ちえこさんの奮闘記
by somemonya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ちえこの奮闘記2
ちえこの一写
みてあるき
ごきらくボランティア
ぎゃらりー
染めもん屋のこぼれ話
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のコメント
コムさんお久しぶりです。..
by somemonya at 01:22
ちえこさん、一水会へ行か..
by komuaki at 16:48
温泉がてら行きたいわーー..
by ふくみ at 00:33
とても魅力的な記事でした..
by 職歴書 at 15:03
今日(5日)老大出席して..
by KOMUAKI at 17:41
はなままさん、こちらこそ..
by somemonya at 01:02
 昨日はありがとうござい..
by はなまま at 14:23
コムさん、お久しぶりです..
by somemonya at 00:58
寺本さんからもお誘いTE..
by KOMUAKI at 11:33
パロマ、声を大にしていい..
by ふく縫いたい. at 12:02
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


物ぐさ朝食

2014.9.10.11(土)曇り
年に一度食べるリンゴ、紅玉がやっと出ました。紅玉は不作なのか、需要が無いのか、生協さんでも隔週しかでなくなりました。今日は、切るとごりごり音が出るほど硬くなったパンと一緒に焼きリンゴにしました。リンゴの水分で柔らかくなったパンに、抹茶とスキムミルク入りきな粉ジャムを塗って、その上にリンゴをのせて食べました。最近、1回で簡単に多くの栄養を取れないかと考えたのがきな粉ジャムです。ちょっと気持ち悪そうですが、それぞれの味がしっかりわかり気に入ってます。リンゴやパンが温まると取り出してすぐに水を入れると沸騰しインスタントコーヒーに使います。その後又すぐに水を入れて洗うと、水がお湯になっていてきれいに洗えます。その間パンやコーヒーを食べますが、出来たてを立って食べるのもなかなか美味しいものです。

パンには拾ってきたシイの実が入っています。ほんのり甘いです。きな粉ジャムはプレーンヨーグルトで練っています。
e0090670_123027.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-10-12 01:04 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

そめもん屋の泣き言

2014.9.1024(水)曇り
カバンに押さえミシンを縫っていますが、4日かかってやっと半分です。ミシンの技術が無いので手縫いでミシンがけとチョースローなことをやっております。指先が痛くて1日3時間までで10センチ。ミシン針も3本折りました。山ほどあったミシン針を欲しい人にあげていたので、残りの針も心細く、縫う疲労もあって気前よくしたことをここに来て後悔しています。まちに皮を使ったのがいけなかったのですが、かっこええものを作るのに部屋の中にあるものを見てこれしか思いつきませんでした。いつ終るのか、ただひたすら出来上がった時の喜びを想像して、痛い手を動かしています。

ミシン針を裏へ通すのに、まずは細い針で穴を開けその穴と同じところを通せばそんなに苦しくないのですが、それがうまくできないので、左右ネジながらおし進めます。二度手間のようですが、ミシン針だけですと前に進まずそれ以上に時間がかかります→やっと通った糸に下糸を通しますが、下糸を通す時に上糸をよけながら通すのにまた時間がかかります。
e0090670_0471052.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-09-25 00:49 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

瓜坊とちゃうかった

2014.9.10(水)晴れ
殆どの葉にうどん粉病のような斑点が広がり、皮の色がオレンジづいてきたので、もうそろそろなのかと思い収穫しました。割ってビックリ、カボチャでした。まだ若いのか実の色は緑がかり日本の黒いカボチャみたいでした。切ってしまったので、半分薄味のだし汁で 炊きました。確かに若い味でしたが、元々栄養のない土ですので味がないのは想定済みで、種が甘く、皮も柔らかく、まずいとは思いませんでした。素麺ウリとばかり思っていたのが、とんだウリからカボチャで、それならもう少し待てば良かった。

8月23日雌花が咲き、9月5日にはもう現在の大きさになりました。雄花は毎日咲いていますが、雌花は4つしかできず、一つだけ結実し、後は花芽で枯れてしまいました。現実は厳しい。
e0090670_23383232.jpg

狭苦しい所で育ったのが原因なのか、枝分かれの枝が実と合体していました。
e0090670_23391023.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-09-10 23:41 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

ミズアオイ

2014.9.7(日)晴れ
大阪市エコボランティアのネイチャートレイルで鶴見緑地のそばの水路でにミズアオイを見ました。15年前にパートナーシップクラブの会員が見つけ採集をし観察園に移植しましたが種ができずに枯れてしまいました。(忘れていたことを思い出します)一年後に大群生していましたが、それ以後は細々と点在するのみで水路掃除でなくなってしまわないか心配していました。もうこの10年は行く余裕がなく、この日鶴見区民祭があったおかげで急きょコースを水路に変更したのが良かったです。当時なかったサジオモダカが沢山見られ、ホテイアオイやセリ?(遠くで見えにくかった)が群生しちょっと雰囲気が変わったようにも思いました。油の浮くきれいとは言えない水なのに、カルガモもきていてなかなか楽しいトレイルでした。

e0090670_094023.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-09-09 00:12 | ごきらくボランティア | Comments(0)

悪いことはしてないけど

2014.8.20
みどりの会の友人が、とある小さな新聞社の依頼でコラムを書かれ、その記事を読ませていただきました。1回目はご本人の学生の頃の時代背景と世相を、2回目は町歩きの発端とみどりの会の出会いなどが書かれていました。後2,3回るあるようです。今日、ご本人がみどりの会の人に公開され、過去の身分や、はげ頭もばれてしもたと照れ臭そうにおっしゃっていました。その身分、肩書きがちえこさんが卒業した高校の校長でした。実は内容よりこの肩書きに釘付けになりましたが、その場では言いませんでした。そのドラマティックな経緯が面白く、無欲の人柄が校長という地位にたどりついたのが不思議でしたが、昭和という大らかな時代の産物だったのかもしれません。とにかく、縁の糸はどこでつながるか分かりません。

8月16日:びしょぬれになったいのちの森調査の帰り、服を少しでも乾かそうと七条まで歩きました。そこで見た賀茂川は濁流でした。
e0090670_1153414.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-08-21 01:20 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

目も老化

2014.8.24(木)晴れ
今年に入り急速に視力が低下し、長く見つめるとぼやけてきたり、涙が出やすくなったり、ショックでした。明らかにパソコンの使いすぎと分かっていましたので、5月辺りから使用時間を昼間の2時間程度に変えました。そして寝る前に蒸しタオルを目に当てて寝ました。今週月曜は年一度の眼科検診の日で、何を言われるのか覚悟して行きましたら軽いドライアイだと診断されました。以外や、視力が戻り、深刻な問題は無くホッとしました。早く対策をとったのが良かったのでしょうが、もう無理はできないと言うことです。新組織エコボランティアに振り回されていましたが一段落しマイペースに戻ってきました。この間、アゲハ君と第2バトルが始まり(幼虫と間違えた枯れ葉が出現)、福の花が咲き、あのシロウリはジャックンと豆の木のように毎日グングン伸びています。そして、とうとう雌花の花芽を見つけました。ところで、このシロウリ、紙ひもや高温になる鉄柵には巻き付きますがビニールひもには巻き付きません。ウリ科ってそうだった?

e0090670_0533346.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-08-15 01:02 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

花が咲いた

2014.7.21(日)晴れ
一日あっと言うまに終る毎日が続き、ベラトープのプランターも水やりで精いっぱいでした。気がつけば、あの名無しの瓜坊が花を咲かせていました。鶴見の観察園で咲いていたシロウリに似ています。葉も見る見る増えていて、暑い夏を待っていたのでしょうか。葉柄の根元には全て花芽が付いています。どう見ても雄花ですが、雌花も期待しています。どんなウリが実るのか何としても見たいものです。

e0090670_03617.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-07-22 00:36 | 染めもん屋のこぼれ話 | Comments(0)

手拭い

2014.6.29(日)晴れ
この1月間没頭していた作品です。ユキさんがノルウェーで手芸を講習したり、カーリー先生にローズマリングを教えてもらった時に通訳をしてもらっていた友人が、近日里帰りに来日します。その友人の為にローズマリングで手拭いを染めて欲しいと依頼されていたのです。その友人はノルウェーの人と結婚し帰化し、高齢でこれが最後の来日になるだろうと言うことでした。

junkoさんへ
ユキさんの図案を基本に使い、ネームのところにユキさんの似顔絵を入れました。バックはノルウェーの森林とオーロラをイメージしました。
e0090670_123985.jpg


さくらと大阪
1枚、ちえこさんからのプレゼントです。いつも2枚作るのが常でバージョンを変えています。
日本人の誰もが好きで晴れやかな桜、生まれ育った長居、大阪のシンボル通天閣と大坂城を入れ、故郷を思い出して欲しいと思いました。
e0090670_143463.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-06-30 01:06 | ぎゃらりー | Comments(0)

知らぬが仏でした

2014.6.22(火)晴れ
ホウレンソウのスプラウトと思いせっせと食べていました。残して大きくなった葉っぱがようやく姿を現しキク科のアメリカタカサブロウと判明しました。この類どれも同じ味で、種を播いた訳でも無いのに(昨年のもので自然に種が落ちたのでしょう)アメリカタカサブロウがこんな出方をするとは思っていませんでした。

6月3日撮影
e0090670_23131243.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-06-24 23:14 | Comments(0)

初体験

2014.6.17(火)晴れ
15日に北河内自然愛好会の例会で新三田にある富士山に登ってきました。400メートルもない老人向けの軽いコースですが、山頂手前唯一岩場の15分くらいの道のりで足がガクガクになりました。生き物見たさで参加したんですから、あえて頂上を目指さなくてもよかったなあと思っても後の祭りでした。それはそれとして、東西線に乗って初めて気がついたのですが、東西線で京橋から西ヘ行ったのは初めてでした。西天満や、北新地駅などよく知っている名前を聞くと不思議な気持ちになりました。地下から地上、都会から山間、トンネルを抜ける町の風景、そして田園と50分間の車中は全く飽きませんでした。東西線が開通してもうかなりの年月が経っていると思いますが、いまさらでした。たまに、路線を変えるのも気分が変わっていいのかもしれません。

有馬富士の一帯は大きな自然公園で近場で山歩きには手頃かなあと思いましたが、明らかに在来種でない白っぽい花のネムノキの植栽には驚きました。山道にサルスベリも。
e0090670_23594456.jpg

[PR]
# by somemonya | 2014-06-18 00:01 | みてあるき | Comments(0)