人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


みどりの会 平成浮世旅

2006.6.1(木)晴れ 明石から岩屋の町へ
昨年明石周りの第2弾。私は残念ながら、行っていない。8:00集合。JR姫路行き快速で明石まで。そこからバスで大観橋へ。実は直行のバスがでた後で、次を待つのも、大回りの回遊バスも時間は同じということで、町見物がてら後者に乗る。資料についていた地図でどこを走っているのか捜すのも面白かった。途中ちょっとお喋りな娘さんが横に座り、何処から来たのかとお決まりの会話をする。神明町辺りだったか、海岸べりに女子トイレに水族館(水槽?)がある喫茶店があり、このような喫茶店は日本でここだけということでテレビや、雑誌に紹介されていると嬉しそうに話してくれた。今時このような人なつっこい娘さんに出くわすとは、旅の話題も一つ増える。

電車から見た明石城跡→遊覧気分でバスに乗る
e0090670_010348.jpg

大観橋を降りたところで、タコ最中という文字に引かれ和菓子屋に入り皆のおやつを買う。この大観橋というところから明石港まで歩いたあたりは、源氏物語明石の上の舞台になった地だそうだ。又寺社も多い。最初に行った円珠院の枯山水は宮本武蔵が設計したとか。すぐ隣の善楽寺は明石入道浜辺の館とされる跡や入道の碑(源氏物語)、平清盛を供養する五輪塔、「牧場の朝」を作曲した船橋英吉の碑など狭い庭に盛り沢山の史跡があった。又すぐそばの無量光寺は光源氏の月見寺であり、その前の細い道は恋通いした路(蔦の細道)といわれ源氏物語が漂う世界だった。

明石入道の碑→蔦(つた)の細道→民家で見かけた巨細なサボテン
e0090670_0112922.jpg

寺や神社は行く先々にあり全てを回ることはできない。ルビが無ければ読めない伊弉冉(イザナミ)神社、淡路島岩屋から迎えたとされる岩屋神社(おしゃたか舟神事がおこなわれる)、龍塔松があるという長林寺、1656年(江戸)に作られた灯台(当時は灯明台と呼ばれていた)を見てフェリー乗り場へ行く。

伊弉冉神社→岩屋神社 ※明石浦のおしゃたか舟:海難防止と豊魚を祈る夏の神事
→江戸の灯台(今あるのは昭和7年に灯台として改修されたもの)と向こうに現在の灯台が見える
e0090670_0122498.jpg

速くて高い高速フェリーに乗るか、安くて遅いたこフェリーに乗るかと聞かれればはやりのんびりの後者。たこフェリーに乗って岩屋へ。フェリーで簡単昼食をとるがすごい風で置いてある容器が吹き飛ばされる。時間が経つにつれ体が冷えてくるわで一緒に食べていたナミノリさんモトさんは食べ終わるとそくさくと船室へ行く。上島するとすぐ岩屋の商店街が見え、カビの生えたような雰囲気が観光スポットになっていた。入口辺りから半分くらいはそういう感じだったが残り半分は今風でやたら喫茶店が目に付いた。何よりも感激したのはツバメがたくさん飛び交い民家の軒下には巣とともに雛もたくさん見られた。アマツバメの巣を見たのも初めて。途中、路地を曲がり観音寺に寄る。皆のいやがる階段んを上りきると海が展望でき壮快だった。少し進んだ円徳寺の山門には、石屋寺子屋、役場、小学校発祥の寺の字が見えた。商店街終わり当たりの岩楠神社ではエビス様が生まれたという洞穴があった。同じような穴が2ツあり大昔にはこの当たりまで波が打ち寄せていたことを物語る。西宮のエビスさんの本家と言われる。

岩屋商店街入口→円徳寺→ツバメの巣:下のトマトの箱は糞受け→アマツバメの巣 → 岩楠神社
e0090670_014521.jpg

商店街を抜け絵島へ。古来より和歌を読む景勝地だそうだが、複雑な岩模様を見ていると長い年月をかけて作りだされた自然美に彷彿させられる。大和島にもダイナミックな岩の侵食に自分砂粒のように感じられた。コンパクトではあるが2島とも歌を詠みたくなるような魅力ある島だった。大和島ではハマダイコン、ハマヒルガオ、ハマボッス、ツルナが見られ、久々に海沿姓の植物に出会えた。期待していなかっただけに嬉しい。最後に本家本元の石屋神社へお参りする。こちらのイワは石と書く。拝殿よりも鳥居をくぐった入り口(何というか知らない)が立派なのい驚いた。帰りはバスで明石海峡大橋を渡り、恒例のお茶会。うまく、ファーストフード風の店が見つかり、後半期の予定も決定し終了。
絵島→大和島→ハマダイコン→ハマヒルガオ→石屋神社
e0090670_0144237.jpg

タコ三昧
たこフェリの前で記念撮影→たこ焼き→子持たこ最中(子持は中に団子が入っていた)→帰り路の舞子駅で買ったたこてんぶら
e0090670_0152939.jpg

by somemonya | 2006-06-09 00:18 | みてあるき | Comments(1)
Commented by KOMUAKI at 2006-06-09 13:01 x
待ってました、平成浮世旅の紀行文、思い出しながら一気に読み再度じっくり味わって読ませて貰いました、同じように歩き見しましたが私は暑かった事だけが思い出です。
<< みどりの会 平成浮世旅 060608 晴れ >>