ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ちえこさんの楽しいそめもん9inきらっと

2015.6.8(月)曇り
場所:喫茶きらっと
前期:6月1日〜15日
hppt://www.geocities.jp/npokiratto 

ヒツジのれん
ヒツジののれんは初めての個展で発表しました。のれんやタペストリーなど立体的に仕上げ、染めと縫い物の今でいうコラボでした。それ以後の染めもんは、この延長上にあり新鮮さはありませんが進化はありました。おかげでずっと染めたいもんを見つけました。
e0090670_23333072.jpg

会社ののれん
オフィスの玄関に和風ののれんがかかっていたら面白いと思い、まずは夫が勤めていた会社の為に染めました。社長と社員です。残念ながら、5点くらい作ったところで、ご時世にならい倒産しました。今見れば、描いた人達が懐かしいです。
e0090670_23342584.jpg

今年の壁掛け
年賀状に使った原画です。今年一年、部屋を楽しませてくれます。
e0090670_23362477.jpg

ヒツジグッズ・笑いなさいふ
e0090670_23371269.jpg

コースター
e0090670_23442281.jpg

マスコットストラップ
e0090670_23524314.jpg

ハンカチ色々
イチゴ柄に女の子が入っている作品は、第1回作品展で初めて依頼された作品でした。女の子は依頼主の娘さんです。
e0090670_23461940.jpg
e0090670_23463817.jpg

e0090670_2348012.jpg

ポケットチーフ
e0090670_23482426.jpg

ネクタイ
猫のネクタイは、若い頃えがいた将来像で、縁側でお茶をすすりながら本を読んだり手仕事したり、のんびり過そうと考えていましたが、そんな近未来があるとは現時点では考えられません。
e0090670_2350771.jpg

野菜のランチョマット
カブラと猫とネズミ、ナンキンと芋虫、白菜とフクロウ、ブロッコリーとカバ、キュウリとアリ
e0090670_2351215.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-06-08 23:57 | ぎゃらりー | Comments(0)

きらっとの仲間達

2015.6.1(月)晴れ
NPOきらっとさん・ミニ展示の搬入に出かけました。きらっとさんの人達とは1年ぶりが9年続いています。働いている人は軽度の知的障害者とそれを支えるスタッフやボランティアで、喫茶や食配などでやりくりしています。今年は開設10周年で何かイベントを考えておられるようです。昨年、そのイベントで使う布を染めて欲しい、終った後の布は喫茶の日よけとして使いたいという依頼を受けました。1年あれば大丈夫と軽く受けてしまったのですが、思いのほか他の用事が忙しく、取材に出かける時間も無く今年に突入。もう無理かと思い着いたのが、みんなで作る「きらっと布」でした。きらっと代表Sさんは、この話に快くのっていただき、メールのやり取りで、皆さんで全てを考えることに決まり、今日はそのアイデアも楽しみでした。円形上に全員の手形を押しその上に各自の似顔絵を描くというものと、大きな木を描きその中に好きなイラストを入れると言うものでした。手形押しの練習として、下絵の大きな木の中に空間を作りその間に手形を入れ木の模様にしました。手に絵具を塗る行為は気持ちがいいと大喜びで、思ったより鮮明な色がでて練習は大成功でした。そののりで一気に本番の手形までいき、本日の予定は完了しました。布を提供するだけでしたが、皆さんの楽しさが布に良くでていて、私が考えるよりいい結果だったと思っています。次回15日が又楽しみです。
e0090670_1462567.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-06-02 01:52 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

大阪クラフトパーク・ショップ2015

2015.5.29 (金)晴れ
毎年、前年に搬入していました2015年度の作品ですが、羊のタペストリーが遅れ今月にやっと搬入しました。年々スローペースになっていきます。

タペストリー:「チェンジ」 天王寺動物園の動物より
天王寺動物園にムフロンが来たことを知り、同じスペースにいて、いつの間にかいなくなったバーバリーシープとセットで染めようと思いました。バーバリーシープは沢山いましたのでずっといるものだと思っていたのが甘く、たった2枚の写真を虫眼鏡で見ながら参考にしました。
hituji1075:ムフロン
hituji1076:バーバリーシープ
価 格:各¥32.400
素 材:綿
サイズ:135cm×40cm (つり布5cm)
e0090670_2329947.jpg

ランチョンマット等、ヒツジの敷物シリーズでは羊の毛の質感を出す為一手間かけましたが、それはほとんど現れず徒労に終りました。おまけにコースターは羊のツノを入れ忘れているのをつい最近見つけました。ヒツジと思っていただければうれしいのですが。

ランチョンマット
hituji1665:ブルー・hituji1666:黄土
価 格:各¥5.400
素 材:綿
サイズ:40cm×21cm
e0090670_2330099.jpg

コースター中
hituji1667・hituji1680・hituji1668・hituji 1681
価 格:各¥4.320(2枚1組)
素 材:綿
サイズ:21cm×14cm
e0090670_23342339.jpg

コースター小
hituji1683・hituji1686・hituji1684・hituji1687
価 格:各¥3.240(2枚1組)
素 材:綿
サイズ:13cm×9.5cm
e0090670_23351081.jpg

フェイスコースター
hituji1689・hituji1690・hituji1691 ブルー
hituji1694・hituji1695・hituji1696 オレンジ
価 格:各¥3.240(3枚1組)

hituji 1692・hituji1693・hituji1697・hituji1698 ミックス
価 格:各¥3.780(4枚1組)
素 材:綿
サイズ:10cm×10cm
e0090670_23361230.jpg

笑いなさいふ
価 格:各¥3.240
hituji1699 黄・hituji1700 ブルー・hituji1701 赤
素 材:綿
サイズ:28cm×14cm(さいふ部分13.5cm×9cm)ひも20cm
e0090670_23423895.jpg

ポケッと笑うねこカバン
以前に紹介した袋カバンです。時間は非常にかかりましたが、作るのが楽しかったです。
kaban1663
価 格:¥15.750
素 材:表・綿 裏・手染めウール まち・革 口・レース糸
サイズ:40cm(横幅)×26cm (高さ)×5cm(まち) 口13cm 持ちひも45cm
e0090670_23432285.jpg

ローズマリング・ブローチ
ノルウェーの伝統ペンティングをちえこさん流に描きました。素材が木ですので軽くて使いやすいのがお薦めです。
rose1707(peaceと花)・rose1708(ヒツジとリーフ)
rose1709(ササキリとリーフ)・rose1710(テナガザル)
rose1711(ウサギとアーカントス)・rose1712(猫とローズ)
rose1713(ヒツジと花)・rose1715(ヒツジとスワイル)
価 格:各¥2.700
素 材:木
サイズ:6cm×6cm
e0090670_23443850.jpg

rose1716(ウサギと花)・rose1719(メガネザル)
価 格:各¥1.950
素 材:木
サイズ:4.8cm×4.8cm
e0090670_23454155.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-05-29 23:54 | ぎゃらりー | Comments(0)

みどりの会 平成浮世旅「夙川花見」

2015.4.1(水)雨 “雨にも負けず風にも負けず花より団子”
守口は終始小雨だったようです。みどりの会雨につきまとわれているのか、先月も大雨でした。変更し山崎の美術館へ行きましたが、場所がらNHKドラマに関連ある展示で、雨にも関わらず多くの方が来ていました。当然、サントリーも飛び込みでの見学は無理でした。で、今回も他の所でもと考えていましたが、何が何でも夙川で花見という意見で決行しました。夙川に着くと、えっと思うほどの雨。夙川は3年連続で、今年はバスに乗り、花見会場最上流から歩きました。ちょうど見ごろの満開で、足場は悪いものの静かで晴天とは違う美しさがありました。少数でしたがこんな雨でも楽しんでいる人がいて、自分達だけが変わり者でない事が分かりました。問題の宴会会場、運良く半分ですが雨がかかっていない小さな東屋があり、持ち寄った食べ物を出し、乾杯し、桜をながめ、語りぐさの花見を達成しました。これぞエイプリルフールの花見かも。

今年のサンドは牛乳パックの入れ物に小分けがしてあり、とりやすくしてありました。小分けのパックはクマもンのイラスト入りで可愛かったのに、食べる事で頭がいっぱいで撮影は忘れていました。
e0090670_131698.jpg

雨でもやって来たのは女ばかり。どこそこ産の食材とか、自分流料理のうんちくを語りあうのも楽しい一時。4人の女子会でした。
e0090670_135758.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-04-02 01:09 | みてあるき | Comments(0)

さちさんとワイルド菜御膳

21日に北河内自然愛好会例会で「究極の生き残り法・野草を摘んで食す」に参加しました。摘み菜は31種あり調理は35,6種ありました。最初に完売したのは予想通り、野外センターからもらったサツマイモあげでした(笑)。調理法は揚物とゆで物だけで、味付けはお好きな調味料で。ゆで物はいいのですが、揚物はほとんど同じ味で食材そのものの味は分かりにくかったので、沢山の余り物をいただき、翌朝しゃぶしゃぶで少しずつ食べてみました。それでどんな調理があうか考えて、会に参加できなかったさちさんの家でもう一度食す会をしました。さちこさんにも最初はしゃぶしゃぶで、本来の味を知ってもらいました。ノコンギクが一番美味しいと思いましたが、以外やさちさんはカキドオシを好みました。カキドオシはあの独特なニオイそのものの味で白あえなどにあいます。スイバやスミレは梅干しあえのつもりで使うといいです。苦そうなタンポポも花芽を取った若い所はほとんど苦くありませんし、蕾も同じです。カンサイタンポポしかない場所でしたのでこれも贅沢させてもらいました。今回の発見はウシハコベはミドリハコベやコハコベのようなホウレンソウ臭さは無く、全くの無味で誰でも食べれそうな食材でした。天ぷらの残り物は天かす以外に、野菜炒めに使うととてもおいしい。柔らかい先のだけの摘み菜はとても贅沢な食材で、二人でああやこうや言いながら時間も忘れて食べまくりました。
2コしかなかったシュンランの花芽を1ついただきました。しあわせ。
e0090670_223128.jpg

e0090670_225576.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-03-24 02:14 | みてあるき | Comments(0)

大阪市エコボランティア「城北淀川調査の拾いもの」

2015.3.15(日)晴れのち雨
淀川を調査していると地面に黒いキクラゲのような物体を見かけます。藍藻の仲間だそうです。今日歩いた所では道筋にずっと帯状に生えていました。かねてから美味しいと言ううわさを聞いていましたので、少しもって帰りました。つかむと紙くずを拾うかのようにすっと持ち上がり、やはりキノコではないのが分かりました。せっかく野草豊かなところにいたのですから夕食の食材にセイヨウカラシナやツクシも少し摘みました。家に帰り食材をさっそく料理してみました。イシクラゲは洗うとワカメのようでしたのでゆがくと緑色になったらええなあと期待しましたが少し茶色になりました。自家製ポン酢にユズの皮や大場をのせて食べましたが、歯ごたえはワカメのようでした。味は無く調味料の味でした。今の所元気で生きています。ツクシは豚といため甘味料と醤油で、セイヨウカラシナはゆがいて塩漬けのサンショウの実で味付けしました。久しく、楽しく作り美味しくいただきました。幸せです。
e0090670_1233065.jpg

堤防にはツクシがいっぱい。ワンドで、どのような事情か分かりませんがサクラ(サクランボかなあ?)が咲いていました。
e0090670_124926.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-03-16 01:31 | ごきらくボランティア | Comments(0)

みどりの会・平成浮世旅「竹中大工道具館」

2015.2.14(土)晴れ
竹中大工館は神戸の元町に有ったそうですが新神戸に移転しました。昨年のことで、まだ木のいい匂いがぷんぷんしていました。実は、過去に元町へは行ったことがあり、もっとこじんまりしていたと当時案内していただいた会の人が言われましたが、全く記憶に無く、何とありがたみの無い会員かと物忘れのひどさに申し訳ないと思いました。中はボランティアガイドさんがコーナーごとに丁寧に解説していただきとてもわかりやすく良かったです。どの道具を見てもため息が出、一つ一つ納得しました。道具を見るのは大好きですので、もう一度ゆっくり見てもいいなあと思いました。

どこかのお屋敷跡かと思いましたが、新築でした。そう、工務店だから当然ですね。
e0090670_1142669.jpg

戦前の大工道具一式。用途に応じて多くの種類や数があるのは大工だけではなく、他の物作りにも通じることで、見飽きることはありません。
e0090670_1153675.jpg

せっかく来たのだから、一つくらい賢くなろうと覚えたのが几帳面の語源となったけずり方とおが屑の語源のおが(糸ノコのような構造ののこぎり)です。いつまで覚えているかなあ…
e0090670_1161723.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-02-15 01:17 | みてあるき | Comments(0)

けもの道

2015.2.11 晴れ
鶴見緑地にある元生き生き地球館の隣にある有用植物園を歩いていて気がついたのですが、以前には無かった「けもの道」が出来ていました。ここの観察道は石造りですが誰しも土や草の上を歩きたいのでしょう。

e0090670_22443471.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-02-11 22:44 | みてあるき | Comments(0)

久しくです

2015.2.7(土)晴れ
もう、新年おめでとうも、寝ぼけすぎやし、6日無事誕生日をむかえ、今好きに生きていることに感謝しています。時間が無さすぎが悩みと言えば悩みで、とうとう昨年のノルマを持ち越しました。今年の干支のタペストリーが、今年最初の作品づくりですが、その前にめったに無いお仕事をしました。「弁慶」という京橋にある「うどん・そば処」ののれんのロゴを描きました。技術だけの仕事でも一般の方にはすごいことのようで店主さんは大変喜ばれ気に入っていただきました。自分では大したことをしているつもりはなかったのですが、こんな簡単な仕事にも作る喜びがあるのだと分かり、仕事としては悪くないなあと思いました。せっかくのご縁ですので、京橋(昔の片町駅辺り)へ行かれましたらお寄り下さい。で、タペストリーは下書きの段階で悪戦苦闘しています。

「手打ちうどんそば処・弁慶」06-6357-9690
布幅をそのまま利用し、端は縫わず自然に仕上げました。
e0090670_033508.jpg

e0090670_0471146.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-02-08 00:42 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ポケッと笑うねこカバン

2014.11.10(月)晴れ
以前に作ったカバンのバージョンアップです。当時カブロンと言う合成皮革に染めていましたが、この素材は対応年数が短く、苦労の割には使用できる期間が短いので、作るのやめました。しかし数少ない人気のカバンでもあり、自分も欲しいと言う欲望がありずっと布で作ることを考えていました。近年笑いなサイフと言う小銭入れを作り、この延長上で動物の顔をポケットにすることを思いつき、このカバンが生まれました。長年色んなものを作ってきましたが、やっとずっと作りたい作品に出会いました。カバン作りは素人ですので、何もかもが試行錯誤で、一つ仕上がるのに約1月半。この作品を染めたのが、昨年だったのか今年だったのかも忘れました。何時終るのかも分からず、時には泣き言まで言いましたが、決してイヤではなく、仕上がりを本当に楽しみに作っていました。さすが素人、思うようには縫えませんでしたが、下手がかえって自分らしく楽しいものになったような気がします。そう思うと長い時間がかかりましたが、うち流に確信が持てました。とにかく今年中に仕上がりホットです。

(minneハンドメイ大賞小物部門応募作品)
ブログ発表前にminneよりフェイスブックに紹介されましたが、制作中にこの公募展をみつけ、色んな方に見ていただきたいと言う思いもあり挑戦しました。公募展にはいつも自信たっぷりで、大賞もらったらどうしようとか発表まで夢いっぱいで、ひとときヒーローにひたっています。

kaban1662
素 材:表・綿 裏・豚裏革
サイズ:48cm(横幅)×37cm (高さ)  口・ファスナー両開き60cm 
    手さげひも45cm
e0090670_23535450.jpg

e0090670_23301369.png

これまでの作品はカバン全体を動物に見立てていましたが、このカバンでは、使う動物が限られますので、色んな動物で挑戦したく、染色ももっと深見のある染めにしたいと思い動物は1枚の布で染めると言う形にしました。今まで考えなくて良かった、まちや持ち手の布、つけ方、口はどんな形が良いのかなど迷いながら行ったり来たりでしたが、それがとても楽しかったのです。今回、本体以外はほとんどリサイクルの布やもらい物を利用し、経費を含め省エネで制作しています。

kaban1663
素 材:表・綿 裏・手染めウール まち・革 口・レース糸
サイズ:40cm(横幅)×26cm (高さ)×5cm(まち) 口13cm
    手さげひも45cm 
e0090670_23445188.jpg

e0090670_23325424.jpg

kaban1664
素 材:表・綿 裏・綿パッチワーク まち・ウール(男物着物端切れ) 
    口・シルク(シャー)
サイズ:40cm(横幅)×28cm (高さ)×4,5cm(まち) 口24cm 
    手さげひも45cm
e0090670_23454094.jpg

e0090670_23363526.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-11-11 00:12 | ぎゃらりー | Comments(0)