ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さちさんとワイルド菜御膳

21日に北河内自然愛好会例会で「究極の生き残り法・野草を摘んで食す」に参加しました。摘み菜は31種あり調理は35,6種ありました。最初に完売したのは予想通り、野外センターからもらったサツマイモあげでした(笑)。調理法は揚物とゆで物だけで、味付けはお好きな調味料で。ゆで物はいいのですが、揚物はほとんど同じ味で食材そのものの味は分かりにくかったので、沢山の余り物をいただき、翌朝しゃぶしゃぶで少しずつ食べてみました。それでどんな調理があうか考えて、会に参加できなかったさちさんの家でもう一度食す会をしました。さちこさんにも最初はしゃぶしゃぶで、本来の味を知ってもらいました。ノコンギクが一番美味しいと思いましたが、以外やさちさんはカキドオシを好みました。カキドオシはあの独特なニオイそのものの味で白あえなどにあいます。スイバやスミレは梅干しあえのつもりで使うといいです。苦そうなタンポポも花芽を取った若い所はほとんど苦くありませんし、蕾も同じです。カンサイタンポポしかない場所でしたのでこれも贅沢させてもらいました。今回の発見はウシハコベはミドリハコベやコハコベのようなホウレンソウ臭さは無く、全くの無味で誰でも食べれそうな食材でした。天ぷらの残り物は天かす以外に、野菜炒めに使うととてもおいしい。柔らかい先のだけの摘み菜はとても贅沢な食材で、二人でああやこうや言いながら時間も忘れて食べまくりました。
2コしかなかったシュンランの花芽を1ついただきました。しあわせ。
e0090670_223128.jpg

e0090670_225576.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-03-24 02:14 | みてあるき | Comments(0)

大阪市エコボランティア「城北淀川調査の拾いもの」

2015.3.15(日)晴れのち雨
淀川を調査していると地面に黒いキクラゲのような物体を見かけます。藍藻の仲間だそうです。今日歩いた所では道筋にずっと帯状に生えていました。かねてから美味しいと言ううわさを聞いていましたので、少しもって帰りました。つかむと紙くずを拾うかのようにすっと持ち上がり、やはりキノコではないのが分かりました。せっかく野草豊かなところにいたのですから夕食の食材にセイヨウカラシナやツクシも少し摘みました。家に帰り食材をさっそく料理してみました。イシクラゲは洗うとワカメのようでしたのでゆがくと緑色になったらええなあと期待しましたが少し茶色になりました。自家製ポン酢にユズの皮や大場をのせて食べましたが、歯ごたえはワカメのようでした。味は無く調味料の味でした。今の所元気で生きています。ツクシは豚といため甘味料と醤油で、セイヨウカラシナはゆがいて塩漬けのサンショウの実で味付けしました。久しく、楽しく作り美味しくいただきました。幸せです。
e0090670_1233065.jpg

堤防にはツクシがいっぱい。ワンドで、どのような事情か分かりませんがサクラ(サクランボかなあ?)が咲いていました。
e0090670_124926.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-03-16 01:31 | ごきらくボランティア | Comments(0)

みどりの会・平成浮世旅「竹中大工道具館」

2015.2.14(土)晴れ
竹中大工館は神戸の元町に有ったそうですが新神戸に移転しました。昨年のことで、まだ木のいい匂いがぷんぷんしていました。実は、過去に元町へは行ったことがあり、もっとこじんまりしていたと当時案内していただいた会の人が言われましたが、全く記憶に無く、何とありがたみの無い会員かと物忘れのひどさに申し訳ないと思いました。中はボランティアガイドさんがコーナーごとに丁寧に解説していただきとてもわかりやすく良かったです。どの道具を見てもため息が出、一つ一つ納得しました。道具を見るのは大好きですので、もう一度ゆっくり見てもいいなあと思いました。

どこかのお屋敷跡かと思いましたが、新築でした。そう、工務店だから当然ですね。
e0090670_1142669.jpg

戦前の大工道具一式。用途に応じて多くの種類や数があるのは大工だけではなく、他の物作りにも通じることで、見飽きることはありません。
e0090670_1153675.jpg

せっかく来たのだから、一つくらい賢くなろうと覚えたのが几帳面の語源となったけずり方とおが屑の語源のおが(糸ノコのような構造ののこぎり)です。いつまで覚えているかなあ…
e0090670_1161723.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-02-15 01:17 | みてあるき | Comments(0)

けもの道

2015.2.11 晴れ
鶴見緑地にある元生き生き地球館の隣にある有用植物園を歩いていて気がついたのですが、以前には無かった「けもの道」が出来ていました。ここの観察道は石造りですが誰しも土や草の上を歩きたいのでしょう。

e0090670_22443471.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-02-11 22:44 | みてあるき | Comments(0)

久しくです

2015.2.7(土)晴れ
もう、新年おめでとうも、寝ぼけすぎやし、6日無事誕生日をむかえ、今好きに生きていることに感謝しています。時間が無さすぎが悩みと言えば悩みで、とうとう昨年のノルマを持ち越しました。今年の干支のタペストリーが、今年最初の作品づくりですが、その前にめったに無いお仕事をしました。「弁慶」という京橋にある「うどん・そば処」ののれんのロゴを描きました。技術だけの仕事でも一般の方にはすごいことのようで店主さんは大変喜ばれ気に入っていただきました。自分では大したことをしているつもりはなかったのですが、こんな簡単な仕事にも作る喜びがあるのだと分かり、仕事としては悪くないなあと思いました。せっかくのご縁ですので、京橋(昔の片町駅辺り)へ行かれましたらお寄り下さい。で、タペストリーは下書きの段階で悪戦苦闘しています。

「手打ちうどんそば処・弁慶」06-6357-9690
布幅をそのまま利用し、端は縫わず自然に仕上げました。
e0090670_033508.jpg

e0090670_0471146.jpg

[PR]
# by somemonya | 2015-02-08 00:42 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ポケッと笑うねこカバン

2014.11.10(月)晴れ
以前に作ったカバンのバージョンアップです。当時カブロンと言う合成皮革に染めていましたが、この素材は対応年数が短く、苦労の割には使用できる期間が短いので、作るのやめました。しかし数少ない人気のカバンでもあり、自分も欲しいと言う欲望がありずっと布で作ることを考えていました。近年笑いなサイフと言う小銭入れを作り、この延長上で動物の顔をポケットにすることを思いつき、このカバンが生まれました。長年色んなものを作ってきましたが、やっとずっと作りたい作品に出会いました。カバン作りは素人ですので、何もかもが試行錯誤で、一つ仕上がるのに約1月半。この作品を染めたのが、昨年だったのか今年だったのかも忘れました。何時終るのかも分からず、時には泣き言まで言いましたが、決してイヤではなく、仕上がりを本当に楽しみに作っていました。さすが素人、思うようには縫えませんでしたが、下手がかえって自分らしく楽しいものになったような気がします。そう思うと長い時間がかかりましたが、うち流に確信が持てました。とにかく今年中に仕上がりホットです。

(minneハンドメイ大賞小物部門応募作品)
ブログ発表前にminneよりフェイスブックに紹介されましたが、制作中にこの公募展をみつけ、色んな方に見ていただきたいと言う思いもあり挑戦しました。公募展にはいつも自信たっぷりで、大賞もらったらどうしようとか発表まで夢いっぱいで、ひとときヒーローにひたっています。

kaban1662
素 材:表・綿 裏・豚裏革
サイズ:48cm(横幅)×37cm (高さ)  口・ファスナー両開き60cm 
    手さげひも45cm
e0090670_23535450.jpg

e0090670_23301369.png

これまでの作品はカバン全体を動物に見立てていましたが、このカバンでは、使う動物が限られますので、色んな動物で挑戦したく、染色ももっと深見のある染めにしたいと思い動物は1枚の布で染めると言う形にしました。今まで考えなくて良かった、まちや持ち手の布、つけ方、口はどんな形が良いのかなど迷いながら行ったり来たりでしたが、それがとても楽しかったのです。今回、本体以外はほとんどリサイクルの布やもらい物を利用し、経費を含め省エネで制作しています。

kaban1663
素 材:表・綿 裏・手染めウール まち・革 口・レース糸
サイズ:40cm(横幅)×26cm (高さ)×5cm(まち) 口13cm
    手さげひも45cm 
e0090670_23445188.jpg

e0090670_23325424.jpg

kaban1664
素 材:表・綿 裏・綿パッチワーク まち・ウール(男物着物端切れ) 
    口・シルク(シャー)
サイズ:40cm(横幅)×28cm (高さ)×4,5cm(まち) 口24cm 
    手さげひも45cm
e0090670_23454094.jpg

e0090670_23363526.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-11-11 00:12 | ぎゃらりー | Comments(0)

久しくベラトープ

2014.11.5 (水)晴れ
枯れた葉を切りすっきりさせました。カボチャは枝分かれした茎が柵を出ていましたので中に引き入れました。茎や葉柄は剛毛で触るとちくちくして、サボテンのようです。この茎には雌花が多く着いていましたがみんな枯れていました。
e0090670_23591464.jpg

今年のバトルも終了。最後の勝者は、最後の最後まで上部の若葉を残していたようです(10月16日撮影)。ヨメナは一度葉が枯れましたが、又新葉が出て2度目の満開です。
e0090670_021473.jpg

栄養のない土で育ったトマトの実生はひょろひょろです。良く見ると、チョープチが何個かできていて、あのしっかり大きくなったトマトは花しか咲かなかったのに、トマトは見かけによらないです。鶴見の観察園でもらった、大きくならなかった根のようなイモを入れていましたら葉がでていました。
e0090670_023785.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-11-06 00:05 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

雅楽演奏回

2014.11.3 (日)晴れ
日付や曜日の意識が全くない日々で祝日であったことも気づかず友人に誘われ、奈良県文化会館へ雅楽を聞きに行きました。到着したところは先週みどりの会で訪れた大古事記展が開催されている美術館の隣でした。というか、この会館の前を通ったのを到着して思い出しました。雅楽はもう10年以上も前に四天王寺の中にあるお寺の本堂で聞いたことがり、それ以来でした。当時のことは、雰囲気が良かった意外あまり覚えていません。雅楽と言えば、あの笙や篳篥のぴゅーぴゅーという旋律が皆同じように聞こえると言う低レベルの耳しかありませんが、演奏者や舞人の高レベルの芸術性は分かります。今回最後の演目は主人公がアドリブでこっけいなしぐさをするという狂言のような舞とは思えない舞でした。雅楽も幅が広いのだと初めて知りました。内容を良くご存知の周りの方々から笑いが聞こえてきましたが、そこは雅楽、同じ事の繰り返しが多く、初心者には笑うほどの面白さは無かったのですが、舞人の卓越した技術には見るものがあり一瞬笑う場面が一ヶ所ありました。帰りは奈良女やお寺に寄り道しながら歩きましが町家も残りなかなか良いコースでした。

行きしなに、友人が大きなあんパン売っている店があるというので見学に寄りましたが、持った瞬間ものすごい重かったので、思わす買ってしまいました。
e0090670_0224166.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-11-05 00:25 | みてあるき | Comments(0)

黄色の花

2014.10.14(火)曇り
花は咲くけれど実にはならないとトマトです。花粉がでていません。ひときわ大きく八重が咲いたと思えば、良く見ると二つの花が1つになったように見えます。奇形でしょうか。もう1点。今度こそカボチャの種だと思っていましたが、キュウリのような小さな花が、しかもまだ10センチにもなっていない茎にこれでもかというほどに咲きます。前のウリと思っていたカボチャは花が咲くまで2.3ヶ月かかったと思いますが、この差はなんでしょう。廃物利用の野菜、ベラトープを楽しませてくれます。

e0090670_23342495.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-10-14 23:35 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

大阪市エコボランティア「住吉大社周辺生き物調査」

2014.10.12(日)晴れ
住吉公園の樹林は過去の社寺林の延長上にあるような空気があり、センダンやアキニレが多く、樹形ものびのびしています。ここでは希少なイヌノフグリを見つけるのが大きな目的でしたが、3年前見つけた辺りを丹念に探しましたが見つかりませんでした。季節的にも期待はしていませんでしたが、地肌ばかりで下草がほとんどなかったのが少し不安でした。細江川のそばに観察園雑木林の参考になりそうな、落ち葉を残し、ほかほかの地面になっている場所がありました。住吉大社では、いつも調査する場所が、新しい門や塀ができていて入れなくなっていました。草地が他になく、従来からの在来種も残るこの場所が調査できなくなり残念でした。初辰さんの前のご神木の保存樹にも落ち葉がかぶせてあり、ずり落ちないように周りを瓦で囲み樹木へのいたわりを感じました。

植栽ではなさそうな大きな樹木がいっぱいの住吉公園と住吉神社の保存樹
e0090670_1235122.jpg

お日柄もよかったのか、何組かの花嫁さんを見ました。目を引いたのはどちらかというと和服姿の参列者の足元でした。
e0090670_1242933.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-10-13 01:32 | ごきらくボランティア | Comments(0)