけ?植栽か実生か分からないのですが実のついているところを見たいものです
e0090670_0533969.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-27 00:56 | みてあるき | Comments(0)

火の見やぐら

2013.9.24(火)晴れ
いつも歩いている道ですが、何げなく見上げると消防署の火の見やぐらが見えました。長年同じ道を歩いていて気がつかなかったのは、手前に建物があったからだと思います。この建物はサンヨウの建物で最近更地にされました。この辺りには他にもサンヨウの建物がありましたが、殆どなくなりました。サンヨウで潤っていた守口ですが建物が一つ無くなるたびに、世の中が変化していき明るさが消えていくように感じます。後から見る火の見やぐらもちょっと寂しく感じました。正面で火の見やぐらを見たのも初めてでした。意識しないと気がつかないですよね。

e0090670_0521738.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-25 00:53 | みてあるき | Comments(0)

京都ビオトープ研究会 「いのちの森調査」

2013.9.21(土)晴れ
エノコログサがどこかしこすきあらば長い穂を出し涼しげに咲いているのが好きです。近年京都が遠く感じるようになりましたが、このような道端に生えている草や思いも寄らぬものを見つけると嬉しくなります。毎回、できるだけ違うコースを歩くようにしています。いのちの森は樹冠が高くなり、薄暗くなった所では草が殆ど生えなくなっていましたが、ドングリの木にカシナガキクイムシが進入し何本か切られ、その場所が明るくなり景色が変わりました。この森で、このような空間(ギャップと言うそうです)ができるとは思っていませんでしたので、来年がちょっと楽しみです。

バナナを並べて植えている寺も珍しい。実が沢山できるからでしょうか。
粟嶋堂(宗徳寺):看板の説明によると女性の守護神粟嶋明神が祀られています。与謝蕪村も娘の病気回復を祈願したと書かれています。

e0090670_0575676.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-23 01:01 | ごきらくボランティア | Comments(0)

地球館・パートナーシップクラブ 「大阪市庁舎屋上調査」

2013.9.19(木)晴れ
暑さがちょっとぶり返してきましたが、屋上は涼しく先月の暑さが嘘のようです。この時期ヒガンバナがあちこちで咲きます。いつも感心するのは草に覆われた日陰の中でもちゃんと咲いているのがこの草の強みでしょうか。この草は種子できにくいと聞きますが、あの妖しげな赤い色や長く突き出た雄しべは魅力的です。今日はまん丸お月様と良くあうのでしょうね。ここのススキもきれいで当たりはずれたことがありません。お月様がいないのがいつも残念です。その代わり夕方から、観月会のお誘いが有り、ニコの演奏を聞きながら、鏡のようなお月さまを見てきました。

e0090670_031224.jpg
e0090670_0313386.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-21 00:36 | ごきらくボランティア | Comments(0)

北河内自然愛好会 御殿山「淀川鳴く虫の観察会」

2013.9.16(㈪)曇りのち晴れ
台風の去った後はとても良い天気になるので夕方からの例会は大丈夫と思いきや、講師が乗る電車が止まり他の交通機関を乗り継ぎ30分遅れました。それと淀川の増水。河川敷が急流の川になっていました。堤防にやたら人が多いと思っていましたら、めったにないこの景色を見ようとやってきた人達でした。虫達と言えば一通りの声は聞けましたが、堤防しか歩けなかった、気温が低くかった、水と共に流されたなどの影響か例年に比べると優しいものでした。風流を楽しむのならこの程度で良かったのでしょうが暗い夜道誰もいなくなるとちょっと寂しかったです。昨日同様色んな体験をします。

堤防下まで増水したようです。
e0090670_0173480.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-17 00:19 | みてあるき | Comments(0)

地球館・パートナーシップクラブ 「十三淀川右岸調査

2013.9.15(日)曇りのち雨
調査は雨天決行。十三に着いた頃には雨はやんでいました。今日は大小のグループのウォーカーに沢山出会いました。十三は先月虫の観察会で来ていますが、あの日の草達に花が咲いていました。河川敷らしく各種量も多く調査に来たーと言う感じでした。今日もなかなか進みそうもないなあーと思いつつ、目を凝らしていましたら、仏様が出る騒ぎが有り警察や何故か消防車などサイレンうるさくやって来ました。淀川では余り珍しくもないことですが、実際遭遇しますと気分良いものではありません。近づかないようにしてましたが一騒ぎが終る頃雨が降り出し、調査は中止にしました。20年近くの調査体験で事件や台風騒動は初めてで、こんな日はろくなことがないと言う神様(仏様)の啓示だったのでしょう。

e0090670_23544846.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-16 00:02 | ごきらくボランティア | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅「大正の町散策」

2013.9.14(土)晴れ
大阪市の中にある島の街です。町ぐるっと橋や渡しがあり、沖縄出身の人が多いと言うのも有名です。大正の人に何にも見るとこないでーと言われながらも沖縄の風(大正マップネーミング)を感じる平尾の商店街をウロウロし、日本で初めて第九を指揮したヘルマン・ハンセン氏、バームクーヘンの生みの親カール・ユーハイム氏が収容されていたと言う捕虜収容所跡碑がある公園へ寄り、千本松渡しを往復して大正駅近くで昼食をとり解散の予定でしたが、大正橋に安政の大地震でおこった津波の碑があると言うので最後にそれを見てきました。津波の恐ろしさを後世に伝える為当時の瓦版の記事を石に彫った碑です(大阪市指定有形文化財)。大阪にも大津波が有り大変な被害があったのを知りました。その最後に「心ある人は時々碑文が読みやす様子見を入れ、伝えて欲しい」とありますが、今回の大津波がなかったら、これほど心に残ることは無かったでしょうね。

e0090670_0221326.jpg
e0090670_0224657.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-15 00:27 | みてあるき | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅「大正の町散策」

2013.9.14(土)晴れ
大阪市の中にある島の街です。町ぐるっと橋や渡しがあり、沖縄出身の人が多いと言うのも有名です。大正の人に何にも見るとこないでーと言われながらも沖縄の風(大正マップネーミング)を感じる平尾の商店街をウロウロし、日本で初めて第九を指揮したヘルマン・ハンセン氏、バームクーヘンの生みの親カール・ユーハイム氏が収容されていたと言う捕虜収容所跡碑がある公園へ寄り、千本松渡しを往復して大正駅近くで昼食をとり解散の予定でしたが、大正橋に安政の大地震でおこった津波の碑があると言うので最後にそれを見てきました。津波の恐ろしさを後世に伝える為当時の瓦版の記事を石に彫った碑です(大阪市指定有形文化財)。大阪にも大津波が有り大変な被害があったのを知りました。その最後に「心ある人は時々碑文が読みやす様子見を入れ、伝えて欲しい」とありますが、今回の大津波がなかったら、これほど心に残ることは無かったでしょうね。

e0090670_0221326.jpg
e0090670_0224657.jpg

[PR]
by somemonya | 2013-09-15 00:26 | みてあるき | Comments(0)