人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


パートナーシップクラブ:大阪市庁舎屋上庭園毎木調査

2006.2.15 雨
またもや天気予報が外れ昼過ぎから雨が降る。最悪のケースで今月は毎木調査。おまけに来たのはたったの4人。樹木を探す人、記録する人、樹高を測る人、樹周を測る人とぎりぎり。私は樹周を担当。樹木番号1(南園)から始めるが30くらいまで針葉樹でトゲのような葉が指に刺さり痛くてしかたがない。雨で見にくいし測りにくいし、そう言えば昨年もそうだったなあとオゾマシイ記憶がよみがえる。針葉樹以外は痛くはないが、植栽樹木の中や立ち枯れ草の薮をかき分け行くので測りにくいには変わりはない。雨具のおかげで服はぬれないが足元はじゅくじゅくで、ただただ早く終わって欲しいと苦難の測定(約120本)は約2時間強かかった。途中で昆虫博士も加わるが、彼が来るとやみかけた雨も又強くなるのはどういうわけか(すみませんと雨人間を自称)。測定結果はこれから整理されるが、測るのが精一杯で考える余裕は全くなかった。ただソヨゴに赤い実がついているのを見つけ、ちゃんと実を付けてくれたのだと唯一心がなごむ。終了後地下のお店でお茶をする。4月から新しい管理者の元でリセットされどうなるのかの話から、管理者がまともならいろんな事業も理想通り進み住みやすい社会になるのに…などなど不満や愚痴はつきないが、最後はこれまでの実績に自信を持ち冷静にタンタンと今までどおり行動するというところに話が落ち着く。

捕虫網の棒に印をつけて簡易の測定棒でサルスベリを測る事務局の方。会員とともに奮闘。管理者(事務局)も一緒に行動することにより活動の内容を把握理解してもらい、市民ボランティアとのパートナーシップを深めている。
パートナーシップクラブ:大阪市庁舎屋上庭園毎木調査_e0090670_13361014.jpg

雨にもかかわらず参加した人達
パートナーシップクラブ:大阪市庁舎屋上庭園毎木調査_e0090670_1338991.jpg

皆と別れたあと、同じクラブの農事関係で活動しているシノさんとジエイさんと3人で会う。話題はやはり4月からのことで、今までと同じように活動(特に古代米田んぼの観察、収穫を継続する)する為にはどのような行動が必要か洗い直した。又新しい規約に関して意見を出しあい見直すところや追加事項を提案した。パートナーシップクラブにおける農事:稲の成長記録や種もみの遷移を見続けるなどのデータ蓄積、収穫後の米(ぬかも含む)、わらの利用研究などあらゆる角度から米の食文化を見続けている(もちろん素人らしく楽しみながら)。米以外にも、農事関連で興味のあることには挑戦しているがこのような貴重な体験は意外と外部の人達には知られていない。
by somemonya | 2006-02-16 13:39 | ごきらくボランティア
<< 京都ビオトープ研究会:草刈りほか 060213 晴れ >>