人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みどりの会 平成浮世旅

2011.2.12(土)晴れ 天王寺界隈を歩く
天王寺動物園は数知れず行きましたが、その先の通天閣あたりはほとんど行きません。地下鉄動物園前もほとんだ使わない駅です。今回集合場所となったのですが御堂筋線と堺筋線が交差をしていて出口が多く、とてもわかりにくいと思いました。現に遅れてきた人(うまく出会えましたが、ここがみどりの人の感)は探すのに時間がかかったそうです。→改札を上がるとそこはジャンジャン横丁。今日の目的地です。→信号を渡ると、そこは男衆が懐かしい色町です。会の人の多くは浪速の人達。そんな人もいました。以前上町台地を歩いたときに反対方向から見学したことがあります。普段とは違う雰囲気でちょっと怖い感じがしました。今回はここが目的ではありません。左に少し行ったところに以前芸人が住んでいた横丁跡「てんのじ村」です
みどりの会 平成浮世旅_e0090670_22594157.jpg

「てんのじ村」一昔前の芸人が肩を寄せ合って生きていた住居群(長屋?)につけられた名前です。高速道路建設で立ち退いたと聞きました。現在は秋田実さん題字の碑が残るだけです。向こうに見える質屋の看板がセットでよりこの碑の存在感を増幅させ面白い。意識的に残しているのでしょうか。当時の質屋は芸人の命綱。朝お釜を背負い質屋へ預け首尾よくお座敷にありつけると夜おろし晩飯にあるつけるという本当は悲しい話なのに笑ってしまう生活でした。それを質草として認める質屋さんの心根も見えます。経験のない今の芸人にはこの泣き笑いを表現することはできないでしょう→左隣の木賃宿も又当時を忍ばせまる雰囲気をかもちだしています。これもあえて残しているのでしょうか。玄関の文句も楽しい。当時としては真面目に語っている言葉でしょうが。どん底の生活の中で築きあげられた芸だからこそ客を笑わせたり感動させたりでき、その基本は決して変わることはないと思います。
みどりの会 平成浮世旅_e0090670_233053.jpg

ジャンジャン横丁は会社勤めをした年同僚に頼んで連れていってもらいました。当時若い女性が一人で歩けるよなところではありませんでした。もう興味津々。バナナや洋服のたたき売り、その名調子はイントネーションは違いますが映画寅さんと同じ。各店舗から聞こえてくる独特のセリフ。団子びっちゃんという聞いただけで笑ってしまう食材もここで知りました。あの独特の雰囲気は忘れることはできません。約40年ぶりに訪れましたが意外やその雰囲気はあまり変わっていませんでした。でも、心にのこるあの名調子は何処からも聞こえてきませんでした。
みどりの会 平成浮世旅_e0090670_2355659.jpg

動物園あたりに近づくと、もうそこに昔の雰囲気はありません。新しい店舗ができ、人も賑わいそれはそれで街にとっていいことでしょう→つうてんかくのまわりも。ごちゃごちゃしたところは大阪らしくて、若い人にはこれが通天閣界隈の思い出になるのでしょう→通天閣の下で建設前のよもやま話や、新聞広告などtakamaruさんの面白い解説を聞きました→観光の団体さんがいて入館するのに20分待ちです。通天閣には何回か来ていますが、まさか待つとは思っていませんでした。
みどりの会 平成浮世旅_e0090670_2381844.jpg

展望台の中も様変わり。最初は一番好きな動物園を見ていました。サギでしょうか白い鳥が集団で飛び回っていました。渡りのDNAが騒ぐのでしょうか?はたまた狭い檻でストレス解消?→大阪城が何処にあるのか気になり仲間と大阪城探しが始まりました。そこで谷町筋を北へ探すのですが、寺町の緑がそこへ導きました。ただ小さすぎて私には形がわかりませんでしたが仲間が確認してくれました。大きなビルの前に建っているのですが、かつては大阪城より高い建物は立ててはいけないルール時代の流れはなんのそのでした。このグリーンベルトを辿り、今度は南の住吉さん探し。辛うじて小さな森が見えました。その向こうに大和川を想像し、境の市役所はぽつんとのっぽでした。→かつて調査で行きました咲州の関電の煙突から煙がごうごうと登っているのが見えました。北へ九条のドームなどお手軽大阪一周でした
みどりの会 平成浮世旅_e0090670_2391750.jpg

この後はお昼をとり西へ大国町界隈の寺社を見て周り解散しました。
by somemonya | 2011-02-12 23:09 | みてあるき
<< パートナーシップクラブ 自然体... パートナーシップクラブ 藍染め... >>