ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


060105 晴れ

ソーピングがたまっているが前回の汚水の濾過が終っていない。洗剤との相性が悪いのか、昨年から染料分子が大きいかたまりにならない。本来なら2日もあればできるのに1週間以上かかる。焦るが仕方がないのでデータの仕事。休息時台所の瓶に気がつく。梅酒を入れ替える瓶だ。忘れていた。毎年漬けだした梅は蜂蜜に漬けそれをジャムにして甘党にあげている。夕方、たまたま甘党の一人に会うので一挙に片付けてしまおうと思う。酒蔵(机の下)から昨年つけた大瓶を取りだしたら2004年の梅がまだ残っていた。その梅酒を濾過しようと思ったらじょうごが行方不明。仕方がないのでコーヒーのドリッパーで代用する。梅ジャムもつくりながら。と言っても蜂蜜付けの梅とそこから出てきたエキスで煮るだけ。しょっ中しているわけではないのででき加減は硬かったり柔らかかったりまちまち。種の周りについたのも捨てがたく水で煮て、梅ジャムをとりだした鍋に入れ替え、寒天とシナモンを入れゼリーを作る。こんなことをしていたらあっという間に昼を過ぎてしまった。入れ替えた梅酒を今年飲む分と入れ替える。お酒はほとんど飲まないがこの砂糖抜きの梅酒だけは好きである。熟成するのに10年かけている虎の子である。今年は1995年もん。1升を1年で飲むめめっちい話であるが、たくさん作るだけの広い場所もお金もない。せっかくだからお湯割で初飲みをした。梅の甘い香りと酸味のきいたまろやかな味。たくさん飲めないのが残念だが、こんなことをできる時間があるのは幸せなんやろねえ。
e0090670_14101892.jpg

[PR]
by somemonya | 2006-01-05 14:11 | ちえこの奮闘記2 | Comments(2)
Commented by KOMUAKI at 2006-01-05 15:36 x
砂糖抜きの梅酒?焼酎は35度ですか、10年熟成させたら貴重品ですなぁ、私は?年もん、毎年出来た分を以前から残った大瓶にブレンドし琥珀色の普通の梅酒、夏の間だけ氷割でやってます。
Commented by somemonya at 2006-01-06 19:54
その辺で売っているホワイトリカーだからそのくらいだと思います。私も夏にソーダ割するのが好きです。10年たどり着くのに苦労しました。我慢できずに3年目くらいで飲んだことがありますがいがっぽくてとても飲めない。8年目でもまだ残る。やはり早くて10年でした。
<< 060106 晴れ 060103 晴れ >>